ブログ

施工事例

お客様の声

動画で確認!屋根工事

街の屋根やさんおすすめ屋根材

ご連絡先はこちら

街の屋根やさん横浜

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F

会社概要はこちら

ボタン

川崎市宮前区|火災保険の利用方法を知り雨樋交換工事を決意!

2018年6月18日、大阪北部の地震で被害を受けた方、受けたかもしれない方、無料で点検いたします

2018年6月18日、大阪北部の地震で被害を受けた方、受けたかもしれない方、無料で点検いたします

2018年6月18日朝、大阪府北部を震源とした震度6弱の地震が発生しました。気象庁は引き続き大規模な地震が起きる恐れがあるとも注意しております。また梅雨時ということもあり天候も安定しない中、不安なお気持ちでお過ごしの方も多いことと思います。屋根、外壁などの被害について応急処置・補修・点検と懸命にできる限り、対応致しますので被害に遭われた方、「もしかして」と不安な方はご連絡ください。

川崎市宮前区 雨樋交換

【工事のきっかけ】
川崎市宮前区のお客様より、雨樋の補修依頼を承りました。 1.2年ほど前に雪害で雨樋が歪み、最近の台風で集水器がずれてしまい遂に補修工事を行わなければならない状態にまで悪化してしまいました。 火災保険に加入されておりましたが、利用方法を知ら無かった為自己負担での補修を検討されていたようです。 今回は自然災害による破損ですので、もちろん火災保険を利用できる旨を伝え、申請等にもご協力させて頂きました。

ビフォーアフター

施工前

軒樋,雪害

施工後

軒樋,火災保険,交換

基本情報

 

【雨樋交換工事】

雨樋点検 軒樋の外れ

川崎市宮前区の2階建て住宅です。雨樋が正常に働いていないのは2階部分の為、足場の仮設が必須となります。

雨樋交換工事では足場の費用が最も高くなる恐れがあり、自己負担で補修をされるにはあまりに大きな負担となります。

その為、火災保険や共済にご加入されている方は是非ご利用方法、条件等を理解し、補修に活用して頂ければと思います。

今回は、1.2年前の雪害による歪みと集水器の外れに関してのご相談です。

歪みは1ヶ所1~2m程の為、このまま使用するにも今現在は至急補修が必要となるような状態ではなかったようです。

集水器の外れ 雨樋撤去

しかし、最近の台風通過後に軒樋が横にスライドし、軒樋の集水器と竪樋が外れてしまったようです。今までかろうじて使用できていたのですが集水器から地上に落水することで、水たまりができ、ご近所様からも雨音がうるさいと指摘を受け補修セザイルを得ない状況となってしまいました。

自己負担だが仕方がない!とお問い合わせを頂きましたが、実際にお客様がこちらの住宅で火災保険にご加入されていらっしゃったので、補償を申請することが可能でした。

火災保険はご加入されていますか?

現在住宅ローンのお申し込みの際には大半のケースで火災保険の加入が義務付けられています。また地震保険には入っているという方、地震保険は単独加入が出来ませんので自動的に火災保険に加入されています。

問題は築何十年も過ぎローンの返済が終わり、保険の変更等を行った方に限り、加入のご確認をお願い致します。

火災保険の利用に勘違いをされている方も多いのですが、火災の被害に限ったものではなく台風や雪災等の自然災害により住宅に破損が起きた際に利用することが出来ます。

申請期間は実際に被害に遭われた日時より3年間です。3年前に遡って申請することも可能ですが、経年劣化によるものと判断をされたり、被害自体を忘れてしまうケースが多い為、被害の申請は気づいた時にしておくことが非常に重要です。

必要書類は保険会社様から送られる申請書類一式と、見積書・現況写真、また保険者番号等お客様自身で管理されている書類です。

全ての書類が揃い返送が届き次第、確認をして頂けますので、早めの点検依頼が保険の結果にも繋がります。

火災保険は風災による被害に遭った部分の補修のみに適用となります。古いから、綺麗にしたいからという理由ではもちろん補修の対象になりませんが、「補修をするために必要な工事、工事箇所の拡大」は状況に応じて適用となります。

例えば今回の様に、雨樋の補修の為に足場仮設は必要不可欠ですので保険の適用範囲内です。また、雨樋を交換したいが既に廃盤になっていて接続が不可能な場合は接続が可能な製品による全交換が考えられます。

このように保険は状況に応じての柔軟な対応をしますので、これはどうなんだろう?と疑問に思う事がある場合はお気軽にお問い合わせをしてみましょう。

既存吊り金具 吊金具新規取付

今回は歪みがある部分から力の分散により広範囲に渡って傾きが見られましたので、1面交換になります。足場仮設を行い、既存の雨樋を撤去します。撤去処分費等も全て保険の対象です。

続いては新規の吊金具を取りつけ、軒樋の設置を行います。

火災保険のルールは原則「原状回復」です。もともとあったものと同等品での交換になりますので、機能の高い製品への変更等は保険内では申請できません。

半丸から角樋への変更、塩ビ製からGL鋼板製の素材変更等は、全て自己負担となりますので、予めご了承くださいませ。但し交換費用の差額のみの負担ですので、この工事を機会に破損しにくい物への変更をご検討されてみても良いかもしれません。

今回はステンレス製の吊金具から高強度・高耐久の錆びないポリカーボネート製の吊金具への変更を行いました。

軒樋取りつけ 通水検査

支持金具に新規の雨樋を取付、他面との勾配、接続、水の流れに異常がないかの確認を行い工事は完了となります。

施工前に自己負担を覚悟していたために、保険の利用を知り大変安心されていました。保険によって仮設した足場等の使用は自由ですので、この際に屋根や外壁のメンテナンスをされる方もいらっしゃいます。

お客様自身のご負担を減らせるように、無駄な工事を行わないように街の屋根やさんでは精一杯サポートさせて頂きます。

また保険に関してのご質問・ご相談も承っておりますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

街の屋根やさん横浜

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

      街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

      お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

      瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

      街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      信頼の施工実績一覧

      弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

      街の屋根やさんへようこそ!会社概要

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742

      地域から選ぶ

      街の屋根やさん
      おすすめ屋根塗料