街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

ご満足いただける
屋根リフォームのために

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

葛飾区|雨樋の雨水流量を検討し角樋・半丸での交換工事

台風後の点検忘れずに!

台風後の点検忘れずに!

葛飾区 雨樋交換

【工事のきっかけ】
東京都葛飾区の2階建て住宅です。2箇所の雨樋が歪み、各々から雨水が漏れてしまうといった状態です。 破損した原因は雨樋の経年劣化と考えられますが、壊れないようにどのような補修が必要かという事が補修には一番大事な所です。 今回は1階と2階、それぞれどのような特徴を持っているのかを確認し、適切に補修していきましょう。

ビフォーアフター

施工前

雨樋交換,点検

施工後

雨樋交換,完了

基本情報

 

東京都葛飾区の雨樋補修依頼です。別の箇所の雨樋が歪み、それぞれで漏水を起こしてしまっているようです。随分前にも雨樋が破損し、その際には近所の施工業者様に簡易補修という形で補修して頂いた様ですが、雨樋の歪みは簡易補修ではなく交換が必要です。

雨樋歪み 雨樋歪み

受金具は狭い間隔で取り付けられているようにも見えますが、樋自体が外側に歪んでしまっています。受金具は破損しなかったものの、強風で大きな力が加わってしまったのでしょう。

1階の破損の場合、脚立足場を用いることで作業が可能にはなりますが、今回は2階です。雨樋の補修工事には必ずと言っていいほど、足場の仮設が必要です。

風災による破損には火災保険や共済の補償を利用することも可能ですが、A様は既に火災保険を解約済みという事ですので、全てが自己負担となります。

足場は通常1軒ぐるりと組むだけでおよそ15~20万円程は掛かってしまいます。工事後に残るものではなく、工事に必要な材料としての費用と考えると決して安い価格ではありません。

可能な限り費用を抑えるためにも、今回は破損個所のみに組んでいきます。それでも足場の安定性や作業場の問題から、1面だけでなく最低2面、3面組みまで必要になる可能性もありますのでご了承くださいませ。

【雨樋交換工事】

軒樋歪み 軒樋

2箇所の破損ですのでそれぞれ分けて交換工事を紹介していきたいと思います。まず、1箇所目は雨樋の歪みによる破損ですので、新たなものへの交換工事を行っていきます。

雨樋が歪む原因は、風災・経年劣化が最も多く、最も影響を受けやすいのは塩ビ製雨樋です。

塩化ビニル製は紫外線に当たり変色だけでなく、割れやすくなるといった耐久性の問題を抱えています。安価な為、使用されている住宅は多いのですが、定期的な交換は必要となってしまいます。

もっと耐久性の高い素材ももちろんあります。合成樹脂やガルバリウム鋼板・銅・アルミ・ステンレス等です。

アルミ・ステンレスはほとんど見かけませんが、銅は和風住宅で今でも愛用されている事があり、近年では屋根材と同じ高耐久のガルバリウム鋼板は注目されています。

壊れにくいというメリットと、錆びたり穴あきを起こす・コストが高いというデメリットを比較しお選びいただけますと良いかもしれません。

雨樋受金具 受金具

今回はまず元通りに直したい!というご希望が第一優先になりますので、受金具の取替と塩化ビニル製の雨樋を使用していきます。

受金具は下地の耐久力を考え、前回とは違う場所に位置をずらし取り付けます。特に鼻隠しが木材の場合は、腐食により受金具が固定しきれないというケースがあります。その際にはまず、鼻隠しの補修(取替や金属カバー)も必要となりますので、事前の確認が重要です。

今回は塗膜の剥がれもなく綺麗に維持出来ていたため、補修は必要ないでしょう。

ステンレス製の受金具を集水器側に向かって水勾配を付けながら固定していきます。

受金具,爪

受金具での固定方法は内外にツメがありますので、雨樋を取付ながらしっかりと挟み固定していきます。屋根の軒の出の長さと屋根材を確認し、雨樋が正常に機能することを確認し工事は完了です。

勾配不良 集水器,継ぎ手,破損

続いて2箇所目の交換です。こちらは施工業者による簡易補修の様で、針金で軒樋を留めているだけの様です。これでは傾くのも歪むのも仕方がありません。更に集水器近くの軒樋で段差が出来てしまっていますので、集水器に流れるはずの雨水が途中で落水してしまいます。

こちらの雨樋は「特に壊れやすい」ポイントの様です。風当たりが強いのか、若しくは流れる雨水の量が多いのか、そのような状態に対して必要な耐久性が無いのではないかとも考えられます。

そこで今回は使用する材料を変更しましょう。

吊金具 軒樋

雨水が多いのであれば半丸ではなく、流水量を多く確保できる角樋への変更をしていきましょう。支持金具は吊り金具に変更、上から引っ掛けるように固定することで、スタイリッシュでデザイン性も高い雨樋です。

このように設置箇所の特徴を理解し雨樋を仕上げることで、長期的に使用することが出来ます。

樋が壊れた原因を突き止めて、次回同じような事が起きないように対策を考えていきましょう。

街の屋根やさん東東京

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      屋根工事メニュー

      屋根の雨漏り対策

       街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      詳しくはこちら

       
       

      お客様からのQA一覧

      屋根の雨漏り対策

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      詳しくはこちら

       

      会社概要

      屋根の雨漏り対策

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      詳しくはこちら

      無料相談受付中

        「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
        点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
        些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742
      ページのトップへ