街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

ご満足いただける
屋根リフォームのために

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

葛飾区|雨樋の継ぎ目に隙間ができ雨水が漏れる…交換工事で改善!

台風後の点検忘れずに!

台風後の点検忘れずに!

 雨樋交換

【工事のきっかけ】
2階雨樋に隙間が出来てその部分からの漏水が見られると葛飾区のお客様よりご相談を頂きました。 2階の為、足場の仮設が必要か?費用はいくらぐらいかかるのか?など分からない事が多い為、工期や価格についてご不安を感じておられました。 弊社ではまず無料点検後、お見積りを作成させて頂きます。その際に自然災害が影響している場合は火災保険・共済利用のご提案もさせて頂きますのでご安心くださいませ。

ビフォーアフター

施工前

雨樋継ぎ目

施工後

雨樋交換工事

基本情報

 

【点検の様子】

雨樋塗装後 塗装後

葛飾区の2階建て住宅です。つい最近塗装工事をされたのでしょうか?外壁や雨樋が塗装で綺麗な状態に仕上がっています。

塗装をされてからまだ1年も経過していないようにも感じますが、雨樋等は風災や雪災でも不具合を起こしますので、時期を選ばず困ったものです。

雨樋曲がり 補修跡

塗装の際に足場を仮設したはずですので、この段階で雨樋の不具合が起こっていれば補修を進められたことでしょう。

早速雨樋の状態を確認してみますが、コーキングよりも硬いパテのようなもので補修をされたような跡がありました。

雨樋で少しのひび割れや、継ぎ目の補修等でシーリングを使用することがあります。しかし当然ながら応急措置に過ぎません。

どのような素材でも熱によって多少なりとも伸び縮みを起こしますので、強固に固めて隙間を塞ぐというのは好ましくありません。

雨樋用のボンドはありますが、中粘土の塩ビ用というようにしっかりと役割があり施工場所も適切な施工位置というのもあります。更に透明なボンドの為このように目立つことはまずありません。

この継ぎ手に隙間が出来たため、雨樋の途中から雨水が溢れてしまうようになってしまいました。

コーナー 支持金具確認

他の部分ではコーナー(曲がり)とうにも破損は見当たりませんが、1面のみ軒樋自体に歪みがありました。風災なのかいつかの雪災なのかはわかりませんが、自然災害により変形してしまったようです。

補修で交換をする際には固定の金具も交換し、同じように変形や歪みを起こさないように補修していきましょう。

ちなみに

2階の雨樋補修の際には必然的に足場の仮設が必要です。「足場がなくても補修出来ますが?」といったご質問は多くいただきますが、左右の移動が必要ないほどの部分補修に限って、梯子の作業が可能かと思います。

1~2m程の交換と言いましても、継ぎ手との接続、金具の勾配を配慮しての取りつけは梯子ではほぼ不可能です。

1階の雨樋に関しては脚立足場の方法も取れますが、2階の場合は足場仮設が付き物だという事はご了承ください。

足場も1軒あたり15~20万円程は掛かってしまいますので、この際に補修できる箇所は補修できるように工事のご提案をさせて頂きます。屋根や外壁の塗装工事を同時に施工されるのもその為です。

風災での破損がきっかけで火災保険や共済にご加入されている方は、保険を適用し補修することも可能です。この際には「いつ」「何(自然災害)が原因で」「どこが破損したのか」を把握しておくことも必要です。

保険の申請は過去に遡り3年以内の破損が適用になりますので、心当たりのある方は一度保険会社様へ申請のご連絡をお願い致します。

【雨樋交換工事】

雨樋撤去 支持金具撤去

雨樋交換工事を行っていきます。足場を仮設し既存の雨樋を撤去していきます。金具も交換する為撤去していきますが、荒井谷取り付ける支持金具は場所をずらし新たな穴を開けさせていただきます。

固定穴の拡大で金具の固定が甘くならないようにしていきます。取り外した部分は見える場所ではありませんが雨水が入り腐食したりしないようにパテで埋めていきます。

水糸,金具取付 金具取付

新たに支持金具を取り付けていきます。前回はステンレス製でしたが今回は更に錆びずに耐久性に優れたポリカ製の金具を使用します。

新築時や全交換の際には勾配を決め取り付けていきますが、今回は他の2面に合わせ接続を行うため、勾配を変えずに取り付けていきます。

それでも取付場所が分かるように、水糸や墨出しを行い、その場所にあわせてビス留めをしていきます。

金具,水勾配 軒樋取りつけ

金具は屋根の軒の出に合わせ調整を行い、軒樋をひっかけるようにはめていきます。塗装後の雨樋と色違いにならないように新茶を取りつけていきます。

既存と同じく塩ビ製の雨樋を使用しておりますが、雨樋の素材は合成樹脂・銅・ガルバリウム鋼板(GL)・ステンレス・アルミと様々です。

全交換の際にはどのような素材が良いのか、耐久性や価格で検討し素材の選定を行っていきましょう。

形状は半丸と角樋、稀に特殊型がございます。雨水の排水量が多い場合は半丸よりも角樋の方が適していますので、住宅の状態・特徴を見極める必要もあります。

竪樋接続 竪樋接続

竪樋との接続は集水器を含め交換をしますので、呼び樋までの交換が比較的多いです。交換した部分で不具合を起こさないように、しっかりと接続後に隙間が無いか等の確認をする必要があります。

竪樋は経年の重力によって下方に落ち隙間を作る可能性がある為、ボンドを使用しながら接続を行っていきます。

軒樋取りつけ 軒樋交換完了

雨樋取付完了です。軒樋はコーナー部分で、竪樋はエルボ部分で接続後、雨水の漏れがないか確認を行ってから足場を解体し工事完了です。

同系色を使用している為、接続部の色違いも目立たず綺麗に仕上がりました。

雨樋は決して頑丈なものではありません。太陽光によっても自然災害によっても風化・劣化し、衝撃が加われば変形・破損も考えられます。

次回風災で破損した場合も火災保険や共済を使用し補修することも出来ますし、保険料が上がるという事もございませんのでご安心くださいませ。

お問い合わせはこちらから

と近隣地区の施工事例はこちら

各種屋根工事メニュー

 私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

屋根工事メニュー

屋根の雨漏り対策

 街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

詳しくはこちら

 
 

お客様からのQA一覧

屋根の雨漏り対策

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

詳しくはこちら

 

会社概要

屋根の雨漏り対策

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

詳しくはこちら

無料相談受付中

  「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
  点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
  些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742
ページのトップへ