街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

江東区|瓦屋根からの雨漏りを屋根葺き替え工事で改善!
ディーズルーフィング:エコグラーニ

江東区 雨漏り修理 屋根葺き替え

【工事のきっかけ】
東京都江東区のT様邸です。以前から雨漏りが起きていたとのことでしたが、今回大きな台風が来る前に、ご近所の方へもご迷惑とならないようにと屋根葺き替え工事のご依頼を頂きました。 瓦屋根のメンテナンスが必要な箇所から、雨漏りの可能性が高い場所、施工方法も含め紹介をしていきたいと思います。

ビフォーアフター

施工前

屋根葺き替え工事前,雨漏り,瓦

施工後

屋根葺き替え工事,エコグラーニ

基本情報

  • 使用材料ディーズルーフィング:エコグラーニ
 

【点検の様子】

雨漏り 雨染み

以前から雨漏りを起こしている室内に案内をして頂きました。雨漏りに気づいたのは1年前。染みが出来た時点で雨漏りを起こしている事は分かったそうですが、いつの間にやら染みの存在に慣れ、垂れてくるまではそのままにしていようと思ってしまったようです。

気付けば、大雨時に大量に雨水が入るようになってしまい、大規模な工事を想像して費用が不安になり、お問い合わせ自体に時間が掛かってしまいました。

雨漏りは発生した時点で勝手に直るものではありません。天井に染みが出来た時点で補修をしていれば、もしかしたら部分的な補修でも雨漏りが止まったかもしれません。

しかし、長期的に放置してしまった事で雨漏りの被害も拡大し、大規模改修に成長させてしまいました。雨漏りは早急に対処し補修していかなければ、被害を拡大させてしまうだけです。

まず雨漏りの原因を特定し、補修内容を決めて補修に進んでいきたいと思います。

瓦 棟違い屋根

築40年以上の瓦屋根です。瓦自体はとても丈夫な為、何十年と問題なく使用できますが、問題は屋根が瓦だけで成り立っているわけではないという事です。

瓦屋根のメンテナンス箇所

①瓦

最も紫外線や雨風にさらされながら住宅の保護をしている為、割れや欠けは差し替えや補修で直していきましょう。屋根材が割れた程度では雨漏りは起こしませんが、防水紙を傷める原因になります。

また経年により瓦はぶつかりあい徐々に欠けてしまいます。初めはしっかりとかみ合っていた瓦も、隙間ができてずれやすくなってしまいます。強風時に一気に飛散する恐れもありますので、瓦の交換やラバーロック工法が必要となります。

築年数を考慮した際に、葺き直し工事ではなく屋根葺き替え工事に切り替える方も少なくないようです。

棟崩れ 下り棟歪み

②漆喰

瓦屋根ならではの漆喰ですが、こちらも歴史的建築物でも使用されている丈夫な素材です。施工後長い時間をかけて徐々に硬化し、雨水の浸入を防いでくれていますが、建物の揺れや強風によって剥がれてしまいます。

漆喰が剥がれることによって棟の内部泥が流れ出し崩れることにも繋がりますので、定期的に詰め増し・詰め直し施工が必要です。

棟と棟の取りあいには隙間がどうしても出来てしまいますので、漆喰やシーリングで埋める必要があります(左写真)。

また、右写真のように棟が歪んでしまっている場合は、漆喰の補修だけでなく棟の取り直し工事が必要となります。

 

③防水紙(ルーフィング)

普段は瓦に守られている下地のシートです。瓦が一次防水、防水紙が二次防水の役割を果たしていますので、防水紙が破れた時点で雨漏りが発生してしまいます。

防水紙が傷む原因としては、紫外線や雨風にさらされる・飛来物による破れ・経年劣化が多く、防水紙の寿命はおよそ15~20年程度です。

瓦自体に何も問題が無い場合でも雨漏りを起こした場合は、防水紙の劣化が疑わしいですので、葺き直し工事が必要です。

軒先 軒先雨仕舞

④他板金

瓦屋根にも谷等に板金が使用されています。ステンレスや銅、ガルバリウム鋼板の高耐久な素材が使用されていることが多いのですが、永久的に使用できるものはありませんので、定期的に取替が必要です。

このように屋根と外壁の取り合い等は、雨水の吹き込みによって傷みやすく、知らぬ間に雨漏りを起こしている事がありますので、板金で施工されている事が多いのですが、途中までしか板金がありません。

木材の部分は雨水を吸い込み腐食を起こしてしまいますので、これでは意味がありません。

こちらの住宅は棟違いの為、屋根の段差部分にも板金での施工が好ましいです。しかしそちらも木材の為、木材が水を吸い込みフカフカした状態でした。

トタン トタン

瓦屋根の下段部分ですが、トタン葺きです。昔の金属屋根材は比較的錆びやすく、塗装メンテナンスを怠るとすぐに変色を起こしてしまいます。

赤褐色に変色したまま放置をすると屋根材に穴あきを起こし、まっすぐ雨漏りを起こしてしまいます。

一度錆びて腐食してしまった屋根材は、塗装をしても耐久性が回復することはありません。その為、劣化状態を確認した上で屋根カバー工法や屋根葺き替え工事をご提案させて頂きます。

【屋根葺き替え工事】

屋根葺き替え工事 解体

屋根葺き替え工事を進めます。まず、葺き替えの場合は内部の土や埃が舞い上がりますので、近隣へのご迷惑とならないように飛散防止メッシュシートを取りつけ屋根を剥がしていきます。

棟を解体し屋根を剥がし下ろし、となかなか大変な作業です。また築30年程度を経過している場合は下地の状態もわかりませんので足元に注意しながら作業を行っていきます。

瓦剥がし 梁補強

瓦を剥がし終わった状態です。等間隔に取り付けられた木材は桟木と呼ばれ、瓦を引っ掛けて固定するための下地です。釘で留めているのですが、その釘穴が拡大することで雨漏りをおこす事例もございます。

近年では、木材ではなく腐りにくい樹脂製の桟木もございますので、気になる方はお問い合わせください。

桟木を撤去し、下地に問題が無ければ防水紙、屋根材と葺き替えを行っていくのですが、下地に劣化・腐食が見られれば補修・補強が必要です。

継ぎ手補強 野地板

梁と垂木を取り継ぎ補強を加え、野地板を張り替えます。更に全体的に12㎜の野地板で増し張り施工を行い、下地の補強工事は完了です。野地板補強は住宅の状態次第です。築25年以上の場合は屋根の耐久性を考えお勧めしていますが、必要のない住宅ももちろんございます。

屋根葺き替え後に太陽光の設置を検討している方は、下地の状態によってメーカー保証の有無が変わってしまいます。必ず、確認をしてから打ち合わせを行っていきましょう。

屋根葺き 棟板金

防水紙を軒先から貼り重ね、屋根材を葺いていきます。使用屋根材はディーズルーフィングのエコグラーニです。瓦から金属屋根材の葺き替えで得られるメリットはズバリ屋根の軽量化です。

1㎡あたりの重さが瓦が60㎏に対し、金属屋根は5㎏と1/12までも軽量化を図ることが出来ます。金属屋根材に葺き替えることで心配な雨音は、ディーズルーフィングの自然石粒吹付仕上げによって大きく緩和されます。

瓦よりも薄く断熱性能では劣る為、対策としては小屋裏へ断熱材を敷き込むといった事も可能です。

同質の棟板金を使用することで、非常に統一感のあるまとまった屋根に仕上がりました。

屋根葺き替え工事 棟違い雨仕舞

棟に換気棟を設置し、小屋裏の熱を自然換気で逃がすように施工しました。瓦屋根の時には棟部分の土で調湿を行っているのですが、全て塞いでしまう金属屋根材はこのような対策が必要です。

軒天や妻面の換気口と同時併用することで更に効果を期待できますので、お気軽にお申し付けくださいませ。

壁と屋根の取り合い部分の木材は板金カバーで保護をしました。細かな隙間から雨水が入り込まないようにシーリングでの処理はしっかりと行います。

トタン剥がし 防水紙

瓦棒屋根の葺き替えです。屋根材を剥がし新たな屋根を葺き直します。瓦棒と呼ばれる縦葺き屋根ですが、屋根材間に芯木を取りつけ大きな高低差をつけることで高い防水性を得ています。

縦葺きは雨水の排水方向に無駄な物がない為、緩勾配でも雨水の排水がスムーズで雨漏りの起きにくい屋根と言われています。

しかし、芯木をカバーしているキャップが浮いてしまっていたり、錆の進行によって雨漏りが起きてしまいますので、どのような屋根にもメンテナンスは必須です。

トタン葺き替え工事 屋根葺き替え工事

同様に瓦棒葺きを行っていきます。シンプルな為多くの住宅に使用されている瓦棒ですが、近年ではガルバリウム鋼板を使用していますので、従来よりもはるかに耐久性が向上しています。

雨仕舞 シーリング

雨水が壁を伝い内部に入り込まないように雨押えはしっかりと下地を作り金属カバー、取り合い部分は同色のシーリング材で養生をしていきます。

屋根葺き替え工事

清掃を行い、以上で屋根葺き替え工事は完了です。下地から補修、屋根材の変更をすることで雨漏りの起きない住宅に改善することが出来一安心です。

T様からはご近所様へのご迷惑とならずに工事も完了し良かったと嬉しいお言葉を頂きました。今後弊社では隔年定期点検を行っていきますので、住宅の気になる点・お困りのことなどございましたらお気軽に街の屋根やさんへご相談くださいませ。

街の屋根やさん東東京

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      屋根工事メニュー

      屋根の雨漏り対策

       街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      詳しくはこちら

       
       

      お客様からのQA一覧

      屋根の雨漏り対策

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      詳しくはこちら

       

      会社概要

      屋根の雨漏り対策

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      詳しくはこちら

      無料相談受付中

        「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
        点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
        些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742
      ページのトップへ