街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

江東区|漆喰詰め直し工事で棟の崩壊・雨漏り防止に繋がります!

江東区 漆喰詰め直し

【工事のきっかけ】
江東区で漆喰の補修依頼を承りました。台風後に漆喰のようなものが庭に落ちていたので、部分的な補修をご希望とのことでしたが、全体的なメンテナンスはしていなかったようです。 瓦屋根のメンテナンスは劣化の程度によって補修内容が変わりますので、実際に状態を確認させて頂いて、適切な補修をご提案させて頂きたいと思います。

ビフォーアフター

施工前

漆喰調査

施工後

漆喰詰め無し工事,完了

基本情報

 

【屋根調査の様子】

屋根点検 漆喰の剥がれ

敷地内に漆喰のような白い破片が庭に落ちていたようです。築23年、特にメンテナンスを行ってこなかったようですので、漆喰補修の必要性は感じられているようでした。

但し、費用面はなるべく抑えたい為、部分的な補修をご希望でした。実際に点検を行い、部分的もしくは全体的の補修工事が必要かをまず判断させて頂きます。

漆喰の剥がれ調査です。屋根には漆喰の細かな破片が残っております。

棟調査 漆喰剥がれ調査

大棟・下り棟に大きな歪みやずれはないものの、漆喰が剥がれ内部の土が露出すると、棟の崩壊・雨漏りを引き起こすことがあります。

棟に残っていた漆喰も触ると簡単に剥がれてしまう程にひび割れが多数発生していました。

棟取り合い 土の露出

こちらは大棟と下り棟と接合部です。下がり棟が固定力を失ってしまったのか、軒先側に下がってしまい大きな隙間を開けてしまっています。

また、漆喰が剥がれ土が水を含み苔を発生させている箇所もありました。このどちらもが今すぐにではなくとも雨漏りの原因となります。

そもそも漆喰は瓦の固定をするためだけでなく、土が雨水を吸い込まないように保護をする役割を持っています。頑丈な漆喰ですが剥がれてしまえば使い物にならなくなってしまいますので、早めに補修をする必要があります。

そして漆喰の補修には施工方法と施工を判断する基準があります。

1.漆喰詰め増し工事

これは漆喰の劣化が軽微な状態に限られます。まだ施工して数年しか経過しておらず、ひび割れが少なく既存漆喰の保護を目的と美観性の維持に行います。

施工方法は既存の漆喰の上に新たに漆喰を塗るというものです。メンテナンスをこまめにされている方以外はなかなか漆喰の詰め増し工事で補修出来るケースは少ないのが現状です。

 

2.漆喰詰め直し工事

漆喰にひびがある状態で補修をする場合には詰め直し工事です。既存の漆喰を剥がし新たに漆喰を塗り直します。新たに施工し直す為、詰め増し工事よりも耐久性にも優れ、多くの住宅で行われます。

施工手間がかかる為、漆喰詰め増し工事よりも割高にはなります。

 

3.棟取り直し工事

漆喰にひびがあり、更に棟が歪んでしまっている状態では漆喰補修だけでは直すことが出来ません。この際に棟の取り直し工事を行います。棟瓦を一度解体し、積み直しを行います。

棟を積み直すことで雨水の浸入を防止し漆喰の再施工も出来ますので、最も理想的な補修とも言えます。費用は割高です。

 

このように漆喰の状態によって補修方法自体が変わりますので、点検調査が非常に重要です。今回は棟のずれは見られませんでしたので漆喰詰め直し工事で改めて瓦の固定と雨漏り防止に努めたいと思います。

 

【漆喰詰め直し工事】

漆喰剥がし 漆喰剥がし

まずは既存の漆喰を剥がしていきます。内部の土は住宅の防湿を目的に入れられています。現在は乾式工法と呼ばれる土を使用しない施工方法もありますが、まだまだ土の湿式工法が主流です。

葺き土が流出しないように濡らし整え、漆喰を表面に塗っていきます。

漆喰詰め 漆喰詰め直し工事

漆喰にも本漆喰・土佐漆喰・琉球漆喰・南蛮漆喰等、たくさんの種類があります。現在屋根の補修にはなんばん漆喰と呼ばれる既調合漆喰が使用されることが多くなっております。

軽量且つ防水材を添加しているものも多い為、抜群の強度と耐久性を兼ね備えています。

奥まで詰めて表面を均し仕上げていきます。が、詰めれば詰めるだけ良いという事でもありません。漆喰が棟の幅よりもはみ出した場合、雨が流れきらず瓦の内部に入り込み、却って雨漏りを起こす可能性があります。

漆喰とはいえ、DIY間隔での補修はせずにしっかりと施工業者にお任せください。

漆喰詰め直し工事完了

今回は全体の漆喰の劣化が見られましたので全ヶ所の棟漆喰詰め直し工事を行いました。早めに補修することで棟の崩壊や雨漏りを起こすことなく最小限の補修に収めることが出来ました。

瓦屋根の補修内容についてのご相談、施工内容での疑問、無料点検・お見積り作成はお気軽に街の屋根やさんへお問い合わせくださいませ。

街の屋根やさん東東京

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      屋根工事メニュー

      屋根の雨漏り対策

       街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      詳しくはこちら

       
       

      お客様からのQA一覧

      屋根の雨漏り対策

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      詳しくはこちら

       

      会社概要

      屋根の雨漏り対策

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      詳しくはこちら

      無料相談受付中

        「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
        点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
        些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742
      ページのトップへ