街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

横浜市都筑区|火災保険で棟板金補修!足場仮設の機会に屋根塗装も

横浜市都筑区 屋根塗装 棟板金交換

【工事のきっかけ】
横浜市都筑区のM様より、「棟板金がバタバタと騒音を起こしている」とお問い合わせがございました。 丁度2つの台風が通過した時期という事で、何かしらの固定が外れてしまったのではないかと考えられます。 台風による棟板金の破損に関しましては【火災保険・共済】の補修対象となりますので、予め加入条件等を調べ申請の準備をしておきましょう。 火災保険で足場仮設を仮設したタイミングで屋根塗装も如何でしょうか? 今回2つの工事内容と同時にすることで得るメリットを紹介致します。

ビフォーアフター

施工前

屋根塗装点検

施工後

屋根塗装完了,棟板金取替

基本情報

 

【点検の様子】

屋根点検 棟板金

まずは騒音の原因です。棟板金がバタバタ浮いていると確認が出来たようですので、早速状態の点検を行っていきましょう。

棟板金は釘で貫板に留められています。固定力が弱まる原因としては、棟板金の釘が抜けてしまう、貫板が腐食してしまう、の恐らく2つだと思います。

釘を確認してみると錆びで黒く変色している事が確認できます。錆は釘の耐久性自体を下げるだけでなく、板金に錆を移し腐食を拡大させます。腐食が進行すると釘が抜け落ち固定力が無くなり板金が飛散・落下してしまいます。

棟板金の錆 棟板金の浮き

板金の錆が進行している事が確認できます。また、手でも持ち上げられるほど固定がされていません。この状態では雨水が入り込むだけでなく、板金がバタバタと風にあおられるのも無理はありません。

恐らくこのままでは外れて落下、更に近隣住宅へご迷惑をかけることになってしまいますので、早めの補修を行っていきましょう。

ちなみに風災による棟板金の破損は火災保険の補償対象となります。棟板金を補修するためにかかる費用は足場仮設等も対象範囲内ですので、この機会に補修が必要な箇所を見ておきましょう。

塗膜 屋根材の劣化

特に屋根の工事は何をするにも埃や水の飛散と、近隣の方へご迷惑がかかってしまいます。そこで、足場とメッシュシートを取りつける必要がありますので、工事をされるなら同時に施工して費用を抑えましょう。

屋根材は割れや欠けは見当たりませんが、全体的な色褪せとチョーキング現象(粉化)、雨染みが残ってしまっていました。塗膜の色褪せは屋根材自体の劣化を進行させますので、塗装メンテナンスで綺麗に表面保護を行いましょう。

【棟板金取替工事】

棟板金外し 新規貫板設置

早速足場を仮設し棟板金を取り替えていきます。棟板金と貫板を撤去していきます。清掃し下地スレートの破損や釘跡をシーリング等で補修し、新たな貫板を取りつけていきます。

貫板は棟板金に覆われている為、状態確認をする機会はそれほど多くはありません。しっかりと保護されていれば問題はありませんが、隙間から雨水が入り込むことによって腐食してしまいますので機会があれば定期的に取替補修を行いましょう。

棟板金新規取付 新品

新たな棟板金を取りつけると、屋根塗装の劣化が際立ちますね。棟と隅棟の継ぎ目部分はシーリングで雨水が吹き込まないように施工し、工事は完了です。

続いては屋根塗装工事に進んでいきます。

【屋根塗装工事】

高圧洗浄 錆止め

まず高圧洗浄でチョーキングや苔・カビを洗い落としていきます。乾燥後に棟板金にペーパー掛けを行い防錆塗料を塗っていきます。

新規の棟板金であっても塗装前には一度表面に傷を付け目粗しを行ってから塗装を施工しなければならない。

新品だからとそのまま塗装してしまうと、塗膜との密着面積が少なく比較的早めに剥がれてしまいます。塗膜をしっかりと形成するためには細かな作業が非常に大切なのです。

縁切り作業 タスペーサー

スレート屋根に必要な縁切り作業、タスペーサーの設置です。タスペーサーを屋根材と屋根材の隙間に差し込むことで、塗膜による屋根の密着を防ぐことが出来ます。

住宅には「隙間があると雨漏りを起こす」といった印象をもっている方は多いのですが、隙間を作っておかなければ、住宅に被害を与える場所というのは意外と多いです。

屋根と外壁で毛細管現象の発生を防ぐために隙間を作る対策が必須です。

下塗り 下塗り

続いては下塗り作業です。ムラなく塗装をすることで屋根材の塗料の吸い込み止めと、密着性の向上、更に下地の色を均一にそろえることが出来ます。

下塗りを全体的に塗布したら乾燥させて中塗り・上塗りを行い仕上げます。下塗り塗料は日本ペイントのファインパーフェクトシーラー白です。

上塗り塗装艶 塗装中塗り

中塗り・上塗りはお客様お待ちかねの着色です。ファインパーフェクトベストで2回塗りを行う事で、ご希望の色に仕上げることが出来ます。

仕上がりで確認できる部分は上塗りの色のみですが、ムラのない艶が蘇った屋根を仕上げるには下地塗装の仕上がりも大きく影響しています。

ファインパーフェクトベストは全26色の艶有塗料です。塗膜劣化の原因となる紫外線や熱に優れた抵抗性をもち、長期的に屋根材の保護をしていきます。

ローラーの塗り跡も隠し、雨水もはじき返す強靭な塗膜が完成いたしました。

塗装によって屋根材の表面を守ることが出来ます。見える場所じゃないから、費用が高いからではなく、定期的なメンテナンスを最小限のコストで出来るように、思わぬ事故をチャンスに変えましょう。

火災保険の仕組みや屋根の点検、足場仮設の際の補修のご提案、トータルコストを抑えるためのご相談等何か気になることがございましたら、お気軽に街の屋根やさんへお気軽にお問い合わせくださいませ。

点検・見積もり作成は無料にて承っております。

街の屋根やさん横浜

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      屋根工事メニュー

      屋根の雨漏り対策

       街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      詳しくはこちら

       
       

      お客様からのQA一覧

      屋根の雨漏り対策

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      詳しくはこちら

       

      会社概要

      屋根の雨漏り対策

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      詳しくはこちら

      無料相談受付中

        「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
        点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
        些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742
      ページのトップへ