街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

横浜市港北区|屋根塗装工事で苔の除去と屋根材表面を保護!
日本ペイント サーモアイSi(クールチョコレート)

台風後の点検忘れずに!

台風後の点検忘れずに!

横浜市港北区 屋根塗装

【工事のきっかけ】
横浜市港北区の屋根塗装依頼です。 築17年、遠くから見ると屋根材がすっかり色褪せてしまい、今後雨漏りを起こさないか、どのようなメンテナンスを行えばいいかとご相談を頂きました。 スレート屋根での築17年というのは、状態を確認した上で補修内容が全く変わってしまいます。 屋根の塗装工事で今後使用できるのか、というご質問にもしっかりとこたえさせて頂き補修を進めていきたいと思います。

ビフォーアフター

施工前

屋根塗装,点検

施工後

屋根塗装工事,完了

基本情報

  • 使用材料日本ペイント サーモアイSi(クールチョコレート)
 

【点検の様子】

スレート屋根塗装をしようと思った際に、場合によってはご希望通りに塗装が出来ない場合がございます。

通常、スレート屋根材のメンテナンスは築10年程度での塗装工事が推奨されています。

主材料がセメントの為、雨水を吸い込むことで屋根材自体が劣化してしまうからです。新築時の塗料の耐久性は7~10年とも言われていますので、想像しているよりも早くメンテナンスが必要になると思われます。

スレート 苔の付着

今回は築17年、メンテナンス時期から大分経過してしまっています。表面の塗膜が劣化するとどのような事になるのでしょうか?

【スレート屋根材の劣化の道筋】

新築時はお客様のご希望の色のカラーベストやコロニアルのスレート材をお選びいただいていたかと思います。

数年経過した頃から徐々に色がくすむように褪せ、屋根の印象は少しずつボケていきます。

更に塗膜が劣化すると同時に、オレンジ色や黄色への変色も始まるのですが、これが苔の発生です。

苔は劣化していない塗料の上には発生することが出来ません。塗膜が傷み屋根材が雨水を吸い込むようになることで、苔が根を張り繁殖するようになります。

すると雨は苔の繁殖のせいで流れが悪くなり、更に苔が出来やすい状態になります。しかし、この時点では大きな問題と感じないはずです。

苔がある部分に関しては屋根材が多くの雨水を吸い込んでいます。そこに紫外線が当たり乾燥し、雨天時にまた吸収し…と繰り返すうちに、屋根材に浮きや反りが発生し割れやすくなります。

屋根材の浮きや反りは塗装で改善させることはできません。その為、ここまで劣化すると屋根塗装ではなく屋根カバー工法や葺き替え工事で屋根材の取替をお勧めする場合があります。

●今回は

塗膜は色褪せ、苔の繁殖も多かったものの、屋根材の浮きや反りは全く見られませんでした。割れもなくそのまま使用して問題ないと判断し、屋根塗装を行います。

しかし屋根材の今までのダメージを回復させることはできませんので、塗膜が想像よりも早く劣化する・雨漏りが発生する可能性が捨てきれないことに関し、ご了承を頂いた上で施工をしていきます。

【屋根塗装工事】

高圧洗浄 高圧洗浄

苔が多く付着している屋根のメンテナンスは特に、高圧洗浄を重点的に行っていきます。14.7MPa以上(一般的な家庭洗浄機は8~12MPa)の強い水圧で苔の根絶ちを行います。

屋根の旧塗膜や汚れをまとめて落とし屋根材表面を綺麗にすることで、塗料の密着性が高くなります。少しでも残っていると、その部分から塗膜が剥がれてしまいますので、塗装工程の中で最も重要な作業です。

右写真は洗浄後の屋根です。点検時と比べると屋根材が真っ白になっているのが分かります。白く見えているのが素地です。塗料がなくなり苔のコーティングがされていたことが分かりますね。

下塗り,錆止め 

乾燥したら塗装工事に入ります。塗装工程は通常、下塗り・中塗り・上塗りと3工程です。しかし、屋根材の肉痩せが進行している場合や、割れが酷い場合は下地調整塗材として、下塗りを2回にすることもあります。

塗料の厚塗りも好ましくはないため、何度も塗れば良いというわけではなく、状態に合わせての下地処理が非常に重要です。

また3工程のほかにも、シーリングの処理や棟板金の固定補強、板金部分の錆止めなど細かな作業はありますので、工程通りに進めていきます。

塗装をすることで隠れる部分に関しては先に補修をしていきます。まず、いずれは錆びてしまう板金の錆止めを行います。防錆剤は錆の発生・進行を抑えるのにとても有効的です。

塗る前にはペーパー掛けで錆の除去や目粗しを行って、錆予防と塗膜の剥がれ防止に努めます。

下塗り サーモアイSi,クールチョコレート

サーモアイシーラーでの下塗りです。遮熱塗料は紫外線・赤外線を反射するという効果を持ちます。ガイナ等の断熱塗料とは違い冬での効果は期待できませんが、今のうちから施工しておくことで来年の夏には快適な室内空間が手に入るかもしれません。

サーモアイは下塗りと仕上げ塗料どちらにも遮熱機能が付いています。ムラなく塗ることで、仕上げでは反射しきれない赤外線を透過させ、下塗りでブロックすることが出来ます。

下塗り後はタスペーサーを屋根材の隙間に差し込み、毛細管現象を防ぎます。

中塗り 上塗り

続いては中塗り・上塗りです。色はクールチョコレートです。屋根塗料の仕上がりは、実際色見本よりも明るく見えます。

これは紫外線に当たっているかどうかの問題になりますので、仕上がりよりも2トーン程くらい色を選択されると良いかもしれません。

2度重ね塗りをすることで、ローラーの塗り跡も無くなり艶のある屋根に仕上がります。

もちろんいずれは錆びる雪止めも塗装で保護していきます。この際にずれる・外れるといった不調を確認し、必要に応じて取替をしていきます。

棟板金 屋根塗装

このように3回塗りを行い、屋根塗装は完了となります。色や艶のなかった屋根材はサーモアイによる塗装で綺麗になり、且つ遮熱機能を持つことが出来ました。

塗装をすることで雨水の吸い込みはもちろんさせず、苔の発生も防ぎます。

またサーモアイは耐久性の高いシリコン系塗料です。耐用年数は8~15年ですので雨漏りを起こさない限り、色褪せ等は心配しなくてもよいでしょう。

スレート屋根塗装

屋根塗装は屋根メンテナンスの中で最もリーズナブルな価格で施工することが出来ると思います。

しかし屋根材の劣化状態によっては、屋根塗装が出来ない(雨漏りが原因)もしくはお勧めはしないという判断にも至ります。

その為スレート屋根材の特徴を理解し、早めのメンテナンスをご検討いただければと思います。

点検・見積もりは無料で承っております。築年数にあわせてのメンテナンスについてのご相談、屋根塗装前の無料点検、塗料についてのご質問等がございましたらお気軽に街の屋根やさんへご相談くださいませ。

 

街の屋根やさん横浜

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      屋根工事メニュー

      屋根の雨漏り対策

       街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      詳しくはこちら

       
       

      お客様からのQA一覧

      屋根の雨漏り対策

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      詳しくはこちら

       

      会社概要

      屋根の雨漏り対策

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      詳しくはこちら

      無料相談受付中

        「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
        点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
        些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742
      ページのトップへ