街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

横浜市旭区|かわらUからシングル材へ屋根葺き替え工事で一新!
オークリッジスーパー(シャトーグリーン)

横浜市旭区 屋根葺き替え

【工事のきっかけ】
横浜市旭区でスレート屋根材が風によって外れ落下してきたとお問い合わせを頂きました。 部分補修はもちろん可能ですが、屋根の状態によっては補修内容の変更をご提案させて頂く事もございます。 まずは屋根を確認させて頂き、雨漏りの有無、適切な補修方法を判断させて頂きます。 屋根には採光を取り入れる天窓もございますので、交換・補修・撤去等対応も同時に検討していきたいと思います。

ビフォーアフター

施工前

セキスイかわらU,屋根葺き替え施工前

施工後

屋根葺き替え,オークリッジスーパー

基本情報

  • 使用材料オークリッジスーパー(シャトーグリーン)
 

【屋根点検の様子】

かわらU点検 かわらU

スレートが落下してしまったとお問い合わせを頂きました横浜市旭区のS様邸ですが、屋根材はセキスイのかわらUという材料でした。

現在は販売中止ですが、およそ40年にも渡って施工に使用されていました。瓦のような形状でありながらも屋根カバー工法が可能という事で非常に融通の利く人気の屋根材と知られていました。

しかし、アスベスト問題により1990年代からノンアスベスト屋根材として再販売されました。そこで屋根材の脆さに指摘が多く、2007年に屋根材の販売中止になりました。

今住宅に使用されているかわらUは何年製の物なのか?と判断したい場合は棟に刻印されたロット番号を見ると判明します。ロット番号の表記はXの後ろに西暦の下1桁が表記されています。

そこでお客様の施工時期がいつの頃かを確認すれば年数を特定することが出来ます。

また、アスベストとノンアスベストの屋根材の劣化状態はヒビの入り方で分かります。ノンアスベストの場合は、割れやすく点検の際に破損を増やすような屋根材ですので、施工方法は限られます。

スレート 釘頭

ここがスレートの外れと破損個所です。ここから雨漏りを起こす可能性がありますので、応急措置で防水テープを貼って雨水の浸入を防ぎます。

このかわらUはアスベストの混入されている屋根材の様で、ヒビの発生は全く見当たりませんでした。

しかし、釘頭も塗装で保護されていながらも錆が発生してしまっていました。

谷板金腐食 漆喰穴

全屋根の谷板金部分にも錆の発生・色褪せが見られ、全体的な劣化が見られました。棟の漆喰で保護されているはずの部分は漆喰が剥がれ空洞が出来てしまっています。

棟の崩壊が見られないのは恐らく棟木で支えているお陰なのですが、漆喰が無いことによって雨水が瓦内部に入り込み、雨漏りを起こすリスクが非常に上がります。

このように補修が必要な箇所が多い場合、屋根の補修+塗装よりも屋根葺き替え等の一新を図る方がメンテナンスにも理想的でしょう。

天窓 取り合いシーリング

屋根材には天窓が取り付けられています。天窓(トップライト)は施工後約20年程度で補修や交換等のメンテナンスが必要です。しかし、天窓の補修のみをするという事は屋根の取り合いの関係上まずありません。

そこで屋根の補修を検討される場合には必ず同時に補修を行っていきましょう。

今回はかわらUを全て撤去し、屋根葺き替え工事を行っていきます。その際には住宅の耐震性向上を図り、屋根に軽量屋根材を使用していきましょう。

屋根材は瓦、スレート(コロニアル・カラーベスト)、金属屋根材、アスファルトシングル材と様々ですが、既存の屋根材よりは軽量の物を使用し住宅に負担を掛けないように検討していきましょう。

【屋根葺き替え工事】

屋根剥がし 天窓確認

早速足場を仮設し屋根葺き替え工事を行っていきます。まず既存の屋根材を剥がし清掃していきます。天窓ですが、今回は今後のメンテナンス性を考慮し撤去していきます。

天窓の撤去跡に断熱材を敷き込み野地板で平坦に仕上げていきます。

野地板増し張り 野地板増し張り施工

野地板は屋根の下地材です。普段見ることもない野地板ですが、劣化すると撓み屋根形状にも影響を及ぼします。

その為、築30年近く経過している住宅は雨漏り等を起こしていないとしても、屋根の構造自体に問題を起こさないように補強をしておきましょう。

昔は杉板を使用していましたが、近年は野地合板が主流、そして防火地域・準防火地域には耐火野地合板を使用します。

防水紙 防水紙,アスファルトルーフィング

その後、雨漏り防止の最大の要、防水紙(ルーフィング)を敷き込んでいきます。軒先から棟に向かって重ね、そこに屋根材を被せていきます。使用する屋根材はアスファルトシングル材のオークリッジスーパーです。

色彩豊かな鉱物を屋根材表面に吹き付けていることによって、太陽光で綺麗に発色をします。2重構造による凸凹は屋根に立体感を与え味わい深い屋根材の仕上がりを魅せてくれます。

アスファルトシングル材の施工方法は接着剤と釘止めです。屋根材自体はシート状の為、カッターで切ることも出来る屋根材の為DIYでも使いやすい屋根材です。

シングル材 アスファルトシングル材

日本ではまだ施工例が少なく見えるものの、アメリカの80%以上の住宅に使用されています。誤った施工、接着剤不良を起こすと剥がれやすくなってしまいますので、しっかりと施工できる業者を選別し施工していく事が非常に重要です。

薄く軽量な屋根材ですが、耐風性能と防水性に優れ長期的に住宅を守ってくれる屋根材です。

オークリッジスーパー 取り合い板金

使用色はシャトーグリーンです。表面の石粒と屋根材の弾力性から雨音も軽減してくれます。今回は葺き替えですが、スレート屋根へのカバー工法に使用することも可能です。

柔らかいシート状の屋根の為、曲面にも施工できますので特殊な屋根形状への施工をご検討中の方はぜひアスファルトシングル材での施工もご検討くださいませ。

雨押えシーリング 棟板金

最後に雨押え部分や棟板金にシーリングを打設し、雨水の浸入を防ぐように取り付けていきます。

以上でセキスイかわらUからオークリッジスーパーでの屋根葺き替え工事は完了です。

見栄えも屋根の耐久性も向上し、住宅全体のイメージを一新することが出来ました。今後のメンテナンスとしては、屋根材の剥がれ確認と屋根塗装です。

屋根塗装の際には水性塗料のみでの対応となりますので、予め頭に入れておきましょう。誤って油性塗料を使用してしまうとアスファルトの成分が溶け出してしまいますので注意しましょう。

屋根材ならではの特徴を理解しメンテナンス方法等を視野に入れ、屋根葺き替え工事を行っていきましょう。

街の屋根やさん横浜

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      屋根工事メニュー

      屋根の雨漏り対策

       街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      詳しくはこちら

       
       

      お客様からのQA一覧

      屋根の雨漏り対策

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      詳しくはこちら

       

      会社概要

      屋根の雨漏り対策

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      詳しくはこちら

      無料相談受付中

        「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
        点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
        些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742
      ページのトップへ