街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

川崎市幸区|ファインパーフェクトベストでの屋根塗装で表面保護!
日本ペイント:ファインパーフェクトベスト(トリノブラウン)

台風後の点検忘れずに!

台風後の点検忘れずに!

川崎市幸区 屋根塗装

【工事のきっかけ】
川崎市幸区の屋根塗装依頼です。 前回塗装してからそろそろメンテナンス時期と考えられ、ご依頼を承りました。 屋根と外壁の塗装を同じ塗料グレードで行った場合、外壁よりも過酷な屋根は比較的早く劣化が目立ち始めてしまいます。 その為、屋根と外壁のメンテナンスサイクルが少しずつずれてしまいます。まずは屋根の状態を確認し、必要な補修工事を行っていきましょう。

ビフォーアフター

施工前

屋根塗装施工前

施工後

屋根塗装完了

基本情報

  • 使用材料日本ペイント:ファインパーフェクトベスト(トリノブラウン)
 

【点検の様子】

屋根点検 板金のチョーキング

川崎市幸区の2階建て、屋根点検を行っていきます。前回塗装施工をされてからしばらく時間が経過しているのか、全体的な色褪せが目立っていました。

ひび割れの補修部分も目立ち、板金部分はチョーキング現象が起こっていました。チョーキングとは塗膜が劣化することによる粉化です。触ると手に色が付いたり調査時に足跡が残る等、目視での確認が非常に簡単な塗装のサインです。

この場合、塗膜がすでに摩耗しきっている為、屋根材の保護機能は失われています。早めの塗装メンテナンスが重要となります。

板金浮き 屋根材の密着

板金部分では釘浮きが見られました。釘の場合、建物の揺れや風に板金の揺れで徐々に固定が出来ずに浮いてきてしまいます。棟板金は屋根の頂点に取り付けられている為、強風時に煽られると飛散する恐れもあります。

飛散し事故や雨漏りを起こす前にしっかりと補修工事を行っていきましょう。

下地の貫板が腐食していなければ、釘の打ち直しやビス増し打ち補強のような簡易補修も可能です。早めに対処をしておけば最低の補修工事で済むというわけです。

前回の塗装施工ではタスペ―サーが使用されていませんでした。タスペーサーとはスレート屋根材同士の密着による毛細管現象を防ぐための縁切り専用道具ですが、もちろん必ず使わなければならないという事でもありません。

従来のやり方は皮スキやカッターで縁切りをしていましたが、屋根材が再度密着する可能性があることから、現在ではタスペーサーで意図的に隙間を作る工法が多くなったのではないでしょうか。

塗膜の剥がれ 塗膜の剥がれ

屋根材塗膜の状態です。劣化は色褪せやチョーキングに現れることが多いのですが、塗膜の剥がれが見られる場合、これは密着不足とも見られます。

塗膜の剥がれる原因としては、洗浄不足、下塗り不足、ケレン不足などの下地調整が甘かった場合がもっとも多いケースです。

高耐久の塗料を使用したとしても、元々の下地に苔や旧塗膜が残っている場合、塗膜ごと剥がれてしまいますので施工の意味が無くなってしまいます。

塗装は塗料のグレード重視とされる方は多いのですが、施工の段階で適切な下地処理が出来ているのかが非常に重要です。

前回塗膜はレッド系ですね。塗膜が薄いのか下地が透けるように露出してしまっています。今回は旧塗膜をしっかりと洗浄で洗い落とし下地処理後、塗装施工を行っていきます。

【屋根塗装工事】

高圧洗浄 タスペーサー

塗装前の1つ目の下地処理、高圧洗浄です。家庭用の洗浄機とは比べ物にならないほどの水圧で屋根に付着した汚れ、塗膜を剥がしていきます。

しっかりと落とし乾燥させてから、作業を行っていきます。

通常は下塗り後、タスペーサーと順序があるのですが、前回塗膜による屋根材の密着部分が多く見られましたので、早い段階で毛細管現象のおきにくい状態にまで補修を行っていきましょう。

タスペーサーは1軒当たり1000~1500個程度を使用し、1枚の屋根材につき2枚ずつ設置していきます。

縁切り シーリング補修

ヘラ等で薄く屋根材間を開け、差し込んでいきます。作業は簡単ですが、見えない屋根の部分ですので手抜きをされがちな作業でもあります。

施工後も目立たない為、しっかりと適切な数量を使用したのかを含め、確認する必要がありますね。

屋根材のひび割れ等はコーキングで塞ぎ、ひび割れが酷くならないように補修を行っていきます。この際に目立たないように薄塗りをしてもコーキングが割れやすく意味がありませんので、ヒビが隠れるほどはしっかりと塗っていきます。

ケレン 錆止め

板金部分は錆止めをし、経年劣化による錆の発生を抑えます。まずペーパー掛けで表面に傷を付け塗料の密着性を高めます。

つるつるの表面への塗装は塗膜の密着する表面積が少ない為、比較的早く剥がれてしまう事がある為です。

その後防錆剤を塗り、しっかりと乾燥させてから下塗りから上塗りの3回塗りを行っていきます。

ベスコロフィラー ベスコロフィラー

下塗りには下地調整塗材スズカファインのベスコロフィラーHGです。築年数が経過し屋根材自体が劣化し肉痩せしている場合に、屋根材の補強と下塗りの役割を担う塗料です。

ムラなく塗ることで、中塗り・上塗りの艶のりも良くなり仕上がりが綺麗になります。

ファインパーフェクトベスト 中塗り・上塗り

その後、中塗り・上塗りを日本ペイント ファインパーフェクトベストのトリノブラウンで塗っていきます。

ラジカル制御型ハイブリッド高耐候型塗料のファインパーフェクトベストはシリコングレード以上の耐候性を持っています。

色は全26色、苔や藻の付着を抑え艶のある塗りたて感を長期的に維持することが出来ます。塗装後、細かな手直しを行い足場を解体、周辺の清掃を行い工事は完了です。

屋根は外壁よりも太陽光や雨水にさらされ続け非常に傷みやすい場所です。しかし放置すると屋根材の破損・防水紙の劣化、そして雨漏りと補修費用が跳ね上がる箇所でもあります。

その為、定期的な点検と傷まないようにメンテナンスをしていく事が非常に重要になります。

今後弊社では施工保証で隔年定期点検を行わせて頂きます。塗膜の状態、屋根の破損状態を見ていきますが、気になる箇所がありましたらお気軽に街の屋根やさんへご相談くださいませ。

今後ともお付き合いの程宜しくお願い申し上げます。

 

街の屋根やさん横浜

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      屋根工事メニュー

      屋根の雨漏り対策

       街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      詳しくはこちら

       
       

      お客様からのQA一覧

      屋根の雨漏り対策

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      詳しくはこちら

       

      会社概要

      屋根の雨漏り対策

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      詳しくはこちら

      無料相談受付中

        「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
        点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
        些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742
      ページのトップへ