街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

ご満足いただける
屋根リフォームのために

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

富津市|雨漏りを起こす前に共済を利用し棟板金交換工事を実施!

台風後の点検忘れずに!

台風後の点検忘れずに!

富津市 棟板金交換

【工事のきっかけ】
富津市で先月の台風による棟板金飛散の補修工事を行っていきます。 共済にご加入されていましたが、火災保険と同様に補修の際に利用できることを知らなかったようです。 今回は共済の特徴と共に、どのような補償を受けることが出来いるのかを含め、補修工事の紹介をしていきたいと思います。

ビフォーアフター

施工前

棟板金飛散

施工後

棟板金交換工事

基本情報

 

【点検の様子】

棟板金飛散 棟板金点検

富津市の2階建て住宅です。総2階ではない為、脚立でも下屋根に上がることが出来ました。大屋根の棟板金が外れ下屋根に引っかかっている所を発見されました。

台風の影響で飛散してしまったようですがご自身ではどうすればいいのか分からず、街の屋根やさんへご相談を頂きました。

まずはご自身で屋根に上るのは大変危険ですので専門家にお任せください。屋根は緩い勾配としても苔や藻の発生で非常に滑りやすくなっています。

更に下屋根と言えど2.5m程の高さはありますので、落下すると怪我では済まされません。必ず異変があった場合にはご遠慮なくご連絡を頂ければと思います。

釘浮き 貫板浮き

飛散した棟板金はもちろん補修が必要ですが、1ヶ所が飛散した場合、他の部分の棟板金も必ず何かしら固定が甘い可能性があります。その為、全ヶ所のチェックを行い必要に応じて補修をしていく必要があります。

今回のように台風の影響で飛散した場合、火災保険や共済を利用し補修することが出来ます。お客様は共済にご加入されていましたが、実際に補修に利用できるという事も知らず、どのように進めていけばいいのかも分からない状態でした。

そこで、共済とはどのようなものなのかを説明させて頂き、申請までアドバイスをさせて頂きました。

【共済の仕組みとは?】

まず共済とは協同組合等が運営している保険です。火災保険が保険会社運営に対し、営利を目的にしている団体ではない為、安い掛け金(保険料)で加入することが出来ます。

利用する条件としては組合員になる事ですが、掛け金に応じて損害の程度による共済金の支払額が違います。

また年齢にかかわらず掛け金も補償も変わりませんので、利用する方にとって今後の不安が少ないというのも特徴です。

お支払いの対象になるのは、台風や竜巻などの風災・洪水や雪災などの自然災害、それに伴う地滑りや土砂崩れによる被害に対してです。

掛け金によって補償が変わるという事で、もちろんお客様の住宅によって共済金の支払額は変わります。

例えば、20万を越え50万以下の一部損壊、1口当たりの共済金が1000円の場合、支払限度額10万円といったように、損害の程度と掛け金に応じて限度額が変わってきます。

また、共済は全労災や国民・県民共済等いくつか種類がありますので、多少の違いがあるかと思いますので、予めご確認をお願い致します。

 

①申請ですが、まずは共済にご連絡をして頂きます。加入の確認が必要になりますので、お手元に「共済証書」をご用意ください。

②申請に必要な書類がお手元に届きましたら、書類・必要書類を返送して頂きます。必要書類は弊社でそろえられるものに関しましては準備が可能ですのでご安心くださいませ。

③書類確認後、共済金のお知らせとなります。

貫板腐食 蜂の巣

今回は飛散していない部分の棟板金も浮きが多く見られ、下地貫板の腐食も確認できましたので、共済金と自費での棟板金全交換工事を行います。

工事前に住宅に蜂の巣を発見しました。施工スタッフが危険にさらされますので、施工前に蜂の巣撤去を依頼致しました。

【棟板金交換工事】

棟板金撤去 撤去

棟板金交換に入ります。今回の様になだらかな屋根での工事は足場を必要としませんので、梯子での作業が可能です。

既存の棟板金と貫板を全て取り外し、清掃を行います。この際に防水紙の破れがある場合には雨漏りの原因となりますので補修や施工内容の変更をご提案させて頂きます。

今回はそのまま補修施工が可能ですので進めていきます。

貫板 SUS製ビス

新たに貫板を設置し、垂木に向かってSUSビスで固定していきます。端での施工は木材の割れにも繋がりますので、必ず割れないような場所に打ち付けていきます。

貫板に木材を使用することがほとんどですが、腐食しにくい樹脂製の貫板(タフモック)もございます。若干費用は高くなりますが、気になる方はお気軽にご相談くださいませ。

棟板金設置,コーキング 側面打ち

貫板設置後に棟板金で覆っていきます。雨水が入り込まないようにしっかり固定できるようにシーリングを隙間に充填しながら取り付けます。貫板は真上からの固定で問題ありませんが、棟板金の場合は脳天打ちは雨漏りの原因となります。

必ず側面から貫板に向かってビス留めをしていきます。更に板金の重なりから雨水が入らないように必ず軒先から設置を行っていきます。

決して難しい工事ではありませんが、今後飛散しにくくなるように施工するのには様々な考えが盛り込まれています。

下屋,取り合い,シーリング

棟板金交換工事は完了です。下屋根と外壁の取り合い等は雨水が流れ込むおそれもありますので、立上りを作りシーリングで取り合いを塞ぐような処置も必要です。

以上で、棟板金交換工事は完了です。雨漏りを起こさないうちに補修が完了し一安心です。が、屋根の劣化状態を見る限り、スレートの保護が必要ですので今後は屋根塗装・屋根カバー工法・葺き替えを検討していかなければなりません。

工事の際にはまた適切な補修工事をご提案させて頂きますので、今後とも宜しくお願い致します。

街の屋根やさん本社

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒299-0261
        千葉県袖ヶ浦市福王台2-21-10 セントラルビル1F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      屋根工事メニュー

      屋根の雨漏り対策

       街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      詳しくはこちら

       
       

      お客様からのQA一覧

      屋根の雨漏り対策

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      詳しくはこちら

       

      会社概要

      屋根の雨漏り対策

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      詳しくはこちら

      無料相談受付中

        「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
        点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
        些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742
      ページのトップへ