街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

ご満足いただける
屋根リフォームのために

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

富津市|屋根塗装後の大雨で雨漏りが…縁切り不足が原因でした

台風後の点検忘れずに!

台風後の点検忘れずに!

富津市 雨漏り修理 屋根塗装

【工事のきっかけ】
富津市のお客様からのお問い合わせです。 先日の台風で屋根からの雨漏りを発見されたようです。 1年前に塗装工事を施工し、屋根の破損や耐久性については問題が無いはず、しかし小屋裏を確認したところ、屋根からの雨漏りというのは明白で… 原因が分からないままでは補修も火災保険の申請も出来ず困っているとのことでした。 そこで早速調査にお伺いいたしましたが、原因はお客様の想像とは全く違うものでした。

ビフォーアフター

施工前

毛細管現象による雨漏り補修

施工後

縁切り工法

基本情報

 

毛細管現象による雨漏り

小屋裏,雨漏り 屋根調査

富津市、築14年の2階建て住宅です。先日の台風によってぽたぽたと2階寝室に雨漏りが発生してしまいました。何か住宅の破損個所があり、雨漏りを起こしているようなら火災保険の適用になると思い、保険会社様には連絡したようですが、どうやら他社に見てもらったところ、破損も見当たらず原因が分からないままでは保険の申請が出来ない、という事で街の屋根やさんへご相談を頂きました。

ちなみに小屋裏はご自身で確認したところ、明らかに野地板の染みがあり雨天時には水染みがしっかりと残っていたようです。屋根からの雨漏りには変わりないようです。

早速屋根に上がり点検を行います。築14年という事で、1年前ほどに屋根外壁の塗装メンテナンスを行ったようです。それにしては一部に染みが残っていたりと塗膜の劣化を感じさせています。

雨染み塗膜の破れ 密着

ある部分では塗膜に穴が開き、そこから雨染みが流れた跡が残っていました。このように起こる原因は恐らく1つしかありません。

屋根塗装を施工した際に縁切り作業を怠り、屋根材同士が密着していたようです。お客様の中で屋根材が雨水の浸入を防いでいると思っていらっしゃる方もいますが、半分正解、半分は外れです。

多くの雨水を屋根材が防ぎますが、防ぎきれない雨水は屋根の内部を通り防水紙の上を流れていくのです。

しかし、屋根材同士が密着していることで、雨水を排出することが出来ずに、屋根の下で滞留してしまいます。

この滞留した雨水は屋根の下で毛細管現象を起こし、建物内部に雨水を浸入させてしまいます。

ちなみに、台風で雨漏りが発覚したのですが、雨漏りに至った原因は施工不良です。その為、施工店の保証の対象にはなりますが、火災保険の支払い対象とはなりません。予めご了承くださいませ。

毛細管現象とは?

毛細管現象とは繊維と繊維のわずかな隙間を上下左右、重力の関係なく液体が浸透していく現象です。植物が根から葉に向かって水分を運ぶように、生活の中でも大変身近な現象です。

通常生活の中では万年筆の仕組みや、水に全て浸けていないタオルが広く濡れている現象も毛細管現象によるものです。

これが屋根で起こると、防水紙(ルーフィング)の繊維に水が染みわたり、野地板を濡らし雨漏りを起こすような結果を招いてしまいます。

 

今回のように屋根塗装を行った1年後、数年後に雨漏りを起こすというのは少なくありません。何故なら、徐々に雨水が染みわたり野地板を通り天井にたどり着くまでに乾燥や雨染み作りの繰り返しが行われるためです。

雨が降らなければ気づきませんし、大雨後に気づき、その時点で屋根塗装のせいではないと勘違いが起きる為、原因究明にたどり着かないケースもございます。

縁切り作業による雨漏り補修

縁切り作業 縁切り

この状態を改善するためには縁切り作業、タスペーサーの設置が行われます。屋根材に隙間を作ることで雨水は滞留を起こしませんので、皮スキやエスパッターと呼ばれる工具で屋根材間の塗膜を切っていきます。

本来であれば塗装施工の段階で行う工程です。タスペーサーを取りつけていないことで、施工後に縁切りをしたのかもしれませんが、塗料が確実に乾燥してからでなければ縁切りの意味はありませんし、例え一度縁切りをしても内部に入り込んだ塗料が残っていれば再度密着する可能性は十分にあります。

更に施工後の屋根に何度も上がり縁切りを行う事で、屋根を汚す可能性もあります。

水染み タスペーサー

縁切り作業後の屋根からは水が流れました。見えない所での雨水の滞留ですので、実際どのように水が廻り、どこから雨水が浸入しているのか分からず大変危険な状態です。

毛細管現象による雨漏りを防ぐためには?

毛細管現象を起こさないようにスレート屋根の塗装では必ず、縁切り作業が必要になります。そこでタスペーサーという専用部材があるのです。

タスペーサーとは屋根と屋根の隙間に差し込むことで意図的に空間を作り、屋根材の密着を防ぎます。屋根材1枚に対し、1枚設置(シングル工法)と2枚設置(ダブル工法)がありますが、確実に隙間を作る事ができるダブル工法を推奨しています。

取付は下塗り塗装の後に行います。全てのスレート屋根に必要というわけではありません。屋根材の隙間が4㎜以上ある場合にはタスペーサーを取りつけても滑落してしまいますし、元々空間が設けられていますので設置の必要性がありません。

このように屋根の劣化状態を確認した上で縁切りの有無も変わりますので、しっかりと点検をする必要があります。

 

今回はエスパッターで縁切り作業を行い、屋根内部に水が溜まらないように施工しました。既に雨水の通り道が出来ている場合は雨漏りの再発もあるかもしれませんが、塗装したばかりで費用を掛けたくないという事で様子を見させて頂きます。

塗装と言えども、雨漏りの原因となるような原因にも繋がりかねません。

正しい施工をする業者の選定、屋根塗装の際の注意点を理解し、メンテナンスに取り掛かりましょう。

街の屋根やさん本社

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒299-0261
        千葉県袖ヶ浦市福王台2-21-10 セントラルビル1F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      屋根工事メニュー

      屋根の雨漏り対策

       街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      詳しくはこちら

       
       

      お客様からのQA一覧

      屋根の雨漏り対策

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      詳しくはこちら

       

      会社概要

      屋根の雨漏り対策

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      詳しくはこちら

      無料相談受付中

        「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
        点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
        些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742
      ページのトップへ