街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

お客様からのQ&A

土浦市から雨漏り修理の調査依頼を受け、お伺いいたしました。

『街の屋根やさん』に届いたお客様からの疑問やご質問を、ご紹介させていただきます。

水戸市|のお客様からのご質問
街の屋根やさんからの回答

いろんな箇所で雨漏りの手を入れたのがわか


ますが、決定的な結論が出ないまま試行

錯誤で雨漏りに対照したのでしょゆね。

この場所はウレタン防水工事をしておられ

ますが、既にこの防水工事は効用が無く

なっております。

従って、今回はFRP防水工事(ガラス繊維

の防水工事)をお勧めしたいと思います。






この部分からも雨漏りがしているのではないか


とかんがえられます?

床の部分がブヨブヨでウレタン防水が効き目を

全く発揮しておりませんので、この様に雨水が

集中する場所が一番雨漏りを起こすヶ所に

考えられます。

室内の状況を撮影いたしました。


雨の日には、お客様に雨水が掛かる事も

あるんだそうです、本当にお困りに成って

居られるんでしょうね。

お客様もこの様な場所では遊戯をしたくない

でしょうから、一日も早く雨漏りを止める

必要があります。

この場面は、立樋を止めている金具の部分が


朽ちて穴があいていたんだと、思われます

その部分に白いコーキングを詰めた跡を

見る事が出来ます。

この場所でくっきりと見る事が出来ます白い


部分がウレタン防水が効き目をなくしている

部分です。

足で踏みますとブヨブヨに成って居り、誰もが

直ぐ納得すると思われます。

この部分は上から雨水が落ちてくる場所で


この部分も雨漏りの原因の場所として考え

られます。

雨水が集中する場所は全てウレタン防水が

効用を無くしており、床面だけじゃなく床の

立ち上がり部分と外壁の間からも雨漏りが

考えられます。

その他水戸市のお客様からのQ&Aはこちら 関連するQ&A Q&A一覧はこちらから
[contact-form-7 id="6415" title="Q&A用フォーム"]

無料相談受付中

  「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
  点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
  些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742
ページのトップへ