ボタン

屋根工事に使われるベニヤ、コンパネ、構造用合板の違いと用途

2018年10月18日、台風25号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

2018年10月18日、台風25号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

 

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/18更新】

 大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

更新日:2018年1月24日

屋根工事に使われる材にはさまざまなものがありますが、本日はベニヤ板、コンパネ、構造用合板について触れてみたいと思います。
一般的な工事でも良く使われますが、屋根工事においては屋根葺き替え工事の時に張り替える野地板になったり、軒天板や破風など様々です。しかし、ベニヤとコンパネ、構造用合板といってもどこに違いがあり、また用途の違いについても説明できる方は少ないと思います。

軒天に使われるベニヤ板 屋根葺き替えの野地板に使われるコンパネ

 

それぞれの材についての違い


・ベニヤ
一枚の薄い板(単板)をベニヤといい、それが3枚以上合わさったものをベニヤ合板と呼びます。軒天板などに使われます。
(基準となるサイズは910mm × 1820mm、厚さは約2.4mm、価格は1200円~)

・コンパネ
コンパネは略称で、正式にはコンクリートパネルといいます。コンクリートの型枠に使われることからこのように呼ばれていますが、屋根工事では野地板にコンパネを使うことがあります。一般的に五層の板が合わさっています。
(基準となるサイズは900mm × 1800mm、厚さは約12mm、価格は2000円~)

・構造用合板
こちらも板を合わせて一枚の板として使用できるものですが、ベニヤやコンパネよりも強度があり、構造用の下地に使われます。例えば壁面のクロスの下地材に使われます。
(基準となるサイズは910mm × 1820mm、厚さは約5.5mm〜28mm、価格は2800円~)

 

合板に使われる接着剤にも違いがある


接着剤により耐水性や人体への影響などの違いがあります
フェノール樹脂接着剤やメラミン樹脂接着剤は耐水性があり、主に雨など湿気の影響を受ける屋外に使われます。また、内装などそこまで湿気にさらされる環境でない箇所にはユリア樹脂接着剤の合板が使われます。
接着剤による人体の影響として、ホルムアルデヒドの放散等級による違いがあります。フォースターと呼ばれる「F☆☆☆☆」のような表記で合板に書かれていますが、Fはホルムアルデヒドを表し続く星の数で、この星の数が多ければ多いほど人体に影響が少ないものです。グレードはF☆からF☆☆☆☆まであります。
ホルムアルデヒドはアレルギーの原因となりますので、できるだけグレードの高いものを使った方が人体に優しいといえます。

 

合板のフォースター表記 防水工事に使われるコンパネ

ベニヤ、コンパネ、構造用合板をそれぞれ比較すると、どのような用途に使うべきかの判断にもなります。DIYなどでの使用でもその違いを考え、屋外だから耐水性の高い接着剤が使われている合板を使う。屋外用なのでホルムアルデヒドの放散等級はそれほど重要視しなくてもよいか。といった感じで考えらるようになります。

屋根工事においても部位の補修ごとに最適な材を選ぶのはもちろんのこと、お客様のご要望をもとに最適な工事をご提案いたします。これから屋根のリフォームをお考えの方はお気軽に弊社にお問い合わせください。

この記事と共通の工事内容の「新人のリフォーム学ブログ」

2018/02/16  屋根の基本、耐久性とメンテナンスの方法をご紹介

   お家の屋根がスレート屋根という方、スレート屋根ってどのくらいメンテナンスをしなくても良いのだろうかと疑問に思ったことはないでしょうか。 外壁は約10年ごとに塗り替えのメンテナンスを行いますが、屋根も同様なのでしょうか? 屋根の状況はご自...続きを読む

2018/02/1  お家の屋根、雪対策を行っていますか?屋根の雪対策をご紹介

   皆さんのお家の屋根は雪対策を行えていますか? 特に、滅多に雪の降らない地域では、雪が積もることはないから大丈夫だと考えていませんか? 最近では都心で積雪を観測したり、2月1日~2日も夜から朝にかけて雪が降ると予測されています。 屋根に...続きを読む

2018/01/26  アパートやマンションをお持ちの方に知っておいてもらいたい防水工事

   アパートやマンション、ビルの陸屋根、ベランダ、バルコニーなどに施す防水施工を防水工事といいます。 アパートやマンションの管理人さんの中には、そろそろ、防水工事を考えてみませんかと勧められたこともあるのではないでしょうか。 そういった際、...続きを読む

この記事と共通の工事内容の現場ブログ

2018/10/16  君津市で台風の影響を受けた瓦屋根の谷が崩れ、瓦も落下

   君津市にお住まいのお客様は台風24号通過後の翌日、ご自宅の屋根から瓦が数枚落下していることに気付いたそうです。夜中に台風が通過したせいで、翌日まで被害が出てきているとは知らなかったそうです。 台風の影響で落下した日本瓦   屋根か...続きを読む

漆喰が剥がれている

2018/10/7  横浜市西区で瓦屋根の調査から漆喰剥がれや防水紙劣化が発覚、改善のため屋根葺き替え工事をご提案

   業者に勧められたラバーロック方法が最適な工事なのか? 本日ご紹介いたしますのは横浜市西区で行った瓦屋根の調査です。お問合せのきっかけは他社に調査を依頼したところラバーロック工法を提案されたそうです。ラバーロック工法とは瓦がずれや隙間からの...続きを読む

葛飾区で行った屋根塗装前の点検でスレートの剥離を発見!傷んだスレートの塗装について考える

2018/09/27  葛飾区で行った屋根塗装前の点検でスレートの剥離を発見!傷んだスレートの塗装について考える

   塗装時期を判断する上で年数よりも屋根の状態に注目しましょう 本日は葛飾区で行った屋根塗装前の点検の様子です。街の屋根やさんでは塗装をする前に状態を確認し、どのような工事が最適か判断した上でお客様にご提案いたします。普段は屋根の状態はあまり...続きを読む

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742