ブログ

施工事例

お客様の声

動画で確認!屋根工事

街の屋根やさんおすすめ屋根材

ご連絡先はこちら

街の屋根やさん山口下関店

〒751-0877
山口県下関市秋根東町2番26号

会社概要はこちら

街の屋根やさん周南店

〒745-0044
山口県周南市千代田町7-3 SUNTEX千代田ビル

会社概要はこちら

ボタン

下松市で壁際の水切り金具が浮いて隙間ができている屋根を点検しました

更新日:2019年5月13日

色褪せたカラーベスト屋根

下松市でカラーベスト屋根の点検を行いましたので、紹介します。
カラーベストは、スレート屋根のことで、屋根材メーカー最大手であるケイミュー株式会社が販売するスレートのブランド名です。
カラーベストは、セメントを原料として繊維で補強し平板状に固めてできています。
セメントなのでカラーベスト自体の防水性は低く、表面の塗膜が雨水から保護しています。

カラーベスト屋根の軒先のコケ

カラーベストが色褪せて、軒先には苔が発生しています。
カラーベストの色あせは塗膜が劣化したサインです。
美観を損なうだけでなく、雨水が屋根材に浸透することで、塗膜の剥がれや屋根材の浮き・反りにつながってしまいます。
軒先は雨樋があるため湿気が溜まりやすくコケ・カビ・藻が発生しやすい箇所です。
コケが水分を含み、屋根材が濡れた状態が長く続くことで、カラーベストの劣化を加速させてしまいます。
塗膜剥離や屋根材のひび割れもなく、築年数が10年以上経過していることを考えれば、比較的良い状態でした。

取り合い部分の水切り金具の浮き

壁際の板金が浮いて隙間ができています。
屋根と外壁などの違う部材同士が結合される部分のことを「取り合い」と呼びます。
この取り合い部分は、建物の中でも雨漏りが起きやすい箇所なので注意が必要です。
取り合い部分の水切り金具が浮いて、屋根材との間にできた隙間から雨水が浸入する可能性があります。

モルタル外壁の塗膜の浮き

モルタル外壁は、吹き付けたリシンが浮いていました。
水分が染み込んで湿気を含んだ空気が塗膜を押し上げることで発生します。
塗膜が劣化しており、放置していると膨れが広がってしまうため早めのメンテナンスが必要です。
塗膜劣化のサインであるチョーキング現象(手に白い粉が付く現象)も発生していましたので、外壁の塗装を提案しました。

屋根・外壁塗装工事の流れはこちらをご覧ください

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      E-Mail machiyane@housedoctor.jp
      株式会社ハウスドクター山口
    1. 〒751-0877
      山口県下関市秋根東町2番26号
  • 街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      E-Mail yane-shunan@suntex-yamaguchi.com
      株式会社サンテックス
    1. 〒745-0044
      山口県周南市千代田町7-3 SUNTEX千代田ビル
  • お問い合わせはこちらから

    経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

    街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

    安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

    お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

    瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

    街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

    屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

    お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

    信頼の施工実績一覧

    弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

    街の屋根やさんへようこそ!会社概要

    弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

    0120-989-742
    0120-989-742
    0120-989-742