ブログ

施工事例

お客様の声

動画で確認!屋根工事

街の屋根やさんおすすめ屋根材

ご連絡先はこちら

街の屋根やさん山口下関店

〒751-0877
山口県下関市秋根東町2番26号

会社概要はこちら

街の屋根やさん周南店

〒745-0044
山口県周南市千代田町7-3 SUNTEX千代田ビル

会社概要はこちら

ボタン

光市でトップコートが色褪せたシート防水の陸屋根を点検しました

更新日:2019年4月15日

シート防水の屋上

光市にお住まいのお客様よりお問い合わせがあり、現地調査に伺いました。
お客様のお家の屋根は陸屋根という形状でした。
陸屋根は、勾配がほとんどなく雨水が溜まりやすいため、他の形状の屋根と比べて雨漏りのリスクが高い屋根です。
防水層の劣化だけでなく、排水口の詰まりも雨漏りの原因になります。
砂や土、落ち葉、飛んできたビニール袋などでも詰まり、雨水が溜まり、雨漏りにつながります。
そのため、定期的な点検をすることが大切です。

シート防水の屋上

屋上の防水には種類があり、既存の防水はシート防水でした。
シート防水は、ゴムや塩化ビニールなど防水性のあるシートを張る防水です。
一般的にシート防水の耐用年数はゴムシート防水で10年~15年程度、塩ビシートであれば10年~20年程度です。
基本的にどの防水でもチェックするポイントは同じで、排水不良や防水層のひび割れ、剥がれを見ていきます。

シート防水の色褪せ

防水層の上には、劣化の原因となる紫外線などから保護するためにトップコートが塗られています。
そのトップコートが色褪せて、触ってみると表面がざらついていました。
色褪せや表面のざらつきは、トップコートが劣化している証拠で、メンテナンス時期の目安となります。

立ち上がり部のシートの劣化

立ち上がり部の劣化です。
シート防水の表層が傷んで割れています。
コーキングで補修した跡がありますが、コーキングの劣化も激しく、近いうちにシートが破断する可能性があります。
シートが破断すると雨漏りの原因になります。

パラペットのコーキングの劣化

パラペットのコーキングが剥がれて隙間が見えていました。
隙間から雨水が侵入するため、早急にコーキングで補修する必要があります。
パラペットは防水層との間につなぎ目ができるため、雨漏りのリスクが高い箇所です。

ウレタン塗膜防水でのメンテナンスを提案させていただきました。

続きはこちら

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      E-Mail machiyane@housedoctor.jp
      株式会社ハウスドクター山口
    1. 〒751-0877
      山口県下関市秋根東町2番26号
  • 街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      E-Mail yane-shunan@suntex-yamaguchi.com
      株式会社サンテックス
    1. 〒745-0044
      山口県周南市千代田町7-3 SUNTEX千代田ビル
  • お問い合わせはこちらから

    経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

    街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

    安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

    お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

    瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

    街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

    屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

    お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

    信頼の施工実績一覧

    弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

    街の屋根やさんへようこそ!会社概要

    弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

    0120-989-742
    0120-989-742
    0120-989-742