ボタン

藤岡市上大塚で雨樋の撤去後のPC50シビルスケアの施工

2018年11月13日、台風21号・24号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

2018年11月13日、台風21号・24に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

 

【台風21号、台風24号で被災された方へ 11/13更新】

 台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在も台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
 台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

更新日:2018年11月9日

今日の現場は藤岡市上大塚にお住まいのE様邸。自分の会社も藤岡なので近いですね。既存の雨樋を別日に撤去しました。今日は雨樋の施工です。竪樋は既存の物のままでという事で引き込み部分の竪樋だけ交換しました。もともとパナソニック製半丸105という雨樋がついていたのですが雪害にて落下。誰もケガがなくてよかったですね。半丸105は軒樋の受け金具がステレンス製のため荷重がかかると重さに耐えられず変形してしまうことがあります。積雪地域ですと通常の受け金具よりも厚みのある物が使われています。そして通常の物ははめて爪を潰して固定するのですが積雪地域だとはめてステンレス線なので固定します。積雪地域の人々は雪の積雪で破風板や垂木などが破損するよりも雨樋が壊れるようにするみたいですね。また最初から雨樋をつけなかったりするそうです。積雪の荷重で壊れるのが前提なんですね。今回施工する雨樋はパナソニック製PC50シビルスケアという製品です。PC50シビルスケアは色あせしにくアイアンなので夏の炎天下や冬の寒さにおいても膨張、縮小、変形がほとんどありません。また受け金具は高強度、耐寒性に優れたポリカネート吊り具です。

続きはこちら

お問い合わせはこちらから

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742