ボタン

富岡市で築3年テラスの増築に伴い雨樋の縦樋をくさり樋に変更工事

2018年11月13日、台風21号・24号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

2018年11月13日、台風21号・24に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

 

【台風21号、台風24号で被災された方へ 11/17更新】

 台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在も台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
 台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

更新日:2018年11月9日

富岡市で、テラスの増築と、雨樋の工事を行いました。テラスの素材は人工木材を使用しました。人工木材にすることで床材の腐食を抑える効果が期待できます。また、腐食を防ぐことで、とげ、などによるけがも防ぐことが、できます。小さなお子様が、おられる家庭では、大きな安心、安全になることは、何よりです

軒金具の設置するところは、外壁材を交換しました。また、今回の物件は、破風板のないタイプとなるために、金具の受けとなる場所には、貫板を施工しました。勾配は、目立たないように少なめで、付けました。ビスはもちろんステンレス製を使用しています。

工事は、足場の代わりに脚立を使用しました。不安定な作業になるので、周りに注意して安全に作業します軒樋は、PanasonicのPC50を使いました。お客様の希望で、あまり目立たないようにとのことで、おすすめしました。金具は、強化プラスチック製を使用しています。

くさり樋の取り付けです。今回PC50に施工できるタイプを使用しています。Panasonicのくさりは、プラスチックでできています。くさり樋用のドレンは、幅は、軒樋よりも少し大きいため樋の芯で穴を開けて、受けになる部品をすこし加工しました。

くさり樋は、一つ一つのパーツが、ばらせるようになっています。GLの高さまで、調整して、右に見えるおもりを取り付けます。風で、結構くさりが動くので高さ調整は、重要な作業になります。

続きはこちら

お問い合わせはこちらから

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742