ボタン

高崎市新町で屋根の葺き直し工事

2018年11月13日、台風21号・24号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

2018年11月13日、台風21号・24に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

 

【台風21号、台風24号で被災された方へ 11/17更新】

 台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在も台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
 台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

更新日:2018年11月9日

屋根の葺き直し工事をしています。高崎市新町の現場です。前回、既存の瓦、瓦桟木を撤去しルーフィングが現しの状態にまでしているので今回は野地板張りからになります。葺き直しで既存の野地板は乗っかったままなので少しでも屋根に重量負荷をかけない為に12㎜厚の物を使い垂木に留めていきます。

次に下葺き材となるルーフィングを張っていきます。こちらが防水シートになるので板金を葺くところ全部に敷き詰めていきます。ルーフィングの上にガルバリウム鋼板を葺いていき、それと同時に雪止めも取り付けていきます。切妻屋根なので谷はなく軒先水切りやケラバ水切り、雨押えといった役物を取り付け大棟残しの状態にします。

平場が葺き終わるとこのようになります。そしたら大棟に芯を出しそれを基準に下地の貫板を留めていきます。

そこに棟包みを被せ留めていくとこのようになります。ジョイント部には密着性を高める為にシーリングを塗っておき一番端となる部分は現場で加工し止めにします。今回、使用したガルバリウム鋼板ですが一概にガルバリウム鋼板と言っても色んな種類があります。この現場で使わせていただいたのはヒランビー220一般タイプで色がスチールブラックになります。一度屋根を気にして見てみて下さい。良く使われている商品なのですぐ目に入ると思います。

お問い合わせはこちらから

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742