ボタン

藤岡市で棟板金と貫板の交換を行いました。

2018年11月13日、台風21号・24号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

2018年11月13日、台風21号・24に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

 

【台風21号、台風24号で被災された方へ 11/13更新】

 台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在も台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
 台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

更新日:2018年11月9日

藤岡市でまずは、既存の棟板金と貫板の撤去をしました。この写真は、棟板金の撤去を行う前の屋根の様子です。屋根と棟板金の間が少し隙間が空いてる箇所がいくつかありました。少しの隙間でもそこから雨水が浸入して中の貫板などの劣化を進めてしまいます。

次は、貫板の撤去の途中段階の様子です。貫板の劣化が結構進んでしまっています。これをこのまま放置してしまうと上に被せてあった棟板金が浮いたり、剥がれたりしてしまいます。また、台風が万が一起こった時飛んでいってしまうなどの被害が出てきてしまいます。

全ての撤去が終わった時の屋根の様子になります。撤去後は、綺麗に清掃します。その際に、雨漏りが起きてしまいそうなところに関しては、しっかりと補修作業を行います。

新しい貫板と棟板金を設置していきます。一番左の写真が貫板の設置をしている時の様子です。貫板は、棟板金を被せるための土台となる部分なのでしっかりとずれがないように固定しておきます。貫板の固定をしたら、次に新しい棟板金を貫板の上に被せて固定していきます。その時の写真が真ん中です。写真の左側に見えるものは、棟板金をくっつけるためにコーキングを塗るためのものになります。一番右の写真がコーキングを塗った時の様子がアップでわかりやすくなってます。コーキングはくっつける際に下になる方の棟板金に塗ります。そしたら、上になる方の棟板金と先ほどコーキングを塗った棟板金をくっつけます。隙間ができないように調整を行いながら、全ての固定が完了したら終了になります。

続きはこちら

お問い合わせはこちらから

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742