ブログ

施工事例

お客様の声

動画で確認!屋根工事

街の屋根やさんおすすめ屋根材

ご連絡先はこちら

街の屋根やさん福山店

〒720-0092
広島県福山市山手町4丁目22番43号

会社概要はこちら

街の屋根やさん広島西店

〒731-5108
広島県広島市佐伯区石内南1丁目21-11

会社概要はこちら

街の屋根やさん広島呉店

〒737-0125 
広島県呉市広本町2丁目14−24

会社概要はこちら

ボタン

呉市 日本瓦屋根の一部が崩落‼至急現場に復旧工事に伺いました

台風15号で建物にダメージを受けた方へ

台風15号で建物にダメージを受けた方へ

更新日:2019年9月11日

屋根一部崩落

本日も「街の屋根やさん広島呉店」のブログをご覧頂き有難うございます

今回は、塗装工事中のお家より屋根の一部が落ちたので、何とかして欲しいとお困りにご連絡を受けたので、至急呉市のお客様の元へ伺いました

現場に急行した時は、すでに屋根の一部が崩落した後でしたが、誰も怪我人が居なかったのが幸いでした。雨漏りしていたようですが、塗装工事している職人さんは気付かないまま屋根の端に乗って作業していたら屋根ごと落ちてしまったようです。
当日は、過不足のあるものを計算して後日、大工さんに下地を作って貰うまで待っていました。

屋根下地工事

後日、下地ができたとの連絡を受け、復旧工事に伺いました。

すでにできた屋根下地の上には防水紙が貼られ、塗装工事用の破れにくい養生ビニールシートが貼られた状態でした。

まずは、養生シートを外して、既存の屋根と同じ寸法になるように屋根下地に設計図のように下書きをしていきます。

屋根崩落復旧工事

書いた記しに合うように瓦下地の桟木を固定していきます。

桟木には後から付ける瓦を固定する役割があるので、屋根下地の垂木と呼ばれる少し太い木材に向けて釘を固定していきます。

見掛け瓦工事

不足の瓦は新しく差し替えたりしたので、完全な葺き直し工事とは違いますが、屋根が崩落する前の状態にだいぶ近づきました。

5寸丸下地工事

ケラバに近い袖瓦の横には半分丸い瓦(5寸丸瓦)を取り付けます。

棟を作る際と同様に屋根下地に銅線を固定して、最終的に仕上げになる丸い瓦(5寸丸瓦)を固定するのに使用します。

5寸丸下しっくい工事

袖瓦と地瓦(平面に固定する通常の瓦)との間に隙間があるので、埋めるように南蛮しっくい(シルガード)をしっくい工事していきます。

続きはこちら

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      E-Mail yanefukuyama@sky.megaegg.ne.jp
      畑建設株式会社
    1. 〒720-0092
      広島県福山市山手町4丁目22番43号
  • 街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      E-Mail infoyane@gojyou.jp
      株式会社ゴジョウ
    1. 〒731-5108
      広島県広島市佐伯区石内南1丁目21-11
  • 街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      E-Mail hiroshimakure@11yane.co.jp
      有限会社吉井瓦商店
    1. 〒737-0125 
      広島県呉市広本町2丁目14−24
  • お問い合わせはこちらから

    経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

    街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

    安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

    お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

    瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

    街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

    屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

    お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

    信頼の施工実績一覧

    弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

    街の屋根やさんへようこそ!会社概要

    弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

    0120-989-742
    0120-989-742
    0120-989-742