街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

稲沢で伏せ替え工事の依頼が有ったので工事させて頂きますました。3

更新日:2017年7月15日

今回は棟積です。

所定の場所におにを固定します。
鬼の形や大きさによって幅や高さ(何段積むかという事です)が決まって来ます。
のし瓦は雨が中に入らない様に棟芯から外側に向かって勾配をつけながらナンバン漆喰でのし瓦を伏せていきますがこの勾配一つにしても瓦を葺く職人さんのこだわりが屋根の表情を変えます。

棟は耐震工法で、強力棟で人口垂木を固定しています、のしの1段目は、その垂木に銅線で固定しています。

2段目以降は、写真のとうりクリップで固定しています。

最終的な棟の役物瓦を、棟芯に入れた人工木垂木にビスで止めます。

和形の棟の、耐震工法はこういった感じで固定して行きます。
粘土瓦は、重たいと敬遠されがちですが、一番メンテナンスが必要無い屋根財なのです。
板金の屋根やスレート葺の屋根は建物の状況によりますが、5年から10年の定期的なメンテナンスが必要です。
それは表面の塗装の寿命や、立地条件で変わります。
勿論粘土瓦もメンテナンスが必要ですが、とても長い月日を要します。

続きはこちら

屋根工事メニュー

屋根の雨漏り対策

 街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

詳しくはこちら

 
 

お客様からのQA一覧

屋根の雨漏り対策

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

詳しくはこちら

 

会社概要

屋根の雨漏り対策

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

詳しくはこちら

無料相談受付中

  「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
  点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
  些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

ページのトップへ