ブログ

施工事例

お客様の声

動画で確認!屋根工事

屋根トラブル110番

ご連絡先はこちら

街の屋根やさん鹿児島店

〒892-0841
鹿児島県鹿児島市照国町11-20-4階

会社概要はこちら

ボタン

鹿屋市東原町にて和型セメント瓦の部分葺き戻し・棟の積直しNo.4

更新日:2020年2月12日

  鹿屋市東原町にて和型セメント瓦の部分葺き戻し・棟の積直しを行った様子をご紹介いたします。葺き戻しは既存の瓦を再利用し下地(傷み具合によって垂木、瓦座や広小舞などの細部、合板や野地板など)や下葺き材のルーフィングシート、瓦留めの桟木を交換する工法になります。

前回のブログでは桟瓦を葺き終えた所までご紹介しましたので、棟を積み直す様子をご紹介いたします。

セメント瓦 棟 積直し

 O様邸の棟は何種類もの瓦を組み合わせて10段積んであります。棟のほとんどを占めていて代表的なのし瓦の中にも平のしや大のし、台のし、紐のし、面戸のし、装飾のしの一つである輪のしなど様々で、万十軒瓦を切ったものや最後に被せる冠瓦の5寸紐丸などそれぞれに役割や意味があり、積み重なることで棟としての機能を発揮することになります。いろんな住宅や社寺を見ているとその組み合わせから成る個性の違う棟が見れて楽しいものです。


既存の棟はモルタルで積んでありましたが、南蛮漆喰で積んでいきます。南蛮漆喰とは漆喰に油分や土、粘土などを混ぜ込んだもので漆喰のように練り上げる手間がいらず葺き土やモルタルの代わりになるので最近ではほとんどの瓦屋さんが使っているのではないでしょうか。

セメント瓦 棟 積直し

  棟は固定用の木などにステンレスや銅の番線で瓦に通して固定しながら積んでいきます。10段にもなるとその作業は先の見えない作業でものすごく大変です。しかし棟が高い分風や揺れの影響も大きくなるのでしっかり固定していきます。

既存の棟をばらしていく際にモルタルで積んであった影響で瓦に密着し壊さないと取れない瓦がどうしても出てしまいました。葺き直し、積直しのデメリットでもありますが同じ寸法の瓦が見つからず若干のずれが出てしまい仕上がりが少しフラットではなくなってしまうことがあります。
 積み直したら素瓦を使ったので新しい瓦を塗料でタッチアップし、冠の番線を通した穴などにコーキング処理を行い完了です。

続きはこちら

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      E-Mail yane-kagoshima@skhouse.jp
      エスケーハウス株式会社
    1. 〒892-0841
      鹿児島県鹿児島市照国町11-20-4階
  • お問い合わせはこちらから

    外壁塗装 屋根塗装の工事後アンケート

    工事後のアンケートに答えていただきました!

    | 外壁塗装 屋根塗装

    工事後お客様の写真

    経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

    街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

    安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

    お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

    瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

    街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

    屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

    お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

    信頼の施工実績一覧

    弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

    街の屋根やさんへようこそ!会社概要

    弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

    0120-989-742
    0120-989-742
    0120-989-742