ボタン

岸和田市で屋根の棟板金が落下し雨漏りの心配をされていました!

2018年11月13日、台風21号・24号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

2018年11月13日、台風21号・24に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

 

【台風21号、台風24号で被災された方へ 11/17更新】

 台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在も台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
 台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

更新日:2018年11月9日

岸和田市のK様より「台風で屋根の端っこのトタンがとんでしまったんです」とご相談いただき、現地調査にお伺いしました」


K様邸の屋根はスレート屋根で、トタンとは屋根の棟板金のことでした。

台風がおさまってから表に出ると玄関先にこの板金が落ちていたそうです。


棟板金とは屋根の頂点の山状になった部分に被せて取付ける板金のことで、これが無いと瓦の内側に雨水が廻ってしまいます。


屋根に上がって確認すると、下り棟(軒先に向かって下りる棟)の板金が2枚落下していたことが分かりました。下地の貫板がむき出しになっています。

このままでは山状の隙間から少なからず雨水が入ってしまいます。
瓦の内側に雨水が入っても、下にルーフィングという防水シートがありますのですぐには雨漏りしません。(ルーフィングが傷んでいない場合)
ですが、ルーフィングを釘留めしている部分からじわじわと雨水が浸入することはあります。


棟板金は下地の貫板に向かって釘留めされていますが、強風や地震などの揺れの影響で月日と共に少しずつ抜けてくることがあります。
この釘が緩んでくると、板金が飛散しやすくなってしまいます。
次に棟板金を復旧する時は、釘は使わずに、錆びに強いステンレスのビスネジでしっかりと固定します。
もちろん既存の板金の緩んでいる釘は打ち直して、上にコーキングを充填して抜けてくるのを防ぎます。

続きはこちら

お問い合わせはこちらから

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742