ボタン

愛知県 大府市|大屋根にある棟の漆喰がはがれてきたので補修をしました。

2018年10月18日、台風25号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

2018年10月18日、台風25号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

 

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/18更新】

 大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

更新日:2018年8月10日

愛知県 大府市|大屋根にある棟の漆喰がはがれてきたので補修をしました。家を建ててから17年ほど経つと言われました。家の中もあちらこちら傷んできて直さないといけないのですができていないとお客様。。。屋根だけは雨漏りするといけないので気になっていたと言われました。

まずは屋根に登って診断を致しました。瓦の状態はまだ大丈夫でしたが、漆喰が経年劣化により剥がれていきて傷んでいました。まだ雨水の浸入はなさそうですがこれ以上傷む前にされるほうが簡単に済むと思います。

日本瓦屋根(粘土屋根)でも経年劣化を起こしてくると隙間などができてそこから雨水が浸入します。浸入箇所によっても症状は違いますが、基本的に雨漏りと言う症状を起こします。屋根の下地や最悪は躯体部分をも腐食させる原因となりますので劣化を起こした部分は早めのメンテナンスをしてあげる方がよいと思います。

今回は施工工程はお見せしませんでしたが、簡単にご説明いたします。まずは既存の漆喰をある程度除去した後につる首と呼ばれるコテでしっかりと埋めていきます。

近くで見てもきれいですね。これでまた10年は大丈夫です。本来は部分的に剥がれたのであれば部分補修と言うのでもよいのですが、今回は全体的に剥がれているところが多かったため全部補修に致しました。

続きはこちら

お問い合わせはこちらから

街の屋根やさんへご依頼頂いたお客様の声

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742