ボタン

名古屋市緑区|本格的な梅雨前に屋根をみてもらえますか?

2018年10月18日、台風25号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

2018年10月18日、台風25号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

 

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/18更新】

 大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

更新日:2018年6月13日

名古屋市緑区にお住いのお客様から、本格的な梅雨に入る前に屋根を見てもらえますか?という連絡がありました。


まだ晴れ間が多いので、今のうちにと思われたそうです。


築40年になる和瓦のお宅です。

こちらは、下屋根になります。


以前に、ラバーロックをされていました。瓦をコーキングで固定する工事です。


ちょっと雑なのが、瓦の浮きをそのままの状態で止めてしまっている所です。


影が濃くなっている所が浮いている部分です。

ここは、雨押さえと言う壁際の部分です。


ここも、瓦の重ねの部分で本来隠れている部分が見えています。


瓦がずれたまま固定されています。


本当に残念です。


お客様は、高い予算をかけているのに、これでは可哀想に思います。

雨押さえのところには、のし瓦と言う平らな瓦が2段ありますが、1箇所外れてしまっている所があります。


瓦が外れてしまうと、中の土が見えてしまい、土が流れてしまうと雨漏りに繋がってしまいます。

ここも下屋根の部分になりますが、ケラバがずれて段になっています。


こんな小さな部分にも、きちんと雨樋を付けています。


ちょうど雨樋を付けている部分の壁際が複雑になっていますので、雨を当てたくない場所ですので、短い樋も役目があるんです、



ここは、屋根と言うよりも壁の方が気になります。


屋根との取り合いの部分が黒く染みになっています。


これは、外壁の防水が切れて、水を吸ってしまいカビが生えているんです。


壁のお手入れも必要な状況ですので、是非ご検討して頂きたいと思います。

続きはこちら

お問い合わせはこちらから

街の屋根やさんへご依頼頂いたお客様の声

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742