ボタン

枚方市 下屋根と庇の壁際水切り板金取り付け工事、屋根材はMFシルキーです。

2018年10月18日、台風25号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

2018年10月18日、台風25号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

 

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/18更新】

 大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

更新日:2018年2月14日

昨日までに頑張って下屋根と庇の本体工事が完了していましたので本日は最終の壁際水切り板金の取付け工事です。


MFシルキーへ葺き替え工事、前工程のブログはこちら

今回は葺き替え工事なので既存の壁際水切り板金は残した状態で新しい板金を取付けます。

新築だとこの壁際水切り板金を設置した後にモルタルを塗って仕上げることが出来ますが、葺き替えだとモルタルをカッターで切り取り板金を外した後にまた新たに左官仕上げという流れになります。そうすると工事費用がかかるので今回は外さずに施工していきます

先ず壁際板金を固定するための胴縁という木をビスで固定していきます。棟板金はヌキ板ですが幅が違うので場所により使う木も違ってきます。

その上に壁際水切り板金を専用のビスで固定していきました。


家の入り隅部です。

雨が怖い所なので、丁寧な作業が必要です。
これで見た目は仕上がっていますが、既存の水切り板金が丸見えでせっかく綺麗に出来たとしても台無しになります。

その為に既存の水切り板金を隠すための工事をしていきます。

既存の水切り板金を曲げてビスで戻らないように止めていきます。
万が一吹き降りなどにより壁に当たった水が入ったとしても新しい水切り板金に流れるようにしていきました。

続きはこちら

お問い合わせはこちらから

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742