ボタン

宮崎市清武町今泉。コロニアル屋根瓦カバー工法工事と外壁塗装。1日目です。

更新日:2019年6月11日

先日、仮設工事や足場仮設を行った現場高圧洗浄工事を行いました。
もちろん、洗浄工事の前日までにはお客様のご近所さまへのご挨拶も完了しています!
(ご挨拶をしておかないと、洗浄工事当日に現場へ着き足場にあがり、いざ洗うぞ~~!って見渡すと洗濯物が!!!みえる~!!!!と、非常に大変なことになりマス。最悪、その日の工事は全てストップなんて事にも)

今回はガルバリュウム鋼板によるカバー工法工事と外壁塗装工事です。
通常、ガルバリュウム鋼板でカバー工法工事を行う場合は高圧洗浄工事は行いませんが、
今回のお客様のご住宅北側屋根面にはコケ類がビッシリとありました。
さすがに除去しないと、タック付(接着剤付)のゴムアスルーフィングシートであっても密着していきません。

20190611_imaizumi_01

お客様のご住宅へ初めて点検にお伺いしたときの写真です。
北側コロニアル屋根にビッシリとコケが発生しています。
業務用高圧洗浄機で洗浄し、尚且つ取れていない部分は職人の手作業でこすり落としていきます。

20190611_imaizumi_02

高圧洗浄を行い、コケや古い屋根塗料塗膜が全て無くなりました。
元々黒色のコロニアル屋根瓦でしたが、その面影は無くなっています。

高圧洗浄工事の前後でここまで状況が変わる現場は珍しいかも知れません。
真っ白のコロニアル屋根瓦は屋根瓦の基材がむき出しの状況です。
もちろん、雨水は表面から十分に浸透し屋根瓦のウラへにじみ出ていたと思われます。
また、仮にこのまま放置していくと屋根瓦そのもの自体が吸湿乾燥の繰り返しにより変形をしていきます。
一般的なコロニアル屋根瓦塗装工法(シーラー+屋根トップコート2回塗り)でもし工事したとしても、通常メーカー発表の期待耐用年数、屋根瓦を保つことが出来るかと問われると、

“出来にくい”

と答えたくなる様な状況でした。そして今回お客様が、ガルバリュウム鋼板でカバー工法工事を選択して頂いたのは非常に良かったと思えた瞬間でもありました。


街の屋根さん宮崎店では、お住まいの屋根に関するあらゆる点検、ご相談、お見積もりは無料で承っております。
お気軽にお声を掛けて下さい。


気になる次の工事内容はこちらです。

続きはこちら

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      E-Mail yane-miyazaki@skhouse.jp
      エスケーハウス株式会社 
    1. 〒889-1602
      宮崎県宮崎市清武町今泉丙2620番地
  • お問い合わせはこちらから

    経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

    街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

    安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

    お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

    瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

    街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

    屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

    お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

    信頼の施工実績一覧

    弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

    街の屋根やさんへようこそ!会社概要

    弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

    0120-989-742
    0120-989-742
    0120-989-742