街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

橿原市で漆喰が剥がれている住宅で調査のご依頼を頂きました。

台風後の点検忘れずに!

台風後の点検忘れずに!

更新日:2017年4月21日

橿原市で屋根の漆喰(しっくい)が剥がれているので、調査をしてほしいとお問い合わせを頂きました。


既存の漆喰は剥がれている部分や雨漏りに繋がる可能性のある形跡を数カ所発見出来ました。

瓦は和瓦で耐久性の高いものでしたので、瓦の機能自体は問題ありませんでした。

漆喰を詰め直す事により雨漏りの可能性を抑える事が出来ますので、漆喰詰め直し工事を提案させて頂きました。

屋根の状態をご覧ください。

既存の漆喰の状態です。

漆喰は本来10年に一度に詰め直しを行います。

築23年ですので、23年間雨漏りを抑えていたのは、素晴らしい仕事をしています。

しかし劣化が始まり黒く変色し、中の土が出てきています。

放置をしておけば数年後、雨漏りを引き起こし屋根葺き替え工事をせざるを得なくなります。葺き替え工事になると足場が必要になり、費用も掛かります。

既存の瓦はまだ20年から30年は健康な状態を保つものですので、今回は漆喰詰め直しにより屋根の延命をします。

漆喰が大きく剥がれ落ちた部分です。


基本的に瓦の中は圧縮された土が入っています。

漆喰とは本来、瓦の中の土を守る目的で塗られています。

土が雨ざらしになる事により、渇きと湿りを繰り返し土が弱ってきます。

土が減る事により雨漏りを引き起こしたり、瓦が崩れて来たりしますので、早めの処置が必要になります。

続きはこちら

街の屋根やさん大和高田店

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      E-Mail info@protectionlife.jp
      プロテクションライフ
    1. 〒635-0041
      奈良県大和高田市田井106-5
  • お問い合わせはこちらから

    屋根工事メニュー

    屋根の雨漏り対策

     街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

    詳しくはこちら

     
     

    お客様からのQA一覧

    屋根の雨漏り対策

    お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

    詳しくはこちら

     

    会社概要

    屋根の雨漏り対策

    弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

    詳しくはこちら

    無料相談受付中

      「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
      点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
      些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

    0120-989-742
    0120-989-742
    0120-989-742
    ページのトップへ