ボタン

沼津市内、住宅の軒裏が悲惨な状態に

2018年10月18日、台風25号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

2018年10月18日、台風25号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

 

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/18更新】

 大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

更新日:2018年6月14日

軒裏のベニヤを張替えたり、塗装を塗り替えたりするにはすべて、作業足場が必要となります。

作業足場の費用は決して少額ではないので、足場を掛ける際には屋根の塗替えや外壁の塗替えなどを併せて行なってしまう事がほとんどです。
屋根の塗替えや外壁の塗替えも、そして軒裏の塗替えや張替えも、およそ同時期位になってしまいます。

軒裏のベニヤが経年劣化で剥がれてしまった所です。

新築して初めて外壁や屋根を塗装する時に一緒に塗る事がほとんどです。それから10年から15年目くらいに再度塗替えを、と計画した時には大体ががベニヤの単板が剝がれだす前兆で膨らんだ状態になっています。
こうなってしまうと、いくら塗装をしても手遅れです。
ご存知とは思いますが、ベニヤ板は木を薄くスライスした物を90度づつ向きを変えて一枚ごとに接着剤で貼って成形したものです。
その接着剤が年々接着強度が雨や湿度、温度変化の繰り替えし等により、強度が無くなってしまい、剝がれだしてしまいます。
そのような症状が正に今起こっている状態なのです。

ここ10年の範囲では、耐水ベニヤの使用は大幅に減り、それに代わって珪酸カルシウム板の5㍉厚に塗装するパターンがほとんどになってきました。

どちらも塗装をして強度を維持させますが、珪酸カルシウム板の方が強いです。

続きはこちら

お問い合わせはこちらから

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742