ボタン

雪で破損したテラスの雨樋の状態を調査しに伺いました|前橋市

2018年10月18日、台風25号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

2018年10月18日、台風25号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

 

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/18更新】

 大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

更新日:2018年2月15日

Y様邸南側の写真です。

ご依頼内容は、ガレージ上のベランダ鉄骨と木製テラスの塗装、テラスに取り付けてある雨樋と玄関庇に取り付けてある雨樋の交換です。

テラスや雨樋交換工事にあたっては足場が必要になりますので、まずは足場組みから始めます。

写真ではわかりづらいと思いますが、鉄骨のベランダ手摺りは、サビと塗装のめくれがみられます。

細かい部分が多いのでサンダー(研磨用の機械)よりもマジックロン(タワシのようなもの)などで、ケレン(下地処理)したほうがよさそうです。

ケレン後、さび止めを塗布し上塗りして仕上げます。木製テラスも多少の塗装めくれが見られます。
そのためケレン後、上塗り2回で仕上げます。

またテラスの軒樋が曲がって中央部分がたるんでいます。雪害よるものと思われ、ここを交換いたします。
保険の申請ができるようであれば、そちらもあわせて手配します。

テラスのアップ写真です。

こちらもわかりづらいですが、樋持ち金具も曲がってしまっています。
金具も新しいものに交換します。それと追加工事でテラス波板を2枚交換してほしいとご依頼がありました。

なぜかここだけ透明のポリカに交換されていませんでした。軒樋は塩ビの半丸105でOKです。

玄関庇の縦樋が現状写真のようになっています。、

庇(ひさし)の雨水を縦樋を塀に架けて、敷地の外に流しています。
この縦樋をまっすぐ下にもってきて、玄関アプローチに流すようにしてほしいとのご要望です。

この後、お客様とよくお話をして工事の具体的な内容を決めさせて頂きたいと思います。
出来る限りご要望どおりで進めます。

部分補修などでもご遠慮なくお問い合わせください。
すぐにお伺いさせて頂きます。

お問い合わせはこちらから

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742