ボタン

前橋市から瓦屋根の補修の見積り依頼のご連絡をいただきました。

2018年10月18日、台風25号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

2018年10月18日、台風25号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

 

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/18更新】

 大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

更新日:2018年1月14日

まずは1F西側から点検いたします。

この写真の棟は棟瓦がずれないように、バンセンが巻かれています。
瓦ずれの一番の原因は地震によるものです。
瓦のずれや崩れなどを防止するためにも、バンセンを巻くことが多いです。
以前はこのバンセンが錆びて切れてしまうことがありましたが、今は錆びないステンレス製のものもでています。

ただ一番劣化が激しいのが漆喰です。表面の漆喰が欠けて、詰めてあった土が流れ出てしまったところもあります。

1F東側の棟の写真です。

棟の先に付いてあるのが鬼瓦と言いますが、棟瓦と鬼瓦の接着に漆喰が使われます。
しかしその漆喰が劣化して取れてしまっています。
こうなると、いつ鬼瓦がとれても不思議ではありません。

鬼瓦はその家の守り神として付けられているものですので、屋根から落ちたなんてことのないようにしたいものです。

これがU様がみつけた瓦です。

この平瓦は土居(外壁と瓦の接合部)の部分に積まれていた瓦です。

たぶん地震により外れたのもと思われます。はずれているのはこの瓦だけのようなので問題なく差し込めると思います。

先ほどの瓦が外れた土居のアップ写真です。

奥に土が入っています。新築時はこの土に瓦が接着されていたと思われますが、今はこの土も乾燥して割れているように見えます。奥に漆喰を詰めて瓦を戻せば大丈夫でしょう。

瓦屋根の瓦自体は耐久性がありますが、その周りにある漆喰などは時間の経過とともに劣化します。

今回は瓦の差し込みと、漆喰の詰めなおし工事もご依頼頂いたので工事する事になりました。

お問い合わせはこちらから

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742