街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

ご満足いただける
屋根リフォームのために

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

前橋市から瓦屋根の補修の見積り依頼のご連絡をいただきました。

台風後の点検忘れずに!

台風後の点検忘れずに!

更新日:2018年1月14日

まずは1F西側から点検いたします。

この写真の棟は棟瓦がずれないように、バンセンが巻かれています。
瓦ずれの一番の原因は地震によるものです。
瓦のずれや崩れなどを防止するためにも、バンセンを巻くことが多いです。
以前はこのバンセンが錆びて切れてしまうことがありましたが、今は錆びないステンレス製のものもでています。

ただ一番劣化が激しいのが漆喰です。表面の漆喰が欠けて、詰めてあった土が流れ出てしまったところもあります。

1F東側の棟の写真です。

棟の先に付いてあるのが鬼瓦と言いますが、棟瓦と鬼瓦の接着に漆喰が使われます。
しかしその漆喰が劣化して取れてしまっています。
こうなると、いつ鬼瓦がとれても不思議ではありません。

鬼瓦はその家の守り神として付けられているものですので、屋根から落ちたなんてことのないようにしたいものです。

これがU様がみつけた瓦です。

この平瓦は土居(外壁と瓦の接合部)の部分に積まれていた瓦です。

たぶん地震により外れたのもと思われます。はずれているのはこの瓦だけのようなので問題なく差し込めると思います。

先ほどの瓦が外れた土居のアップ写真です。

奥に土が入っています。新築時はこの土に瓦が接着されていたと思われますが、今はこの土も乾燥して割れているように見えます。奥に漆喰を詰めて瓦を戻せば大丈夫でしょう。

瓦屋根の瓦自体は耐久性がありますが、その周りにある漆喰などは時間の経過とともに劣化します。

今回は瓦の差し込みと、漆喰の詰めなおし工事もご依頼頂いたので工事する事になりました。

街の屋根やさん前橋店

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      アサヒペイント有限会社
      代表者 中村 時治
    1. 〒371-0115
      群馬県前橋市富士見町小沢555
  • お問い合わせはこちらから

    屋根工事メニュー

    屋根の雨漏り対策

     街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

    詳しくはこちら

     
     

    お客様からのQA一覧

    屋根の雨漏り対策

    お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

    詳しくはこちら

     

    会社概要

    屋根の雨漏り対策

    弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

    詳しくはこちら

    無料相談受付中

      「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
      点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
      些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

    0120-989-742
    0120-989-742
    0120-989-742
    ページのトップへ