ボタン

高崎市南陽台で建物調査!屋根材の劣化と外壁のひび割れを発見しました

2018年9月5日、台風21号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

2018年9月5日、台風21号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

上記、お電話が繋がりにくい場合はコチラ0120-989-936

 

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます 9/20更新】

 台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。
 台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

更新日:2018年4月15日

劣化の進んだ屋根・外壁の調査の依頼を承り、ご訪問させていただきました。


群馬県でもここ数年降雪量が予想を超えることが度々あり、今まで雪止めの心配をされていなかったお宅でも、雪止め設置を検討されるお客様が増加してきています。

今回ご訪問させていただいたお客様宅でも、昨年のシーズン前に雪止めを設置されていました。

瓦の状態はひび割れ等はないものの、塗膜ハガレが非常に進行し、汚れを流す効果が薄れたことで汚れが留まりやすくなり画像のような状態になっていました。

横樋の内側:破風と呼ばれる場所は塗膜が剥がれた様子が下から見上げただけでも確認できるような状態にまで劣化。


この状態のままでは雨が当たるたびに木部に水分が吸収され傷みの進行を早めるだけです。
木部は水分を含むと膨らむ性質と、乾燥すると固く締まる性質があるため、これを繰り返すうちに油分が少なくなり
、端の部分から割れが発生すると表面をケレンしても修復が難しくなってしまいます。

劣化により塗装が剥げ、木部が見えるようになっているようでしたら 補修のサインと考えましょう。


外壁の劣化調査では、画像のように壁に発生したヒビが複数確認できました。

外壁は紫外線を浴び・雨風等の影響で劣化が進行すると、表面の塗膜が剥がれることで外壁内部にまで影響を及ぼし、ヒビ割れ等の発生へとつながります。
特に窓枠周りの場所には負荷がかかりやすくなっているため、注意が必要です。

表面が劣化し色あせしてしまった雨樋も外壁同様に塗装することか可能です。

雨樋の塗装は一般的には、外壁のリフォーム施工のタイミングで同時に施工されるケースが多いです。
なぜならば・・・施工にかかる足場費用負担を最小限に抑えられることが大きな理由といえます。

弊社でご用意する見積もりは1つ1つ細かい項目でリフォーム提案をさせていただいておりますので、お客様が必要とされる場所のみを選択されることも可能です。

業者側より提案された内容を進められるがままに契約!なんて事はされず、じっくり検討されて納得の上に満足があると弊社では考えております。

お問い合わせはこちらから

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742