ボタン

神戸市長田区 屋根裏に動物が入り込んでいるというお問い合わせを頂きました!

2018年9月5日、台風21号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

2018年9月5日、台風21号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

上記、お電話が繋がりにくい場合はコチラ0120-989-936

 

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます 9/20更新】

 台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。
 台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

更新日:2018年4月16日

神戸市長田区 屋根裏に動物が入り込んでいるというお問い合わせを頂きました!

本日はそのお住まいでの調査の様子をお届けいたします。

現状お客様のお住まいは、
一度葺き替えをされてから、21年ほど経っているとのことです。
その屋根裏に、動物が入り込んでいる音がするとお問い合わせを頂き、
調査に伺いました。

お客様に現状をお聞きしたところ、
このベランダのテラスの上を動物が歩く足音がすると
おっしゃられましたので、
脚立を使い、
波板の上のスペース調査させていただきました。


近くによってみると、
屋根と屋根の取り合い部分に大きな穴が開いているではありませんか!

この大きさなら、イタチや、ハクビシン、アライグマなどなら、
容易に入り込むことが出来てしまう状態です。

ご近所さんのお住まいでアライグマが2匹、
屋根裏から捕獲されたというお話をお聞きしましたので、
この穴を塞ぎ、
居室内に入り込まないよう、にしなければいけません。

もう一点、
屋根材と壁の合流部をご覧ください、
緑のシートが見えている状態ですが、
このシート、実は、屋根材の下に施工してある、
2次防水材のアスファルトルーフィングです。
通常であれば、
屋根の終わりで切り込み、
屋根材の終わりの場所はシーリング処理を施さなくてはいけませんが、
丸見えの状態です。
もし、ルーフィングの裏に雨が吹き込むと必ず雨水は居室に入り込んでしまう状態です。

20年前に葺き替え工事を一度していらっしゃいますので、
その時この穴と、端部の雨仕舞の悪さが起こっている可能性が高いです。

続きはこちら

お問い合わせはこちらから

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742