ボタン

常総市で、棟瓦の取り直し工事現場の足場架設を本日行いました。

2018年10月18日、台風25号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

2018年10月18日、台風25号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

 

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/18更新】

 大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

更新日:2018年2月15日

今日の足場架設工事の職人さんは、若い二人の職人さんです。

最近では、若い職人さんが多く目立つように成り大変喜ばしい近況に成って居ります。

足場職人は、若く無ければ出来ない仕事ですが?力と感とそして技量が無ければ、出来ない仕事です。

二人の職人さんの会話を聞いて居りますと、厳しい口調の中にも優しさが有り、とても良い雰囲気です。

二人の息もピッタリと有って居ります。

私も若ければ、足場職人に成りたいなーと思うのは私だけでしょうか。

トラックから、先ず1尺の寸法の間隔を取る為に、この様に部材を置いて行き、次第にある程度までに必要な品物を1面ずつ並べて置いて行きます。

この写真は一番最初の段階の様子です。

少しづつ足場架設工事が進むにつれて、高く成っていきます。

その途中で、足場が揺れる事しかりですが、職人さんたちは気に留める訳でもなしに、淡々と仕事を進めて居ります。

私は、見ているだけで「何回アッと言う叫び声を心の奥底で発した事か分かりません。」

玄関側の正面の様子です。

屋根勾配が、7寸勾配に成って居りますから
瓦に上ると、ツルット滑ってしまいそうに成ります。
その瓦の上に足場の建地を設置しました。

正面玄関側の右手になります。


もうひと巡回して来ますと、全ての面の足場工事が終了するのですが、高く成れば高くなる程足場の揺れが強く成り、その都度壁当てや、、、、を加えて揺れを無くす必要に駆られますので、その分工事に手間が掛かります。

こちら側は、正面から見まして右手側に成ります。

こちら側の足場工事は、完了致しました。

続きはこちら

お問い合わせはこちらから

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742