ブログ

施工事例

お客様の声

動画で確認!屋根工事

街の屋根やさんおすすめ屋根材

ご連絡先はこちら

街の屋根やさん横浜

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F

会社概要はこちら

ボタン

雨漏りで軒先が崩れた瓦屋根を葺き直して元通りに|横浜市南区

横浜市南区 

【工事のきっかけ】
横浜市南区で屋根の修理工事をおこないました。お問合せのきっかけは、瓦が落ちてしまって困っているという内容でした。実際に見てみると、軒先部分の下地が腐っていて瓦がズレて落下しています。下地に完全に穴が開いてしまっていてこのままにしておくと他へ被害が広がってしまうので、直さなければなりません。瓦屋根はメンテナンスが必要ないと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、実際はメンテナンスフリーの屋根ではありません。確かに瓦自体は数十年の耐久性がありますが、下地には寿命があります。瓦の下には防水紙が葺いてあり、防水紙の寿命は20年~25年といわれていますので、瓦は大丈夫でも下地を直す必要はあります。今回の原因も防水紙の劣化が原因になっていて、雨水が下地にまで入り込んで木を腐食させていました。下地が腐っているので瓦を支えきれずに落っこちてしまいました。割れた瓦を新しくして下地を直す必要があるのですが、傷んだ軒先部分だけを直すと雨仕舞いが悪く、雨水を呼び込んでしまう事もあるので、軒先が駄目になった場合は棟まで直さなければなりません。そのため、今回は棟も一部積み直しております。下地を直す時に雨水がスムーズに流れる様にキズリテープを使って、瓦の下に雨漏りの原因を作らない様にしています。下地をしっかりと直しましたので、今後この部分が崩れる心配は当分無くなり、お客様もとても安心されていました。

ビフォーアフター

施工前

工事前

施工後

工事完成

基本情報

  • 施工期間1日
  • 築年数25年
  • 平米数12㎡
  • 使用材料シルガード、キズリテープ
 

工事前の状態

瓦が落下してからしばらく経過している様で、被害が少しずつ広がっています。ここが瓦が落下した部分で、原因は防水紙が劣化していた事で裏側に回った雨水が下地の野地板を腐食させてしまった事でした。雨樋の中には崩れた木材や土が流れ込んでしまい、詰まって下がっていました。

落下した瓦がお庭に散乱しています。もし下に人がいる時に落ちてきたら大惨事になってしまうので、屋根の不具合が少しでも気になる様でしたら、すぐに直しましょう。

崩れた軒先の反対側の瓦も、何かがぶつかった様で割れていました。元々瓦屋根は瓦の下にも雨水が回る造りになっていますので、雨が回って直ぐに雨漏りに繋がる訳ではありませんが、経年によって防水紙が劣化しているとそこから雨水が侵入して雨漏りに繋がっていきますので、放置せずにしっかりと直していく事が大切です。

工事の様子

 

まずは下地を直します。軒先部分は、屋根下地の骨組みになる垂木(たるき)は問題ありませんでしたので、野地板部分を直していきます。

野地を直す部分も、垂木のスパンに合わせなければならないので、大体1.8m幅で瓦を剥がしていきます。野地板を直したら防水紙(ルーフィング)は軒先部分から敷いていくのですが、屋根の頂点『棟(むね)』まで防水紙を敷きなおさないと、雨水が防水紙の下に入り込む形になってしまうので、今回の補修工事では棟部分まで一旦取り外しています。

日本瓦は、瓦桟(かわらざん)という横に打ち付けた木に引っ掛けて葺いていくのですが、この瓦桟が雨水を堰き止める事になり、雨漏りに繋がる事があります。その様にならない為に画像の白い帯状の『キズリテープ』を先にタテ向きに取り付けてから瓦桟を固定します。そうする事で、瓦桟がキズリテープ分持ち上がり、防水紙との間に隙間が出来る為に雨水がスムーズに流れる様になります。

ここまで終われば後は瓦を元に戻せば良いのですが、瓦の割付をしっかりとおこなわないと元に戻してもガタつきが出てしまいます。

寸法をしっかりと出しながら軒先の瓦の位置を決めて固定していきます。軒先が決まったら屋根の側面(ケラバ)の瓦を戻していって、グルっと外周部を固めます。

軒先とケラバの位置が決まれば後は瓦を戻していきます。数十年経過している瓦はそれぞれに癖がついているので、下地のゆがみなどでピタッとハマらない部分もありますので、そこは漆喰を詰めて高さ調整をして瓦を戻します。

屋根の平面部分が戻し終わりましたので、棟を積み直します。元々棟は崩れていませんでしたので、今まで使っていた瓦をそのまま使用していきます。漆喰は大分剥がれていたので、その点は今までよりもしっかりと納まりました。

パッと見は今までと変わらない様ですが、下地を綺麗に直しましたので、造りは今まで以上に強固になりました。これで暫くの間は安心です!築年数やその時のお住まいの状況によって最適な工事の方法は変わっていきますので、皆様のお話やご希望を伺って、一番良い方法のご提案をさせていただきますので、お気軽にご相談・お問合せください。

 

 

街の屋根やさん横浜

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

      街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

      お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

      瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

      街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      信頼の施工実績一覧

      弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

      街の屋根やさんへようこそ!会社概要

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742

      地域から選ぶ

      街の屋根やさん
      おすすめ屋根塗料