雨漏り必ず止めます
ボタン

荒川区でガルバリウム鋼板を使った屋根葺き替え工事

2018年7月、大阪北部地震、西日本豪雨で被害を受けた方、受けたかもしれない方、無料で点検いたします

2018年7月、大阪北部地震、西日本豪雨で被害を受けた方、受けたかもしれない方、無料で点検いたします

大阪北部地震に続き西日本豪雨と自然災害が頻発しております。梅雨が明けたとはいえ台風の季節も訪れ、今後も自然災害への注意が必要です。災害により被災された方、現在お住まいに対してご不安を抱え自然災害への備えをしたい方。屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいておりますので、「もしかして」と不安な方はご遠慮なくご連絡ください。

更新日:2017年3月15日

荒川区で行った屋根葺き替え工事をご紹介いたします。屋根には耐用年数があり、昔ながらの和瓦ですと30年以上もつのですがスレートや金属の屋根材は20年ほどで交換時期がきます。もちろんメンテナンスをこまめに行うかどうかによっても寿命はかわりますが、耐用年数を過ぎた状態ですと急な雨漏りなどを引き起こす原因にもなります。また、今回の屋根に関してはトタンが使われているため、耐用年数はもっと短くなります。現状では錆が酷く、部分的に穴も空いていることから屋根葺き替え工事を行うことになりました。

荒川区 屋根葺き替え工事 屋根材撤去 荒川区 屋根葺き替え工事 野地板交換

まずは古い屋根材を撤去していきます。瓦棒屋根の下には防水紙が設置してありますが、経年劣化によってボロボロな状態でした(左写真)。屋根材下の野地板もかなり傷んでいるので、その上を歩くと沈み込んでしまいます。踏み抜かないように慎重に足場を確保しつつ作業を進めます。
新しい野地板を設置したところです(右写真)。この上から防水紙を設置していきます。

荒川区 屋根葺き替え工事 防水紙設置 荒川区 屋根葺き替え工事 笠木設置

防水紙はライナールーフを使います。屋根工事に使われる防水紙は、過酷な温度差にも耐えうるものでなければなりませんが、ライナールーフは温度差による耐性があるので安心して使用できます。また、水分の侵入を防ぐのは当然ですが、耐久性もカタログでアスファルトルーフィングよりも3倍とうたっています。
防水紙の設置後は心木を設置していき、更にガルバリウム鋼板の屋根材を乗せていきます(右写真)。

荒川区 屋根葺き替え工事 完了

全ての工程か完了し、屋根葺き替え工事は完了となります。使用した屋根材は以前のトタンと比べ錆に強いガルバリウム鋼板ですので、長持ちする屋根になりました。また、傷んだ野地板も交換しておりますのでこれからも末永くお住まいただけますね!
荒川区で屋根葺き替え工事をご検討の方は、点検、お見積り無料の街の屋根やさんまでお気軽にご連絡ください。

街の屋根やさん東東京

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
    1. お問い合わせはこちらから

      経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

      街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

      お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

      瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

      街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      信頼の施工実績一覧

      弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

      街の屋根やさんへようこそ!会社概要

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742