街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

江戸川区|ブラケット吊具(ポリカ製)での雨樋交換工事が完了!

台風21号が接近しています。対策できていますか?

江戸川区 雨樋交換

【工事のきっかけ】
東京都江戸川区のN様邸です。 雨樋の支持金具が歪み、雨樋が外れてしまっていました。この面に関しては既に2度目の補修で、前回は支持金具の交換等は行っていませんでした。 その為、金具の劣化が原因での雨樋の破損と考えられます。 今回は吊金具も合わせて交換し、雨樋が破損しないような施工をしていきたいと思います。

ビフォーアフター

施工前

雨樋交換工事

施工後

ブラケット雨樋,金具

基本情報

 

江戸川区の2階建て住宅です。この1面に限り補修回数が多く。2回目の様です。1度目も破損のようですが費用を抑えたいという希望の為、雨樋の交換のみを行ったようです。

今回は支持金具が歪んでしまった為に、雨樋の破損は酷くはないにも関わらず落下してしまいました。

雨樋点検 雨樋,軒樋

雨樋の壊れる原因とは?

雨樋が破損する原因は様々です。破損の原因によって対処方法も変わりますので、あわせて紹介させて頂きます。

 

1.風や雪による破損(自然災害)

台風シーズンや冬に多いですが、自然災害による破損です。雨樋は金具のみで外壁に固定されている為、風に煽られたり、雪が積もることで荷重に耐えきれず破損を起こしてしまいます。

自然災害による住宅設備の破損には、火災保険や共済の補償対象になる可能性もあります。

ご加入されている保険等によっても補償範囲は変わりますので、ぜひ一度ご確認ください。

 

2.ゴミや落ち葉の詰まり

森林が近い住宅等は要チェックです。雨樋に落ち葉等が詰まる事によってオーバーフローを起こしたり、排水に不備を起こします。

正常に使用できない状態が続くことによって、雨樋の継ぎ目部分等が破損する可能性もありますので定期的な清掃で詰まりの解消をしましょう。

 

3.経年劣化

一般的な雨樋の寿命は15~20程度です。素材によっても多少の前後がありますので一概にとは言えませんが、特に多く使用されている塩ビ製雨樋を例に挙げます。

塩化ビニル製は、紫外線により徐々に表面が硬化していきます。すると、経年劣化によって少しの衝撃で割れやすくなってしまいます。

メンテナンスとして塗装保護をお勧めはしていますが、およそ20年で交換が必要になるかと思います。

全交換には必然的に足場の仮設が必要ですので、外壁の塗装メンテナンスにあわせて行うと効率が良いかもしれませんね。

 

4.温度差の変化

また急激な気温差を受けることで、素材本来の収縮が間に合わず割れや変形を起こすことがあります。雨樋の適切な取付方法が行われていたのか、補修工事で無理な範囲まで使用し続けてしまったのかも争点となります。

接着剤を多用することで、継ぎ目を修復することはできますが、雨樋の動きに制限が掛かります。かえって割れを起こす可能性がありますので、補修・交換の見極めは非常に重要です。

 

ステンレス製吊金具 amadoi koukann kouzi

今回はこのように吊り金具が雨樋の衝撃や重みに耐えかね、曲がってしまいました。これでは固定は不可能ですので、吊り金具から交換が必要になります。

部分的に足場をかけ補修を行います。支持金具の取付間隔にも全く問題はありませんので、場所は変えずに使用製品を変更します。

ポリカーボネート製 ポリカ製金具

既存金具はステンレス製でした。現場で角度の微調整をすることが出来るのですが、条件が合えばブラケット吊具も軽量で、耐久性・強度共に引け目を取りません。

透明な部分はポリカーボネート製です。近年、特に波板に使用されていますが、耐衝撃性は通常のガラスの約250倍ともいわれ、生活の中でも使用されている物は溢れています(航空機・自動車・医療機器・防弾ガラスの材料にも使用されています)。

軒樋は使用できる部分は残し、同サイズの軒樋を継ぎ足すことで再使用が可能です。

ポリカ―ボネート金具 軒樋接続

支持金具に軒樋を取りつけ、集水器までの水勾配を再確認します。雨樋に対して必要以上の負荷がかからないように入念にチェックを行い、足場を解体し工事は終了です。

雨樋が破損した際に、どの部位が原因で破損しているかをしっかり確認する必要があります。この点検を怠ると仮に補修を行っても再度破損してしまうような仕上がりになってしまいます。

街の屋根やさんでは無料点検で原因を究明し、適切な補修工事をご提案させて頂きます。

雨樋破損、補修方法のご質問、火災保険の適用有無、破損原因が全く分からない等、お困りの点がございましたらお気軽にご相談くださいませ。

フリーダイヤル:0120-989-742

 

街の屋根やさん東東京

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      屋根工事メニュー

      屋根の雨漏り対策

       街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      詳しくはこちら

       
       

      お客様からのQA一覧

      屋根の雨漏り対策

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      詳しくはこちら

       

      会社概要

      屋根の雨漏り対策

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      詳しくはこちら

      無料相談受付中

        「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
        点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
        些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742
      ページのトップへ