雨漏り必ず止めます
ボタン

横浜市中区|台風後のチェック!釘が浮いた棟板金の交換を実施!

2018年7月、大阪北部地震、西日本豪雨で被害を受けた方、受けたかもしれない方、無料で点検いたします

2018年7月、大阪北部地震、西日本豪雨で被害を受けた方、受けたかもしれない方、無料で点検いたします

大阪北部地震に続き西日本豪雨と自然災害が頻発しております。梅雨が明けたとはいえ台風の季節も訪れ、今後も自然災害への注意が必要です。災害により被災された方、現在お住まいに対してご不安を抱え自然災害への備えをしたい方。屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいておりますので、「もしかして」と不安な方はご遠慮なくご連絡ください。

更新日:2017年10月11日

台風18号の通過からおよそ3週間、すっかり天気も落ちつき安心している方も多いのではないでしょうか?台風発生後はもちろんお問い合わせが多いのですが、実は1ヶ月程度経過してからご相談を頂くことも多いのです。

横浜市中区のM様も、2週間経過後にお問い合わせを頂きました。ではなぜ、台風通過直後ではなかったのでしょうか?

棟板金浮き 釘浮き

【被害が確認出来ないからといって被害が無いわけではない】


今回M様自身が屋根の異変に気付いたのは、近所の方に「屋根が浮いているように見える」と聞いたからです。

それまでは、目視で確認しても異常はないように見え、雨漏りを起こしているわけでもなかった為、被害はなかったと認識していました。

しかし、今回の近所の方の一言で「もしかしたら自分の知らない所で被害があるかもしれない」と不安を感じたのです。

 

実際に調査当日には、下から見ても浮きはないように感じました。しかし、確実に状態確認をするために屋根に上ると、棟板金を固定している多くの釘が抜けかかっていました。

釘の固定が弱くなっていた分、棟板金の動く幅も大きくなり、浮きを感じられる日もあったのかもしれません。

1.2本の釘浮きで、打ち直して緩むことが無ければ問題は簡易補修でも大丈夫です。しかし、何本も抜けていると貫板の腐食・劣化が原因かもしれません。

棟板金浮き

【貫板とは?】


普段の生活の中ではまず見る事のない、棟板金(棟包み)の下地です。棟板金を釘で固定するための木材ですが、この下地の腐食や劣化が進むと釘が抜けてしまいます。

正常の状態であれば棟板金が雨水の浸入を防いでいるのですが、木材ですので雨水浸入による腐食や、釘の打ち付けによる割れはどうしても発生してしまいます。

貫板は棟板金と同時に定期的な交換をすることで、板金の飛散・落下を防ぐことに繋がりますので交換のタイミングを見極める事が必要です。

しかし、何を基準にすれば?と分からないですよね。

例えば今回の様に、浮いているような気がする、バタバタと煽られるような騒音がする等もチェックポイントです。

そして10年程度問題がなくとも、塗装メンテナンスの際に必ず点検と必要に応じての補修は必要です。

【棟板金交換工事】


既存撤去 新規棟板金

では貫板と棟板金の交換工事の方法を紹介します。まず既存の棟板金と貫板を撤去します。

その後、雨漏りを引き起こすようなスレートの割れや釘穴等を確認次第、しっかり補修をしていきます。

新たに貫板を設置していきますが、新築時には釘での固定がほとんどです。そこで、更に強固に固定が出来るようにビスへ変更、そのビスは錆びて腐らないようステンレス製を使用します。

シーリング 棟板金交換工事

その後、新規の棟板金で貫板を覆い、同じくSUS製ビスで固定します。これで終わりではありません。

板金継ぎ目から雨水が入り込まないように、シーリングで防水処理を行います。屋根は常日頃、雨風に晒されるため施工がしっかりしているかどうかで、メンテナンスの回数にも差が出ます。

一度の補修でしっかりとお悩みを解決し、コストの低減とお客様が安心できるように頑張っていきます。

今回の事でM様は「定期点検」の重要性を認識していただいたようです。街の屋根やさんでは無料点検を承っておりますので、小さなお悩みでもお気軽にご相談くださいませ。

街の屋根やさん横浜

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      屋根補修工事の施工事例一覧

      棟板金交換の施工事例一覧

      横浜市中区でを行ったお客様の声

      横浜市中区|雨樋工事の見積り依頼をいただきましたF様

      お客様の声QA

      【施工前】

      Q1.弊社にお問い合わせになる前にどんなことで悩んでいましたか?
      雨どいの工事が可能か、いくらになるか。
      Q2.何がきっかけでに弊社をお知りになりましたか?
      インターネット検索
      Q3.弊社を知りすぐにご連絡頂けましたか?もし決断されなかったとしたらどんなことがご不安でしたか?
      すぐにといあわせました。一番返信が早かったので。
      Q4.何が決め手となり弊社にお問い合わせ頂きましたか?
      横浜市の近くの会社だから。
      Q5.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたか?
      親切丁寧でした。

      横浜市中区|雪害による雨樋補修依頼をされたT様

      お客様の声QA

      【施工前】

      Q1.弊社にお問い合わせになる前にどんなことで悩んでいましたか?
      雨樋の破損、傾き、屋根の歪みからの漏水。
      Q2.何がきっかけでに弊社をお知りになりましたか?
      インターネット検索。
      Q3.弊社を知りすぐにご連絡頂けましたか?もしご決断されなかったとしたらどんなことがご不安でしたか?
      はい、すぐに連絡しました。
      Q4.何が決め手となり弊社にお問い合わせ頂きましたか?
      屋根を専門で直していそうだし、工事例が沢山載っていたので問い合わせしました。
      Q5.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたか?
      アドバイザーの富田さんがとても感じ良く、何社か見積りをお願いした中でも、被害箇所を丁寧に見ていましたし、私達の立場での提案をして下さりとても良かったです。

      横浜市中区 雨樋修理 H様邸

      工事後お客様の声QA

      【施工後】

      Q1.施工業者を決められる際に前にどんなことで悩んでいましたか?
      雨樋工事の内容。同じ素材で修復できるか?火災保険がどのように適用されるか?
      Q2.何がきっかけで今回のエ事内容をお知りになりましたか?
      強い雨の日に、雨樋の壊れている部位に気がついた
      Q3.弊社への発注をすぐにご決断頂けましたか?もしご決断されなかったとしたらどんなことが不安になりましたか?
      インターネット上で横浜市内の工務店を探した
      Q4.数ある会社の中から、弊社へ工事を発注して頂いた決め手は何でしたか?
      火災保険がどのように適用されるかによって、いくつかの工事の方法があると言う担当者(岩城さん)の説明が大変適切であった
      Q5.工事が終わってみていかがですか?
      足場工事等も含めて敏速であった

      神奈川県 横浜市中区 飯山様邸

      工事後お客様の声QA

      【施工後】

      Q1.数ある業者様の中から私たちを選んで頂いた決め手はなんでしょうか?
      問い合わせ後の初訪問の時点で、十分納得のいく説明をしていただき、信頼できそうな担当者だったから。
      Q2.仕上がりはいかがでしたか
      想定外の事態が発生しましたが、大変親身になってアドバイスをしていただけました。結果大満足です。
      Q3.担当営業に一言お願いします。
      様々なアドバイスをありがとうございました。

      お客様の声一覧はこちら

      経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

      街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

      お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

      瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

      街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      信頼の施工実績一覧

      弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

      街の屋根やさんへようこそ!会社概要

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742