雨漏り必ず止めます
ボタン

川崎市幸区|ウレタン塗膜防水と天窓シーリングで雨漏り解消!

2018年7月、大阪北部地震、西日本豪雨で被害を受けた方、受けたかもしれない方、無料で点検いたします

2018年7月、大阪北部地震、西日本豪雨で被害を受けた方、受けたかもしれない方、無料で点検いたします

大阪北部地震に続き西日本豪雨と自然災害が頻発しております。梅雨が明けたとはいえ台風の季節も訪れ、今後も自然災害への注意が必要です。災害により被災された方、現在お住まいに対してご不安を抱え自然災害への備えをしたい方。屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいておりますので、「もしかして」と不安な方はご遠慮なくご連絡ください。

更新日:2017年3月2日

前回、雨漏り特定の為に散水検査を行った川崎市幸区の現場です。散水検査で考えられるのは防水層の劣化ですが、笠木からの雨水侵入と天窓(トップライト)からもゆくゆくは雨漏りを起こしてしまう可能性がありますので、同時に防水施工を行う事に致しました。

天窓,シーリング 補強布

天窓は雨漏りが起きてしまうと思われる取り合い部分をシーリングしていきます。このトップライトは開閉のしないものですのでしっかり施工さえすれば雨漏りは起きにくいタイプです。

笠木部分の取り合いには雨水が入りやすくなってしまいますし、劣化が起こりやすい部分ですのでプライマーを塗り、補強布で防水の機能を高めます。

防水 補強布

このように下地処理をしっかり行う事で、部分的な劣化を防ぐことが出来ます。ウレタン樹脂を一度重ねて乾燥させます。笠木のこの部分に変色を起こしていたのは水が廻っていたためです。錆びている部分からさらに腐食し、赤黒い水が流れ始めると大変危険ですので、点検を怠らないように見ていきましょう。

脱気盤

防水は立ち上がりから行っていきます。ウレタン塗膜防水は下地の湿気によって塗膜自体の膨れ・しわ・剥がれを起こしてしまいます。その現象を解消するためには湿気を逃がす部分を作る必要があります。そこで脱気盤や脱気塔の設置です。足元に邪魔かもしれませんが、設置することで塗膜防水特有の膨れを抑えることが出来ます。

以上で防水施工が完了です。川崎市幸区で防水をご検討中、雨漏りに悩んでいるという方いらっしゃましたら、弊社までお気軽にご連絡ください。原因特定から補修施工までしっかりと行わせて頂きます!

街の屋根やさん横浜

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      防水工事の施工事例一覧

      経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

      街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

      お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

      瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

      街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      信頼の施工実績一覧

      弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

      街の屋根やさんへようこそ!会社概要

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742