街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

横浜市保土ケ谷区で物置の屋根葺き替え|石綿の小波からGL鋼板へ

台風後の点検忘れずに!

台風後の点検忘れずに!

横浜市保土ケ谷区 

【工事のきっかけ】
横浜市保土ケ谷区の住宅物置の屋根葺き替え依頼です。 屋根が古くなりそろそろ補修し直そうと検討されたようです。 現在使われている屋根材はアスベスト(石綿)含有の小波スレートです。 処分方法・注意点等含めて紹介していきたいと思います。

ビフォーアフター

施工前

小波スレート屋根

施工後

GL鋼板屋根葺き替え

基本情報

 

【屋根葺き替え工事】

スレート小波 割れ釘露出

物置小波スレートの屋根葺き替え依頼です。そろそろ古くなり細かな破片が落ちてしまうようになったので補修をご検討されたようです。

アスベストの健康被害が取り沙汰されるまでは小波スレートの多くには耐久性向上の為、アスベスト(石綿)が使用されていました。

アスベストとは?

アスベスト(石綿)が身体に悪影響をもたらすという事は誰しも認識しているかと思います。しかし、なぜ健康に悪影響なのか、なぜここまで規制されるようになったのかという事を詳しく説明できる方は少ないかと思います。

そもそもアスベストとは天然の鉱物繊維を指し、アスベストと一言で言っても更に細かく種類が区別されています。

石綿は非常に細い繊維で、熱・摩擦・酸・アルカリに強く変形しにくいという特性を持っています。素材としては非常に優秀な特性を持っているのですが、施工してからしばらく経過し発がん性があるということが発見されました。

その為、現在では新規に使用されることはなく残っている建材のみになります。

釘 スレートと下地の隙間

固定している釘にも錆びが見られ、固定力が充分にあるのかは若干の不安が残ります。右写真はスレートと下地の間ですが、止めている釘は赤褐色に錆びほとんど浮き上がっている状態です。

経年劣化によって下地木材の腐食も進行している事から、おそらく屋根葺き替え工事を行っても下地を補修しない限りは固定が利かなくなってしまいます。

一度屋根材の剥がして確認を致しますが、新規木材での補強は必要になるかと思います。

室内からの屋根

現在雨漏りは起こしていないようです。以前強風によって屋根材が飛散してしまったようですが、部分的な葺き替えが出来るのは屋根材のメリットです。

ちなみにこの屋根材は強化繊維セメント板と呼ばれ、小波・大波・波形サイディングに区別されます。軽量で丈夫、不燃材のため工場・倉庫でも多く採用されています。

屋根剥がし アスベスト含有の小波スレート

早速既存の屋根材の撤去をしていきましょう。

【アスベストの処分方法】

アスベスト(石綿)は非常に細かい為空気中に浮遊しやすく、ヒトの肺胞に沈着しやすい成分です。持ち前の変形しにくい成分はそのまま身体内部に留まり、がんなどの病気を引き起こすことがあります。

その為、処分の際に割るという行為が非常に危険で、処分方法も労働安全衛生法(石綿障害予防規則)等に従い処分をしていかなければなりません。

アスベストを含んでいる屋根・外壁材を使用しているかもという可能性が少しでもある場合は、専門業者に依頼し、ご自身でどうにかしようとは思わないでください。

石綿処分では発じんの度合いにより、3つのレベルに区別され、各々注意事項が違います。飛散・曝露防止に適切な養生を行い収集運搬・廃棄をしなければなりません。

下地組み 桟木取付

屋根材撤去後は木下地を交換・補強していきます。この下地木材が屋根の下地になり屋根を支える梁になりますので、しっかりと補強をしていく必要があります。

波板 波板,GL鋼板

下地補強後、屋根材を葺き替えていきます。今回使用するのはガルバリウム鋼板波板です。軽量で錆びにくく、高寿命です。昔のトタンが10~20年で劣化してしまう事と比較すると、ガルバリウム鋼板は20~30年以上持つと言われている優秀な素材です。

金属屋根材の為、錆の発生はこまめに補修しておく必要がありますが、健康被害もなく安心してお使いいただける屋根材です。重ねて釘でしっかりと固定し屋根葺き替え工事は完了です。

アスベスト屋根材についてのご質問・補修依頼、屋根葺き替え工事の費用・施工内容に関しての疑問はお気軽に街の屋根やさんへご相談ください。

今の状態をしっかりと調査させて頂いた上で、適切な補修内容をご提案させて頂きます。

 

街の屋根やさん横浜

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      屋根工事メニュー

      屋根の雨漏り対策

       街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      詳しくはこちら

       
       

      お客様からのQA一覧

      屋根の雨漏り対策

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      詳しくはこちら

       

      会社概要

      屋根の雨漏り対策

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      詳しくはこちら

      無料相談受付中

        「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
        点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
        些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742
      ページのトップへ