ブログ

施工事例

お客様の声

動画で確認!屋根工事

街の屋根やさんおすすめ屋根材

ご連絡先はこちら

ボタン

鎌ケ谷市|棟瓦の取り直し工事で強風被害を復旧

2018年9月5日、台風21号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

2018年9月5日、台風21号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

上記、お電話が繋がりにくい場合はコチラ0120-989-936

 

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます 9/10更新】

 台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。
 台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

鎌ケ谷市 屋根補修工事 棟瓦取り直し 漆喰詰め直し 漆喰取り直し 瓦工事

【工事のきっかけ】
鎌ケ谷市のT様より、強風によって瓦が落ちてしまったとお問い合わせを頂きました。原因は釘の抜けによるものです。補修の内容を決め、再度このような事故が起きないように対処をしていきましょう。

ビフォーアフター

施工前

瓦飛散

施工後

棟取り直し工事

基本情報

 

【点検の様子】

 

点検 瓦浮き

鎌ケ谷市の現場です。屋根の頂上の瓦がごっそりなくなっているのが目視で確認できます。強風によって釘が抜けて棟が飛散してしまったようです。ほかにも瓦のズレや浮きと言った被害を受けてしまっていますが、そのままには出来ません。そのままにしてしまうと、雨水が侵入し、泥の流出や棟の崩壊、最悪の場合は室内に雨漏りを起こしてしまいます。思いがけない工事が必要となりますが、早急に対処するのも重要です。

 

棟剥がれ 釘浮き

飛散した部分に関しては、残っている部分も釘が抜けかけ、瓦が浮いてしまっています。おそらく瓦の飛散と同時に全て煽られたのでしょう。下地の貫材も釘によってひびや割れがあると思いますので既存の物を使う事が出来ません。今回は棟の瓦を全て剥がし、取り直し工事を行いたいと思います。

強風による住宅の破損については火災保険や共済の補償対象になる可能性があります。今現在の保険加入条件を確認し、「これはどうなんだろう?」という場合はお気軽にお問い合わせください。

フェンス,落下 フェンス傷

飛散した瓦は住宅のフェンスにぶつかり、フェンスを曲げる程の衝撃です。これがもし通行人に当たっていたら…と考えると恐ろしい話ですね。今回は敷地の中で済んだから良いものの、強風の場合は広範囲に渡って被害が発生する恐れがあります。大きな被害が出ないように常日頃から定期的に住宅の点検を行った方が良いでしょう。

棟,釘浮き 働き幅,瓦

飛散した部分以外の瓦の釘も浮きが目立ち始めています。風等によって住宅が揺れ、それにあわせて瓦の釘が浮いてしまうのです。釘が抜けてしまえば当然ですが瓦は固定が無くなり落下してしまいます。釘の浮きだけが問題なのか、下地の腐食が進んでいるのかを確認した上で補修をしていきましょう。

また瓦が割れたりした際に瓦の交換だけで済む場合があります。全く同じ瓦での差し替えが最善ですが、廃盤や在庫が無い場合は形状の同じもので代用します。必ず瓦の働き幅は測っておきたいものですね。

工事内容は棟の取り直し工事と瓦の浮き・ズレの補修をしていきます。

 

【施工の様子】

棟瓦撤去 棟木

まずは既存の瓦を外していきます。段積みになっている場合はのし瓦と棟瓦を銅線で固定していくような施工になりますが、冠瓦のみの場合、下地木材を取付そこに固定していくような流れになります。既存の物を撤去し、下地を綺麗にしていきます。

タフモック 瓦

下地木材にはプラスチック樹脂製貫板を使用します。木材に比べ腐食に強い為腐りにくく、耐水性にも優れています。また木材特有の節もない為、品質に差がありません。にも拘わらず、切断等の加工性は木材と変わりありません。滅多に見る事のない下地ですので、壊れにくく頑丈に施工しておく必要があります。

両端には防水漆喰を詰め雨水の侵入防止に努めます。

釘打ち シーリング

棟瓦を並べ直しビスで固定していきます。ここでも防水施工の為にパッキン付きのステンレスビスで留めていきます。また重なりの部分にズレ防止と雨水侵入防止にシーリング施工をします。

瓦にラバーロック工法をする場合がありますが、経年劣化によって瓦のズレが起こりやすくなっている場合等に効果的です。誤ったラバーロック工法を行ってしまうと固定するのではなく、雨漏りを起こす原因になってしまいますので、充分に注意しましょう。

棟瓦固定 下り棟,漆喰

釘の浮きかかっている棟瓦は一度釘を貫き、再度打ち直します。この際に下地に利いていないようであれば下地の交換が必要ですが、他の部分は問題なく、しっかり固定が出来ました。継ぎ目の隙間からは雨水が入り込まないようにシーリングを充填し完了しました。

鎌ケ谷市の棟瓦取り直し工事竣工です。下地も樹脂製の貫板にしたことで、事故の起きにくい屋根に復旧することが出来ました。

お問い合わせはこちらから

鎌ケ谷市と近隣地区の施工事例はこちら

各種屋根工事メニュー

 私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742

地域から選ぶ

お客様のインタビュー動画

街の屋根やさん
おすすめ屋根塗料