街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

袖ヶ浦市|折板屋根の倉庫の雨漏りを屋根葺き替えで解消

木更津市 屋根補修工事 屋根葺き替え 雨漏り修理

【工事のきっかけ】
袖ヶ浦市で倉庫として利用している建物で雨漏りが起きてしまったとご相談がございました。 雨漏りを起こしていることについては少し前に気づいたようですが、水の廻り具合からするとかなりの時間経過しているようです。 調査をし部分的な屋根葺き替え工事で改善していきましょう!

ビフォーアフター

施工前

雨漏り

施工後

屋根葺き替え

基本情報

 

【点検の様子】

雨漏り 折板

倉庫内の様子です。折半屋根はこのように下地無しで葺くことが出来る屋根の為、費用を抑える事も可能です。断熱材等はない為、雨音が気になったり、暑さ寒さがダイレクトに伝わる恐れがあります。

屋根材が長い事もあり、一般住宅というよりも倉庫や工場の屋根に使用されることが多いですね。

今回この屋根が雨漏りを起こしたようで、裏側を見ても水が廻り腐食しているかのような状態です。

折板屋根 面戸

上側を確認すると、汚れは溜まってはいますが、凹みや穴あきもないように感じました。

しかし、雨押え部分の面戸が1ヶ所外れています。これでは雨水も入り放題になりますし、鳥すらも侵入できる隙間です。

また、エプロン面戸で雨水を防いでいる分、この場所に雨水が溜まりやすくなってしまいます。土も溜まれば植物が繁殖する条件をそろえます。

金属屋根は頑丈ではありますが、植物の根の強さを侮ってもいけません。定期的に清掃は必要ですし、面戸の補修もするべきでした。

折板屋根 折板屋根

断面の構造に重点を置いて開発された折半屋根は、大きな面積に対して意匠性だけでなく強度も兼ね備えています。

しかし、金属ですので経年に伴い錆の発生や腐食によって、雨漏りを引き起こしてしまいます。

雨漏りを起こした雨押えの部分と、錆の目立つ折板屋根の葺き替え工事を行い雨漏りを改善していきましょう。

 

【施工の様子】

屋根剥がし タイトフレーム

先ほども言いましたが、折板屋根は下地材を必要としないため、葺き替えの為に剥がすとこのように空洞になります。

3~7m間隔の梁の上にタイトフレームと呼ばれる金具を取りつけ、そこに暑さ0.6~1.2㎜の鋼板を山高に取り付けていく工法です。

折板屋根ですが、屋根葺き替え工事以外にもカバー工法でも補修が可能です。折板屋根を新たに被せる2重葺きとシート防水工法があります。

2重葺きでは断熱材を敷き込むか敷き込まないかを決めることができ、シート防水は外断熱の役割を持っています。

もちろん塗装での補修も可能な屋根材ですが、雨漏りを起こしていない、穴あき等が無い場合に限られます。

室内 養生

葺き替え後の内部からの様子です。折半屋根は重ねて施工する事により既存の屋根材とも併用して施工する事が出来ます。

屋根材はIC角はぜ折板K-300を使用しています。働き幅が300㎜で全ての山部分をハゼ締めをしています。

耐風圧を重視し、水密性にも優れている為、毛細管現象を起こさないような設計です。

雨水が入ってくる間は鉄骨も錆びてしまいますので、雨水との接触を遮るのが好ましいですね。

面戸 防水シート

新規のエプロン面戸を取りつけ、雨押えは既存撤去、下地を設け透湿防水シートを張り合わせ、新規復旧を行います。

細かい部分に関してはシーリングを打設し雨水が入り込まないように施工していきます。

既存,新規 雨押え

部分的な屋根葺き替え工事は完了です。ハゼ締めを行うことでボルトの使用もなく、屋根材に穴を開ける必要もありません。最小限のビス留めで葺き替えることで、雨漏りを起こすリスクも抑えます。

屋根葺き替え工事を行う際には断熱材等の設置の必要性・屋根材による施工の違いに視点を置いてみても良いかもしれませんね。

街の屋根やさん本社

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒299-0261
        千葉県袖ヶ浦市福王台2-21-10 セントラルビル1F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      屋根工事メニュー

      屋根の雨漏り対策

       街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      詳しくはこちら

       
       

      お客様からのQA一覧

      屋根の雨漏り対策

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      詳しくはこちら

       

      会社概要

      屋根の雨漏り対策

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      詳しくはこちら

      無料相談受付中

        「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
        点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
        些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742
      ページのトップへ