街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

袖ヶ浦市|アールロックによる屋根カバー工法で雨漏り解消!
協和:アールロック(アイビーグリーン)

台風の後は無料点検を!

袖ヶ浦市 屋根補修工事 屋根カバー工事 雨樋交換 雨漏り修理

【工事のきっかけ】
袖ヶ浦市の2階建て住宅です。少し前から雨漏りを起こしていたようで、原因は屋根の破損でした。 屋根の経年劣化をふまえた上で屋根カバー工法と雨樋交換工事を行っていきます。スレートからどのように施工していくのか見ていきましょう。

ビフォーアフター

施工前

屋根カバー,補修前

施工後

屋根カバー,完了

基本情報

  • 使用材料協和:アールロック(アイビーグリーン)
 

【点検の様子】

雨漏り スレート点検

袖ヶ浦市の雨漏りを起こしている住宅です。少し前から雨漏りを起こしていたようですが、悪天候が続き、ご自身で確認が出来ずに日数が経過してしまったようです。

まずなぜ雨漏りが起きてしまったのか、またどのように補修を行えばいいか?と分からないことだらけで…とお困りでしたので、屋根の状態を確認してみます。

築18年程のスレート屋根です。一度メンテナンスをされてからは大きなトラブルもなく、屋根の状態も確認した覚えは無いようです。

ケラバ外れ 雨樋

よく見ると屋根ケラバの役物が外れ下地が見え、下地が腐食しています。これは固定していた釘が抜け外れてしまったのでしょうが、そもそも役物はデリケートな部分を守るために取り付けられています。

外れてしまえば、屋根材や下地との隙間を作ってしまいます。この状態では少しずつ雨水が入ってしまいます。

ケラバ 棟板金釘浮き

屋根材だけで見ても苔が繁殖し、緑色に変色しています。屋根材に苔が発生すると雨水が滞留し流れにくくなってしまいます。

すると、屋根材が雨水を吸い込み更に苔の繁殖しやすい環境になります。この苔の発生要因としては日当たりが悪い・風通しが悪いと言った、主に立地が原因です。

同じ住宅の屋根であっても南側の屋根を見ると、苔の発生もなく前回塗装の艶も健在です。このように住宅の向きによっても状態は大きく変わりますので、一番状態が悪い場所を基準にメンテナンスを決めていきましょう。

雨押え,雨漏り 苔発生

ケラバの補修工事のみで済めばよかったのですが、屋根全体の経年劣化が影響していると考えられます。前回塗装の際にタスペーサーの設置がされておらず、毛細管現象を起こしかねない状態になっています。

毛細管現象とは屋根材内部に入り込んだ雨水が、排水出口を見つけられずに屋内に引き込まれる現象です。隙間があることによって雨漏りを起こすという印象を持つ方もいらっしゃいますが、住宅には必ず隙間がなければ問題を起こす場所がありますので、ご自身で隙間を塞ぐ場合は、必ず住宅構造を理解した上で作業を進めましょう!

養生

ケラバ部分から雨水が入り込まないように養生をし、屋根補修工事の打ち合わせを進めていきます。今回は屋根葺き替えではなく、費用と工期短縮のために屋根カバー工法を行っていきます。

【施工の様子】

足場仮設 雨押え撤去

工事前にご近隣の方へ工事のご挨拶に伺ってから足場仮設を行います。屋根工事の際にはほとんどのケースの場合足場が必要となります。今回は屋根工事と同時に雨樋補修も行っていきますので、なおさら必要です。

屋根カバー工法の際に不必要な棟板金や雨押えの役物は撤去し、防水紙を敷き込んでいきます。

防水紙,タディスセルフ  防水紙,ルーフィング

今回使用するのは粘着ルーフィングです。通常の粘着型ルーフィングですとびったりと張り付いて再施工が難しいのですが、使用するタディスセルフは施工してすぐに粘着するわけではありません。遅延型粘着ルーフィングですので施工時には張り直すことが可能です。施工の数時間後にしっかりと張り付きますので、施工も簡単!防水性能も安心です!

軒から棟にかけて重ねながら張っていきます。

アールロック アールロック,屋根カバー

防水紙施工後に屋根カバーです。使用する屋根材は協和のアールロックです。縦葺き屋根は流れる雨水を遮るような形状でもなく、雨仕舞に優れています。瓦棒の芯木を取り付けるタイプではない嵌合式は、キャップ部分が本体と一体化になっている為、美観性にも大変優れています。

面戸,棟 際,シーリング

棟部分にはケミカル面戸を張り付け高い防水性を確保していきます。水切り部分には役物を取りつけ、外壁との取り合いをシーリングで防水処理していきます。

仕上がりに綺麗になるよう、必ずマスキングテープで養生をしていきます。施工後にはシーリングが硬化する前に速やかに剥がしていきます。

部材 水糸

雨樋の交換工事を同時に行います。交換する箇所の雨樋を撤去し、受け金具からすべて交換していきます。雨樋に使用する素材としてはもっともポピュラーなものとして塩ビ、耐久性を求めると銅やガルバリウム鋼板もございます。費用と耐久性を比較しながら決めていくと良いかもしれませんね。

雨樋交換

雨樋には必ず集水器(排水箇所)も向かって勾配が付いています。水糸で高さを調節しながら排水がスムーズに行えるように取り付けていきましょう。エスロンの塩ビ雨樋交換工事は完了です。

屋根雨樋の再確認をし足場を解体し工事完了になります。

屋根の雨漏りに関してのご相談、屋根リフォームに関しての不安点等ございましたらお気軽に街の屋根やさんへご相談ください。点検・お見積りは無料にて承っております。

 

 

各種屋根工事メニュー

 私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

屋根工事メニュー

屋根の雨漏り対策

 街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

詳しくはこちら

 
 

お客様からのQA一覧

屋根の雨漏り対策

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

詳しくはこちら

 

会社概要

屋根の雨漏り対策

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

詳しくはこちら

無料相談受付中

  「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
  点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
  些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

ページのトップへ