ブログ

施工事例

お客様の声

動画で確認!屋根工事

街の屋根やさんおすすめ屋根材

ご連絡先はこちら

ボタン

袖ケ浦市で台風で被害を受けやすい棟板金をシーズン前に交換

2018年9月5日、台風21号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

2018年9月5日、台風21号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

上記、お電話が繋がりにくい場合はコチラ0120-989-936

 

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます 9/10更新】

 台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。
 台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

袖ケ浦市 

【工事のきっかけ】
袖ケ浦市にお住まいのお客様は、飛び込み業者さんに屋根が「もうそろそろ危険だよ!」と言われたそうでした。 築年数もたっているため、不安は以前からあったそうですが、雨漏れなども無く重要視していなかったそうですが、強風で軒天井の一部が、外れてしまわれたため、屋根も不安が大きくなったそうで、今回のご依頼になりました。

ビフォーアフター

施工前

施工後

基本情報

  • 施工期間2日
  • 築年数築45年
  • 施工費用405000円
  • 平米数47メーター
  • 使用材料棟板金
 

屋根調査

袖ケ浦市にお住まいのお客様は大風が吹いた時に軒裏天井の一部分が剥がれてしまいました。今まで雨漏れも無く何かが飛散してしまうことも無かったので、とても驚かれたそうです。以前、業者さんに屋根の劣化の事を指摘されたそうですが、余りに突然の事で実感が湧いてこなかったそうです。

棟板金の状況

 

軒裏天井の飛散をきっかけに、不安があると言う屋根の状態も調査致しました。一番に目に飛び込んできたものは棟板金の状態でした。

棟板金?

通常の方が棟板金が劣化していると言われても解らないのが当たり前ですが、屋根の非常に重要な部分です。屋根には必ず勾配がついて山なりになっていたり、くぼみがある場所があります。簡単に説明すると山なりの上や谷に設置してある金属でてきている品物です。

そもそもスレート瓦はセメントで固められた板状の物ですので、平らな場所にしか設置出来ません。屋根に勾配が付いているのであれば、必ず屋根が折れている場所がありますが、スレート瓦では設置が不可能な為、金属で型取られた物で覆う必要があるからです。この商品を棟板金・谷板金と言います。

釘の抜け状況

 

袖ケ浦市のお客様の屋根はスレート(カラーベスト・コロニアル)でしたので、棟板金が設置して在ります。調査では釘が両端に打ち込まれ、固定されているものですが、振動や強風で釘が抜け掛かっている場所が、あちらこちらに確認出来ました。こう言った状況では次の要因が考えられます。

棟板金下地の劣化です!

そもそも金属製の板金を固定しているのが、脇から打ち込まれている釘のみです、しかも非常に細く小さな釘です。釘を固定させる為に木材が中に設置されていますが、これもまた厚みが15ミリと薄い資材です。貫板と言いますが、木材ですので劣化してしまい釘の効きが悪くなり、外れてしまいます。お客様の棟板金の状況ですが貫板の劣化で、釘が抜け掛かっている状況でした。

このような状態は、危険な状況でして、大風や台風などで飛散してしまう可能性がとても高い状態になっています。

その他気になる破損

 

その他屋根をチェックすると、危険な所は多々あります。数年前に屋根塗装を施していたそうですが、スレート瓦の欠落や、ひび割れなどもありました。全体の状態では数年後必ず塗装工事をおやりにあった方が良いのですが、まだ耐用年数を超えていないので、早急な工事としておすすめはできませんが、いずれは早目のメンテナンス工事をした方が、屋根の状態を維持しやすくなります。

工事開始

 

屋根本体のメンテナンス工事として数年前に塗装工事をおやりになっていましたが、落とし穴があります。

塗装工事で塗装をしますが、屋根の表面上だけのお話です。業者さんも塗装の話はしますが、棟板金下地の話はあまりしません。屋根を塗装すれば綺麗になりますが、化粧面に隠れた貫下地はそのままです。ご自宅を建てた当初から下地は劣化が進み、ほとんどの方が屋根塗装をして「メンテナンスをやっていたのになー」と勘違いしている方がほとんどです。

棟板金下地は、棟板金を一度脱着しなくては交換が出来なく、たいがいの下地は写真のように劣化して朽ち果てています。

タフモック取り付け

 

今回は棟板金の弱点になっている貫下地を腐らないものに変えます。

ケイミュー株式会社のタフモックと言う製品を取り付けます。タフモックの素質はハイインパクトポリスチレンが主な素材です。ポリスチレンにゴムを添加し発砲した軽量で、耐久性非常に高い屋根専用部材です。

 

タフモックを解りやすく言うと、プラスチックです。木材と同じように釘・ビスなどを打ち込むことが出来、木材同様簡単に切断が可能です。木質ですと経年劣化により早い段階に釘抜けなどの症状が出て来てしまいますが、タフモックは腐らないので、釘抜けなどに強いです。板金が錆び朽ちるまで持ちこたえる事ができるので、一度交換しとけば2度目の屋根塗装にも板金飛散の心配事が減ります。

棟板金取り付け

袖ケ浦市 板金加工作業

棟板金工事は、屋根の形に板金を加工しなくてはいけなく、一枚一枚組み合わさるように刻んで行きます。鉄板は切りっ放しにはしておけないので、必ず切断年は折り返しを付けます。板金技術が上手くないと綺麗な納め方にはなりません。

 

棟板金交換工事は、交換するメーターにもよりますが、ほとんどの屋根で1~2日程度で完成いたします。既存の棟板金を撤去してしまうと、天候が悪くなる前に完成させなくてはいけない工事だからです。棟板金を撤去して放置していると、雨が降った時雨漏れが生じる確率がとても高いものとなります。ですので撤去した場所は、当日のうちに完成させなくてはいけません。

逆の話をするのであれば、棟板金が破損してしまったり、飛散してしまうと、高確率で雨漏れが生じると言うことも言えます。

 

板金のジョイント(継ぎ目)には、コーキングをセット致します。内側にもコーキングを入れていますが表面にも、二重うの保険を掛けていきます。今回の工事では劣化しやすいコーキングにも塗装をして耐候性を設けました。

 

通常棟板金は脇からタフモックないし木材下地に釘により固定します。弊社での工事では現在ビスにて棟板金を固定しています。ビスでの固定では釘よりも数十倍抜けに強いからです。屋根にはあまり目で見えない振動が絶えず起きています。風や車の振動などで大きく揺れている場合もあり釘ですと抜ける危険性があるため、せっかく施工したのだから、長く定着していた方が良いですからビスにて固定をしています。

完成いたしました

袖ケ浦市 棟板金交換工事完了

工事は天候が安定している間に完了できました。一般の方は屋根の上の現状を把握できません、通常屋根の上には登ることが出来ないからです。専門かでない限り棟板金と言われても、解る方の方が少ないのではないのでしょうか?

屋根のメンテナンスを塗装で満足してしまっている方も多く、資材の劣化に気が付く方もまだまだ少ないと思います。屋根はそう簡単に壊れないと思いこんでしまうことは、一番危険です。屋根の資材にも色々ありますが、メンテナンスをしないで、一生持つ屋根は無いことを再認識してください。

破損してしまって治すころには、下地などに大きなダメージがあることとなります。下地にダメージを与えてしまう前にメンテナンスをする事が、今後の大きな台風や災害で破損させない否決になってきます。

ご相談はフリーダイヤル0120-989-742

お問い合わせはこちらから

各種屋根工事メニュー

 私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742

地域から選ぶ

お客様のインタビュー動画

街の屋根やさん
おすすめ屋根塗料