街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

荒川区|霧除けからの雨漏りを屋根カバー工法で改善!

台風後の点検忘れずに!

台風後の点検忘れずに!

荒川区 屋根カバー工事 屋根カバー工法 屋根カバー工法

【工事のきっかけ】
住宅で小さな庇を見かけることは少なくなりました。シャープな住宅が増加する中、今なお小雨時に重宝する霧除け(庇)からの雨漏りです。住宅に取り付けることで窓を開ける際の雨よけ、美観を整える霧除けですが、経年劣化によって住宅の劣化を招いてしまいます。補修方法とメンテナンスの重要性を紹介していきます。

ビフォーアフター

施工前

屋根カバー,施工前

施工後

霧除けカバー,施工後

基本情報

 

【点検の様子】

窓の上にあるこの小さな屋根、なんのためにあるかご存知でしょうか?近年の建売住宅に設置されているのはあまり見受けられませんが、霧除け庇、霧除け、庇と呼ばれるこの部分、意外と重要な役割を果たしています。

雨漏り,霧除け シーリング

このように屋根が取り付けられることで吹付ける雨以外の時には窓を開けることが出来ます。梅雨と秋雨シーズンに一度も窓を開けられず、除湿器をフル稼働にして…といったことが無く、少し外気を取り込むだけで湿気を逃がすことが出来ます。電気代の節約だけでなく、季節の変わり目を感じるために、昔は多くの住宅に取り付けられていたんですね。

近年の住宅に見かけないのは外観をシンプルにシャープにするためです。

そして今回、この霧除けから雨漏りをしている気がするという事で早速調査に入ります。このような霧除け等の設置は外壁との取り合いが非常に重要になってきます。外壁とは違う素材を使っているので仕方がないのですが、取り合いはとても脆く、クラックの発生やシーリングの劣化による隙間が生じやすいのです。点検を行うと、シーリングに劣化は見当たらず、むしろしっかりと繋ぎ目がカバーされているようです。

シーリング 霧除け,下地

↑こちらも側面にも劣化が見当たらないです。しかし触ってみると霧除けが簡単に浮き上がってしまいます。雨は上空から降りますので、上側を補修すれば問題ない!と考える方はいらっしゃいますが、雨は風によって横向きにもなります。特にこれほど簡単に浮いてしまうと、風によってめくれ、雨水が侵入してしまいます。実際に下地の木材は雨水が入り、腐食してしまっています。

霧除け,浮き 霧除け

内部は既にぐずぐずになり、固定の釘は何のために打っているのかわかりませんね。お陰様でテープで止めている事も理解できます。しかし、板金は一度曲がってしまうと頑固なもので、しっかりと補修し直さなければ隙間は開いたままになってしまいます。

経年劣化は板金自体にも発生しています。板金の表面塗膜が劣化することによって、錆が発生しいずれ板金に穴が開いてしまいます。穴が開かないにしても錆によって隙間の拡大にも繋がります。

雨漏り 瓦棒

室内の雨漏りの様子です。部分的に雨染みが残っていますので水が入っていることは確実です。早めに補修を行わないと霧除けと言えど、住宅にダメージを与え続けてしまいますので早急に対処していきましょう!

瓦棒屋根の上のエアコンからは錆が流出してしまっています。瓦棒になにも問題が無くてももらい錆で屋根材の腐食に繋がりますので、取り替えるか撤去した方が良いでしょう!

 

【施工の様子】

脚立 下地取替

この高さであれば脚立での作業が可能です。足場よりも不安定になりますが、しっかりと足元を確認しながら作業していきます。板金を少し剥がして、板金を少し剥がして劣化が酷い箇所の確認をします。

 

防水紙 シーリング

防水紙を庇の上にかぶせていき、雨漏りを防ぎます。新たに近い色の板金を被せてビス止め固定していきます。壁との取り合いには雨水が入り込まないようにシーリング防水施工を行います。

屋根材が雨漏りを防ぐ1次防水、防水紙は2次防水です。ガルバリウムの板金は錆びにくく軽量で、トタンと比べると約6倍の耐久性を持っています。しかし必ず錆びない、という事ではなく、亜鉛メッキ加工が剥がれれば錆びますし、経年と共にチョーキングを起こしてしまいます。

通常の鉄部よりも耐久性は高いのですが、20年後には塗装を検討することも重要です。

エアコン撤去 エアコン撤去

瓦棒上のエアコンは取り外し撤去しました。エアコン設置後に塗装を行ったのか、色が全く違う事になっています。このままでは塗装していない部分から錆び始めてしまいますので、部分的ですが塗装で表面保護を行いました。

以上で雨漏り修理は完了です。霧除け・庇は不必要と考える近年の住宅構造ですが、一度取り付ければ便利でコストパフォーマンスに優れています。取り付けたからにはメンテナンスが非常に重要です。家に取り付けたせいで住宅に雨漏りを招くことのないようにしっかりと補修を行っていきましょう!

 

街の屋根やさん東東京

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      屋根工事メニュー

      屋根の雨漏り対策

       街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      詳しくはこちら

       
       

      お客様からのQA一覧

      屋根の雨漏り対策

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      詳しくはこちら

       

      会社概要

      屋根の雨漏り対策

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      詳しくはこちら

      無料相談受付中

        「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
        点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
        些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742
      ページのトップへ