街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

茂原市|軒天増し張り施工で住宅全体が明るい印象に!

台風後の点検忘れずに!

台風後の点検忘れずに!

茂原市 その他の工事 軒天増し張り工事

【工事のきっかけ】
茂原市のT様より軒天の剥がれの補修依頼を承りました。軒天の役割は多くが外観の維持です。内部の構造を隠し、住宅をシャープに魅せるといった目的を持ちます。軒天が剥がれてしまう事によって、外観を損ない、穴が空けば動物の侵入、鳥の巣として活用されてしまうといった問題にも発展してしまいます。 剥がれに気づいた時点で適切な施工をすることで、長期的に綺麗が維持することができます。軒天の補修方法を見ていきましょう。

ビフォーアフター

施工前

軒天剥がれ

施工後

軒天増し張り

基本情報

  • 施工内容その他の工事 軒天増し張り工事
 

【点検の様子】

軒天,剥がれ 軒天

茂原市のT様邸です。軒天は常日頃見ているわけではありませんので、実際に剥がれたり穴が開いてしまう事で初めて、軒天の劣化に気づくというのも少なくありません。軒天の役割というと、住宅内部の構造材を隠して住宅を綺麗に魅せるため、火事の際に不燃材を使用することで延焼を防ぐため、外壁に雨水が当たる事を防ぐため、と大きな役割を持ってはいますが、通常生活の中ではそれほど意識しない事ばかりですよね。

軒天,剥がれ,点検 軒天補修

外観をよく見せる為の軒天ですが、経年により、軒天材に剥がれが見られるようになります。これは使用材料がベニヤ板やプリント合板の薄い材料が使われることが多かった為です。現在ではケイカル板やGL鋼板を使用するような住宅も増えつつありますが、今でもベニヤの住宅は多くあります。剥がれてしまうと、見栄えを悪くするほか、動物の巣と化してしまいますので、穴が開いた時点で早急に対応しましょう。

 

【施工の様子】

足場仮設 足場仮設点検

軒天の補修方法は張替か増し張りです。雨漏りを起こしたなどで腐食が酷い場合等は張り替えが必要になりますが、大きな損傷がない場合は増し張り施工で綺麗に直すことが出来ます。

軒天補修工事の際には、高い確率で足場の仮設が必要です。軒天材はそれほど費用も掛からず、増し張り施工も費用は抑えられますが、足場はそうはいきません。住宅1周分となると15万円程度はかかってしまいますので、住宅外装のメンテナンスをまとめることをお勧めします。

ハイラック 雨戸補修

まずは腐食した戸袋を補修しましょう。木の戸袋の場合はケイカル板での補修も可能です。木材は特に表面の塗膜劣化によって腐食しやすいですので、塗装メンテナンスもしくは補修工事を定期的に行いましょう。張替後ですが、塗装をして表面保護をしていきます。

ケイカル板 ケイカル板加工

軒天の幅に合わせケイカル板を加工していきます。軒天はおよそ30㎝幅程度が多いのですが、住宅によってまちまちです。軒天幅が全くない住宅も近年多く見かけます。スタイリッシュな住宅に見せる事が出来ますが、外壁に雨水が当たる量が多くなってしまいます。軒天幅が広い住宅もありますが、雨水は大きくカバーできますが、補修にかかる費用は高くなりがちです。新築の段階でどのように住宅を見せたいか、メンテナンスの事も考えると軒天幅も決まりそうですね。

軒天補修前 ケイカル板増し張り

補修前の軒天です。経年劣化によって表面が剥がれてしまっています。軒天が剥がれた際に気を付けてみたい箇所は1点、雨染みです。通常直接雨水が当たるような場所ではありませんので雨染みは出来ない筈です。軒天に雨染みがある場合は、屋根から雨漏りを起こしているという選択肢が挙げられます。屋根が雨漏りを起こしている場合、軒先に雨水が流れ、軒天に染みを作ることが多いからです。染みの有無を確認し、染みがある場合は軒天の補修よりも屋根の点検が先になりますので、注意しましょう!

 

今回は雨漏りの形跡もなかった為、増し張り施工を行いました。ベニヤ板の上からケイカル板での増し張りです。換気口が無い場合は、ベニヤに大きめの穴を開け、そこに有孔板を取り付けます。そうすることで小屋裏に空気を送ることが出来、室内の温度上昇・湿気解消をすることが出来ます。自然換気の為、費用もかからない為、軒先換気の取付はお勧め致します。更に、棟や妻側等の外壁に換気口を取り付けると、出口と入り口の確保が出来ますので、更に効果が期待できます。

小屋裏の木材の乾燥や腐食を抑えることで住宅は長期に渡って維持できます。ご検討は如何でしょうか?

ケイカル板増し張り補修 ケイカル板

軒天の増し張り施工は完了いたしました。ケイカル板は鋼板等と比べて費用も抑えられ、ベニヤと比較すると耐久性に優れています。軒天の剥がれ・雨染みにお悩みの方はぜひお気軽に街の屋根やさんへご相談ください。無料点検の上、今現在のお客様の住宅に最適な施工内容をご提案させて頂きます!

街の屋根やさん本社

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒299-0261
        千葉県袖ヶ浦市福王台2-21-10 セントラルビル1F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      屋根工事メニュー

      屋根の雨漏り対策

       街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      詳しくはこちら

       
       

      お客様からのQA一覧

      屋根の雨漏り対策

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      詳しくはこちら

       

      会社概要

      屋根の雨漏り対策

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      詳しくはこちら

      無料相談受付中

        「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
        点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
        些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742
      ページのトップへ