街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

横浜市青葉区|飛散した棟板金を取替塗装メンテナンスで改修!

横浜市青葉区 棟板金交換 部分塗装

【工事のきっかけ】
横浜市青葉区で棟板金が強風によって飛散してしまったとお問い合わせがございました。風災によって棟板金が破損した場合は火災保険等の補償対象になりますが、対象範囲は破損した部分のみです。 火災保険の仕組みとどのような補修をするかによって自己負担の発生があるのか見ていきましょう。

ビフォーアフター

施工前

棟板金飛散

施工後

棟板金取替工事,完了

基本情報

 

棟板金 棟板金継ぎ目

まずは破損状況です。火災保険を申請する場合には保険証券も必要ですが、今現在の破損個所の様子も必要です。本当に破損しているのがお客様自身の住宅なのか、どの範囲に被害が及んでいるのか、本当に風災によっての破損なのか、確認を取ることが必要となります。そのうえで、どのくらいの補修費用を必要としているのかを施工業者が作成する必要があります。

棟板金 釘浮き

ちなみに火災保険は破損個所の修繕費と言いましたが、修繕にかかる費用が対象となります。たとえば、補修に足場が必要な場合は足場の費用も対象になります。原状回復が基本的である為、貫板は木材のままといった補修方法は決められません。樹脂製の貫板を使用する場合は差額はお客様の自己負担となります。例外としては、すでに材料自体の廃盤です。原状回復が不可能なことから全て新たな材料を使って補修となる場合があります。

基本的に原状回復という事は一切変わりませんので頭に入れておきましょう。

棟板金,撤去 棟板金

棟板金の補修工事に入ります。まずは既存棟板金の撤去を行います。飛散していない箇所はそのままで問題はありませんが、曲がってしまったところは交換した方が隙間から入り込む恐れはないかと思います。

貫板交換 貫板交換

続いて貫板の取替です。棟板金は下地貫板に釘を打ち付け固定しています。木材の腐食が進行することで、棟板金の釘浮きが目立ち飛散に繋がります。築何年が怪しいということではありませんが、築年数が経過するほどに腐食が目立ち始めますので定期的に点検と必要に応じての交換補修を行っていきましょう。

棟板金取付 釘打ち

棟板金の取付を行います。取付後ビスや釘で固定していきます。軒先から取付上に上に、と重ねるように取り付けます。

シーリング 棟板金

継ぎ目にはシーリングを施工し、雨水の侵入を防ぎます。その後、既存と新規の棟板金で色の違いが生じてしまいますので見栄えが良くありません。この際に屋根塗装を行う方もいらっしゃいますが、当然塗装は自己負担になります。しかし、もし棟板金補修の際に足場の仮設を行っている場合は、同時に塗装メンテナンスを行った方がトータルコストを抑えられます。

今回は棟板金の錆び腐食防止の為にケレン後、塗装施工を行いました。

各種屋根工事メニュー

 私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

屋根工事メニュー

屋根の雨漏り対策

 街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

詳しくはこちら

 
 

お客様からのQA一覧

屋根の雨漏り対策

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

詳しくはこちら

 

会社概要

屋根の雨漏り対策

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

詳しくはこちら

無料相談受付中

  「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
  点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
  些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

ページのトップへ