ブログ

施工事例

お客様の声

動画で確認!屋根工事

街の屋根やさんおすすめ屋根材

ご連絡先はこちら

街の屋根やさん横浜

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F

会社概要はこちら

ボタン

横浜市都筑区|台風で折れてしまった雨樋を火災保険を利用し改善!

2018年6月18日、大阪北部の地震で被害を受けた方、受けたかもしれない方、無料で点検いたします

2018年6月18日、大阪北部の地震で被害を受けた方、受けたかもしれない方、無料で点検いたします

2018年6月18日朝、大阪府北部を震源とした震度6弱の地震が発生しました。気象庁は引き続き大規模な地震が起きる恐れがあるとも注意しております。また梅雨時ということもあり天候も安定しない中、不安なお気持ちでお過ごしの方も多いことと思います。屋根、外壁などの被害について応急処置・補修・点検と懸命にできる限り、対応致しますので被害に遭われた方、「もしかして」と不安な方はご連絡ください。

横浜市都筑区 雨樋交換

【工事のきっかけ】
横浜市都筑区でも先日の台風18号の爪痕が残りました。 2階部分の軒樋の集水器部分が壊れてしまい、軒樋に流れた雨水が地上にまっすぐ落ちてしまっている状態です。 雨樋交換は火災保険を利用し補修が可能です。ですが、火災保険にご加入されていない場合、どのような補修費用が掛かるのか、紹介していきたいと思います。

ビフォーアフター

施工前

雨樋交換工事

施工後

雨樋交換工事,完了

基本情報

 

【点検の様子】

住宅の多くに設置されている雨樋ですが、屋根に流れた雨水を集めて適切な所に流すための部材です。

普段お住いにあって当たり前、という印象が強い雨樋ですが、東北地方の一部では雨樋が設置されていない住宅もあるようです。

それは降雪によって壊れてしまう事を予測して、予め取り付ける必要のない住宅構造になっている為ですね。

日本のほとんどの住宅には雨樋が付いていると思いますので、補修方法と破損してしまう原因を理解しておくと良いかもしれません。

雨樋破損 呼び樋破損

破損してしまったのは2階建て住宅の2階部分、更に集水器と呼ばれる、軒樋と竪樋の繋ぎ部分です。

台風の衝撃に耐えきれず、軒樋・集水器・エルボ・呼び樋部分が破損してしまいました。

このたった少しの部分の破損にも限らず、雨樋の部材がこんなにも使われている事はご存知でしたか?

雨樋が破損してしまう事によって、軒樋から流れてくる雨水が竪樋にたどり着かず、真下に落下してしまいます。

実際に経験された方は分かると思いますが、2階からまとまった雨水が落下した時の音は騒音以外の何物でもありません。

カーポートがあれば破損させる勢いで雨水が当たってしまい、地面は雨水で削られ水たまりを作ります。

コンクリートやアスファルトの場合は後々乾くだけですが、地面は徐々に削られ地盤を崩す恐れもあります。

建物の足元を守る為にも、雨樋が適切に機能することが非常に重要になるのです。

軒樋正常 ナショナル雨樋

雨樋が破損した場合、周りにもたわみや歪みを引き起こす可能性がありますが、軒樋は正常な傾斜で機能していました。

お住いに使用されている雨樋のメーカー・品番を確認し、交換に必要な部材をそろえていきます。

風災によって破損してしまいましたので、火災保険を利用し補修する事が可能です。まずは住宅の火災保険・共済の加入条件・免責金額の設定等をご確認ください。

【雨樋工事に足場は必要?】

今回のように少範囲の破損ですが、それでも足場は必要なんですか?とご質問を頂く事が多いです。

たった数万円の雨樋補修に、十数万をかけて足場を掛けるのか?大変気になりますよね。

雨樋は屋根の軒に取り付けられていることから、まず手を伸ばして作業が出来る場所ではありません。更に2階となると作業上危険が伴います。

その為、住宅の形状で作業がしやすいお住い以外は、足場仮設が必要な現場がほとんどです。

火災保険を利用される方は、補修に必要な工事費用の補償で、足場仮設費用も火災保険・共済の対象内ですのでご安心ください。

【雨樋交換工事】

足場仮設 受金具設置

雨樋交換工事を行います。まずは補修箇所部分の雨樋仮設工事を行います。足場は1面のみの設置では安定性に欠けてしまいます。

その為、最低2面、理想は3面での仮設を行います。安全に作業が出来るように組み立て、雨樋の補修工事に入ります。

まず、破損個所の吊金具は曲がり、再利用が出来なかったので交換し軒樋を設置します。

集水器,エルボ 呼び樋設置

軒樋から集水器を通り竪樋に流れていきますので、雨樋には集水器に向かって傾斜が付いているのです。

雨水がしっかりと流れるのか確認し、呼び樋とエルボで竪樋に取り付けます。

雨樋はさまざまな素材で出回っていますが、それぞれメリット・デメリットが存在します。

最も使用されている塩化ビニル製は、安価な為メンテナンスコストも抑えることが出来ますが、紫外線や雨風で風化し割れやすくなるという特徴もございます。

素材ごとの寿命を把握し、他のメンテナンスにあわせて補修しておくと無駄なく快適に過ごすことができます。

また思いもしない補修が必要な時に、足場費用も掛かることをしっかりと頭に入れておきましょう!

判断が難しい場合はお気軽に街の屋根やさんへご相談ください。点検・お見積りは無料にて承っております。

街の屋根やさん横浜

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

      街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

      お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

      瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

      街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      信頼の施工実績一覧

      弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

      街の屋根やさんへようこそ!会社概要

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742

      地域から選ぶ

      街の屋根やさん
      おすすめ屋根塗料