街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!
点検・調査・お見積りなど無料で承ります! 点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

横浜市戸塚区|隙間から水が…雨樋交換工事で樋トラブルを解消

横浜市戸塚区 雨樋交換

【工事のきっかけ】
雨樋に隙間が出来てしまい雨水が集水器からではなく途中からあふれ流れてしまうとお問い合わせを頂きました。なんで隙間が出来るのか、理由は様々です。建物の揺れや風によって動き、熱や紫外線によって収縮を起こします。その繰り返しによって雨樋はズレ、少しずつ隙間が出来始めてしまいます。隙間が出来た部分のみの交換工事は可能です。改善方法を紹介していきます。

ビフォーアフター

施工前

雨樋,隙間

施工後

雨樋交換工事,完了

基本情報

 

スレート,雨樋 集水器,補修

雨樋の調査に入ります。お客様自身が気づいている場所から調査をしていくと、集水器周辺に隙間や補修跡が見られました。雨樋は割れ等の破損は見られませんでしたが、隙間が出来ただけで異常事態に気付くものです。何故気付くのか?通常集水器を通り、地面にまで樋の中を通るはずの雨が、どこからかまとめてぼたぼたと落下するとかなりの騒音になります。今回、集水器と軒樋の接合部に隙間ができたことで騒音の発生になってしまいました。

雨樋は強風等の強い衝撃によって割れる事もありますが、雨樋の揺れで徐々に接合部が離れてしまいます。竪樋であれば重力で少しずつ下がってしまい集水器との間に隙間ができます。下がってしまうから、外れてしまうからと接着剤で全てをくっ付けてしまうと、収縮による動きに対応できず、割れ破損に繋がります。特に複雑な形状の住宅の場合、雨樋の設置方法にも多数の接続部材が使用されていることがあります。接続部品が多いという事は隙間が出来る部分が多くなりますのでその分、隙間発生のリスクは高まります。

雨樋,歪み

奥を見ると雨樋に多少の歪みがありますよね?雨樋に負荷が掛かった証拠になります。雨樋のどこかが引っ張られれば、柔軟性が足りない劣化した雨どいは割れるか、隙間を作ってしまいます。雨樋は経年劣化しにくいものですが、経年により表面が硬化すると、剥がれたり割れやすくなるといった性質を持ちます。一度割れたり撓んでしまえば修復は不可能ですので、常日頃異変を感じたらすぐに点検を行ってください。

今回は隙間を作っていた軒樋1面分と集水器の取替工事を行います。雨樋は2階になりますので足場仮設が必須となります。雨樋自体の補修費用がそれ程掛からなくても足場で10万前後というのはざらにあります。この足場の仮設時に同時に補修できる箇所はチェックしておきましょう。

撤去 撤去雨樋

足場を部分的に架設し、既存の雨樋と金具を外していきます。既存の金具穴は既に広がっている可能性もありますので、同じ場所での施工が可能かの確認も必要です。もし腐食や拡大が見られる場合は、パテ処理をして違う場所に新たな穴を開けていきます。

水糸 受け金具

雨樋は雨水をスムーズに流し滞留させないように1/100のわずかな勾配が付いています。近年の住宅では勾配を付けずに設置する事もあるようです。落ち葉やゴミの詰まりを起こさせないようにする為らしいのですが、その分雨水の流れは遅く、滞留時間が長くなると思います。

1/100に合わせ水糸を張り受け金具の設置を行います。スレートから更に板金が出ていますので、雨水が飛び出さないようにしっかりと軒から離し雨樋の取付を行います。

新規,雨樋 集水器,接続

後は軒樋の設置をしていくのみです。最近外壁塗装工事を行い、雨樋も塗装したらしいのです。なるべく塗装手間を作らないように近似色で設置工事を行います。

取付 新規,雨樋

交換を行っても大きさは変わりませんので、塗装工事の見塗装部分を見えることはありません。こげ茶で仕上がりが近づきましたので、大きな色のギャップは感じられません。このような雨樋の経年劣化による交換工事には火災保険・火災共済は利用できません。全て自己負担になります事ご承知おきください。

 

【工事完了後】

雨樋,集水器

集水器は軒樋と竪樋の接続に大変大事な部材です。すべての水を集めて竪樋に流していきます。軒の出に合わせ曲がりが必要ですので、しっかりと接続させたことを確認し、工事完了となります。 雨樋の破損・飛散はもちろん、どこからか雨水が流れ出てきている、屋根に近すぎて雨水が飛び出してしまうetc...何か雨樋にお悩みの点がございましたら街の屋根やさんまでお問い合わせください!→0120-989-742

街の屋根やさん横浜

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      屋根工事メニュー

      屋根の雨漏り対策

       街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      詳しくはこちら

       
       

      お客様からのQA一覧

      屋根の雨漏り対策

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      詳しくはこちら

       

      会社概要

      屋根の雨漏り対策

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      詳しくはこちら

      無料相談受付中

        「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
        点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
        些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742
      ページのトップへ