街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

横浜市戸塚区で重い瓦屋根から軽い金属屋根へ葺き替え
エコグラーニ、パーフェクトトップ

横浜市戸塚区 破風板・軒天部分補修 屋根葺き替え 外壁塗装

【工事のきっかけ】
お問い合わせのきっかけは軒天の剥がれでした。屋根からの雨漏りで下地に傷みが出ていて、全体的に防水紙の劣化があるのでほかの部分も雨漏りする可能性が有りましたので、葺き替え工事を行う事になりました。せっかく葺き替え工事をするのであれば、軽い屋根材に変えて建物の負担を軽くする事をお薦めし、ジンカリウム鋼板の『エコグラーニ』を使用しました。洋風なイメージにもマッチして外壁の塗装工事と一緒に全体の雰囲気が統一されました。

ビフォーアフター

施工前

戸塚区、施工前

施工後

戸塚区、施工後

基本情報

  • 平米数110㎡
  • 使用材料エコグラーニ、パーフェクトトップ
 

【現場調査】

戸塚区、屋根の沈み 戸塚区、棟の歪み

屋根のあちこちに沈みが出ています。野地板に傷みがあるので、屋根の上を歩いていて、ふかふかとした感触があります。棟瓦もずれているのがわかりますでしょうか。

戸塚区、棟の漆喰 戸塚区、漆喰の剥がれ

漆喰が剥がれています。全体的に見て漆喰が剥がれて泥が流れ出しているところが結構あります。棟のずれはこの漆喰の剥がれが原因です。泥が流れて棟瓦の下地が無くなった事で崩れ始めています。

戸塚区、防水紙の状態 戸塚区、防水紙の劣化

瓦を上げて防水紙の状態を確認しました。下には、瓦を葺いた時の梱包材にだったダンボールなどが詰められていました。防水紙はアチコチで劣化して切れていて雨染みが出来ているところが有り、放っておける状態ではないのが分かりました。

戸塚区、剥がれた軒天 戸塚区、腐った軒天下地

お問い合わせのキッカケだった、軒天が剥がれた部分です。軒裏を覗いてみると、下地の材木が腐っていました。原因は何でしょう。

戸塚区、野地板と垂木 戸塚区、野地板

軒裏から本来見えない屋根の瓦が見えます。野地板が腐って無くなっていました。垂木も無いので屋根が沈んできていました。

戸塚区、雨漏りの原因 戸塚区、腐った瓦桟

先ほどの箇所の屋根です。壁際の取り合い部から雨水が入ってきていて、ステンレスでカバーしてありましたが根本の解決策ではないので、効果は殆ど無かったようです。雨水によって瓦桟が腐って折れています。野地板も崩れ落ちていました。

【施工中】

戸塚区、剥がす前 戸塚区、瓦の撤去

屋根の葺き替え工事の場合、まず始めるのが屋根材の撤去からです。瓦を剥がし始めます。棟瓦には泥と漆喰が詰めてあるので、剥がすと乾燥した泥がこぼれ落ちていきます。

戸塚区、瓦の下に梱包のゴミが 戸塚区、瓦を剥がす

瓦を剥がすと、下から段ボールや梱包用のテープが出てきました。屋根全体にあって、最初に瓦を葺いた際に梱包材を下に隠して瓦を葺いていた様です。お客様の大切な建物を何だと思っているのでしょうか。

戸塚区、剥がした瓦を降ろします 戸塚区、降ろした瓦

剥がした瓦を集めてウィンチで降ろしていきます。トラックに積み込むまで駐車場に仮置きです。まだこの量で4割位なんですよ。この様に見てみると、やっぱり瓦屋根は重いんだなぁと実感しました。

戸塚区、古い防水紙撤去 戸塚区、野地板

瓦を撤去した後は、瓦桟を一本一本釘を抜いて外していきます。防水紙の上に乗ったドロやホコリを巻き込んで巻き込みながら防水紙と一緒に剥がしていきます。ホコリになり難くて職人さんの知恵ですね。

戸塚区、増築の跡 戸塚区、野地板貼り

ほとんどの部分で野地板に杉板が使用されていましたが、一部合板が貼ってあるところがあります。以前に増築した部分の様です。綺麗に防水紙をはがしたら、新しい野地板の合板を貼りかぶせて屋根の強度を増していきます。もちろん下地の意味もあります。

戸塚区、野地板半面完成 戸塚区、野地板貼り完成

半面終わって残りに取り掛かります。傷んで割れてしまった部分もありました。野地板貼り完成です。この後は防水紙の敷き込みに掛かります。

戸塚区、下屋防水紙 戸塚区、防水紙

野地板の後は防水紙を敷きます。屋根の上にエコグラーニを並べていって早速屋根葺き開始です。

戸塚区、専用のカッター 戸塚区、カットします

戸塚区、専用ビス 戸塚区、専用ビスで固定

長さをカットする時は、専用のカッターをしようしていきます。パッキン付きのビスで重なり部分を固定して軒先からどんどん葺いていきます。

戸塚区、エコグラーニ葺き 戸塚区、エコグラーニ葺き途中

半面葺き上がりました。残りの半分を同じ様に葺いていきます。

戸塚区、同質のケラバ 戸塚区、大屋根完成

屋根の側面部分にあたるケラバも同じ材質のものを使用して、屋根全体をエコグラーニで埋め尽くします。大屋根は完成です。

戸塚区、下屋も葺き始めます 150729-180441

続いて、1階の屋根『下屋』に移ります。大屋根と同様に軒先から葺いてくるのですが、大屋根と違うのは、壁がある事です。壁際の納まりもとっても重要になってきます。

戸塚区、壁際の納まり 戸塚区、雨押えの納まり

屋根面だけではなく、壁との間から侵入する雨水を防ぐためにもともと取り付いていた水切りを利用して納めていきます。ちょっと複雑な納まりに見えるかもしれませんが、考え方は簡単です。高い所から低い所へ流れる雨水の流れを、塞き止めたり逆流しないようにすれば良いだけです。

戸塚区、下屋の納まり 戸塚区、下屋の仕上がり

棟と壁際の雨押えを納めて屋根の完成です。屋根が仕上がったあとは次に外壁の塗装工事にかかります。

戸塚区、高圧洗浄 戸塚区、高圧洗浄

塗装工事の一番最初は、汚れや傷んだ塗膜を落す高圧洗浄です。ノズルの先から高圧で噴出した水によって、10年以上に渡ってこびり着いた汚れがどんどん落ちていきます。

戸塚区、取り合い部コーキング 戸塚区、下塗り

高圧洗浄のあとは軒天と外壁との取り合い部分にコーキングを打って隙間を埋めます。汚れが落ちた外壁には、塗装がしっかりと付くように下塗り材を塗装していきます。下塗りをちゃんと塗らないと、いくら綺麗に仕上ても1年と経たずに塗膜が剥がれてしまいますので、しっかり塗装していきます。

戸塚区、中塗り 戸塚区、中塗り

下塗りのあと、仕上げの塗料を2回塗ります。まずは1回目の中塗りです。下塗りでシーラーを塗布してあるので、しっかり仕上げの塗料が食いついてくれます。

戸塚区、ペーパー掛け 戸塚区、雨戸上塗り

中塗りの乾燥の間に、雨戸の塗装を行います。表面の毛羽立ちを落としてから、ペーパーでこすって細かな傷をつけます。金属なのでわざと表面をザラザラにして塗装がしっかりと塗れる様な下地作りをします。

戸塚区、雨戸塗装 戸塚区、雨戸仕上がり

雨戸の塗装は通常吹付けでおこなうのですが、今回の雨戸は換気ルーバー状になっているので、細かな部分まで塗るために刷毛で塗装をしました。ムラなく仕上がっています。

戸塚区、化粧柱 戸塚区、柱仕上げ

玄関の化粧柱も塗装します。屋根と外壁が綺麗になるのに化粧柱を塗らない訳にはいきません。ペーパーをあてて毛羽立った表面を平らにしてから2回塗りで仕上げます。

戸塚区、玄関ドア 戸塚区、玄関ドア仕上げ

玄関ドアはクリアーが掛けてありましたが、ガサガサになっていてツヤも落ちていましたので、ケレンしてから半ツヤ仕上げにしていきます。

戸塚区、門扉下塗り 戸塚区、門扉仕上げ

門扉も一緒に塗装です。全体的に茶系の色合いで統一するためにも、門扉を塗装しました。エントランスからの統一感が出て非常に満足して頂けました。

各種屋根工事メニュー

 私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

屋根工事メニュー

屋根の雨漏り対策

 街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

詳しくはこちら

 
 

お客様からのQA一覧

屋根の雨漏り対策

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

詳しくはこちら

 

会社概要

屋根の雨漏り対策

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

詳しくはこちら

無料相談受付中

  「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
  点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
  些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

ページのトップへ